おっと、更新が滞って広告が出現してしましました。。。
なんせPC部屋が暑いもんで、と言い訳しておこう。

で、年に1回あるかないかという貴重な平日休を利用して、淡路島に行くことに。
曽爾高原か青山高原か、という少しでも涼しそうなところも候補に上がっていたのですが
アワイチを5時間で走る女yoshiが「しばらく淡路島行ってないなぁ。。。」というので淡路島に決定。

そろそろ車載も慣れて、少し手早く積めるようになりました。
明石海峡大橋を渡る頃には、天気も上々で、やや風はあるもののやはり暑い。
淡路警察署あたりを8時に出発。
20160905195445606.jpg
台風の影響か、波はやや高め。
yoshiは痛恨のガーミンを積み忘れ、私のサイコンも同期が上手く行かず、序盤は速度も距離も分からず。
二人共、それほど平坦路を走りこんでいないので、そんな早いペースではなかったはず。
特にyoshiは5時間で回っていた頃の自分と、今の自分とのギャップに悶々としていたご様子。

それでも洲本、水仙郷と東海岸は順調にこなす。
yoshiがまだ腹が減ってないとのことだったので洲本の平野パンはスルー。
ジェラートのピッコロットは週末営業なので仕方あるまい。
平日の水仙郷は滅多に車も通らず、とても静か。
こういうのはとてもよろし。
20160905195625064.jpg
お約束のなぞパラ。
もちろんここからもしばらく登り。
忘れていたわけじゃないけど、なんだか探り探りになってしまう。
南岸に出ると、ガタガタ道と水平線を観ながら、こちらもお約束のモンキーセンターで休憩。
20160905195649122.jpg
yoshiはどうやら調子が悪い。朝からおかしかった腹具合も本格的に下降気味。
それにつられて脚もなんだかなぁ~って感じ。
この辺りの灘や土生港は磯の香りがひときわ強い。
それに混じって漁村に多い生臭さも感じられる。
福井の日本海を眺めて育ったyoshiには懐かしくても、都会育ちの私には郷愁の感はない。
20160905195735256.jpg
それでも美しいと、素直に思えるこの景色。

福良で昼食を。
鼓亭は木曜日お休み。
なので、偶然目についた喫茶店3・6(みろく)でカツめしランチを食べる。
私は特に感じなかったけれど、yoshiにはカツめしのタレが甘くて苦手だったみたい。
それなら全部寄こしてくれれば良かったのに。
店の人には水のおかわりだけでなく、ボトルに氷まで入れて頂き、本当に良くしていただきました。
ではでは、本日のメインイベントG.エルム でジェラートをば。。。
。。。
。。。
。。。
木曜不定休ってどういうこと!
気まぐれか、気まぐれ定休日か。
この時点で私のアワイチは終わりました。
あとの西海岸なんかただの帰り道に過ぎません。

yoshiの腹具合と私のだだ下がりを鑑み、うずしお、南あわじをショートカットして湊まで出るルートを採用。
五色あたりのコンビニを休憩をとると、yoshiが本格的にダウン。
トイレと外のベンチを行ったり来たり。
先を急ぐ訳でもないし、なにより私のアワイチは福良で終わっているので、小一時間この子と遊ぶ。
20160905195825179.jpg
シャーァァ!言われたわ。
どうにかこうにか回復して再スタート。
それでもそうすぐにyoshiの脚が回るわけないと甘く見ていると、
さすが『サンセットラインの女』の異名は伊達じゃない、
「いのちだいじに」から「ガンガン行こうぜ」にいつの間に作戦を変えられていた。
思いがけないyoshiの引きにバテバテの北淡路、いつもこの辺りで私は電池が切れるなぁ。
そんなyoshiも松帆ぐらいで電池切れ、千切れていきはりました。
なんだか締りのない形でゴール。
お約束の松帆の湯は定休日で、アフターライドもなんだか締まらない。
やっぱりアワイチは週末の方が良いのではないでしょうかね。
そして個人的は車載なら五色あたりから出発して、洲本で昼、福良でおやつぐらいがいいんではないかと。
それとなくyoshiに打診してみたら
「しばらくは淡路島はいいわ」と来たもんだ。
ま、次の機会にとっておきましょう。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks