ふー、久しぶりに自転車に乗る週末。
マイホーム作りを言い訳に自転車要素を排除した週末を送ってきましたが
陽気が我々をそわそわさせて、『そろそろ乗っとくっぺ』と半ば強迫観念にも似た衝動。
いつぶりだろう、金剛山方面へ、yoshiと連れ立って。
西高野街道を南へと。
観心寺には向かわず、三日市からアプローチ。
yoshiの好きなコースなのでね。
P1000789_convert_20170417214443.jpg
満開を過ぎ散り始めた桜がアスファルトを埋め尽くす。
毎年毎年見ているはずなず、年年歳歳花相似たり。
それでもやはり新鮮に感じてしまう、歳歳年年人同じからず。
ただ住宅ローンを背負った不惑になると、桜より隣でひっそり咲く白木蓮なんかにシンパシーを感じてしまったり。
パッと咲いて散るよりも、艶やかな白が変化して、
茶色く萎れて枯れてもなお必死に落ちない必死さに人生を重ねてしまう訳ですよ。
yoshiに言わせると『パッと散ってまた新たな芽吹きがある方が良いやん』となる訳ですが。
多種多様な意見を尊重するのが、八方丸く収める極意です。

お互いの人生観を密やかに戦わせながら久方ぶりに登る金剛トンネルコース。
20170417211800686.jpg
THE 春の里山的な一枚。

少し曇って来たので、小深からロープウェイコースへ変更して、様子を見ながら最後まで。
茶屋の自販機にはまだHOTが残っている。
20170417211653534.jpg
yoshiのおニューなシューズ。本日おろしたてでございます。
ダイヤルがワイヤーではなくヒモという中々斬新な作り。

下りはジレを着ないとやや肌寒い。
いや、肌寒いという優しげなものではなく、普通に寒いわ。
ちょっとサボると、いつものクセでカーボンクリンチャーでもガンガンブレーキかけちゃってダメですね。
体の芯がブレる感覚、あまりよろしくない。
ペダリング理論には流行り廃りがあるので、正直どうでも良いかなと思っている方なのですが
体幹の感覚はやはり大切にしたいなとは思っている。

平尾峠を越えて行こうかという辺りで不運にも雨に遭遇。
おニューのシューズを汚されて、yoshiの機嫌は悪くなる一方。
金剛山で引き返す選択をしなかったことを悔やんでも仕方ないやね。
雨は止んでも、yoshiの悪態は止まず。
そんな時は雷鳴と同じく、首をすくめてやり過ごすのが良いと経験則。
くわばらくわばら。
関連記事


コメント

  1. ちゃま | 3ouMwDhc

    昨日、今年初で金剛系を登っておきました。
    お言葉を借りるなら。。。
    陽気が私をそわそわさせて『そろそろ登っとくっぺ』と半ば強迫観念にも似た衝動。
    いや・・・スイマセン。
    行きたいお店が峠の向こうにあったと言うのが正解か。
    ご一緒していただける日に備え、ちょっとずつ慣らしておきます。

    ( 17:04 [Edit] )

  2. すず虫  | TOmz3iPU

    Re: ちゃまくん

    何度も通った道なのに、少し間が開くとすんごいアウェイ感漂いますよね。
    それが分かってるから、そわそわしてしまうのです。
    yoshiの慣らし運転が上手く行けば、私のほうも大丈夫だと思います。
    うどん屋に行きましょうね。

    ( 20:47 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks