元国体選手のmashuが新車(グラファイトデザイン)を買ったというので
お披露目を兼ねて、6時半に集合。
その話を聞きつけて、mashuの高校の後輩のkazuyanも参加することに。
国体選手二人と女平坦番長yoshiを後ろに従えて
朝の早よから、アテンド業務に励む。
はーい、ここ右折しますよー。

行程は短めで、という全体の総意を汲んで
色々ご提案させていただいた結果、
緩めに水越峠を目指す。
和歌山県民のmashuとkazuyanには馴染みが薄いみたい。

ファミマで作戦会議後、さあ行きませう。

森屋からしばらくしてyoshiとmashuは自分のペースで行くと決めた様子。
そうなると、kazuyanの前をしばらく牽くことになる。
このkazuyan、勝負馴れしているというか
色々立ち回り方が上手いので、10歳ぐらい下なのに
勉強になることが多いです。
案の定、こちらがタレたところで
スッと前に出てそのまま消えていった。
後で聞いたのだけれど、後ろに付いていた時に
久しぶりに自転車に乗ったのと
いきなりの登りで、気持ち悪くなって走りながら
朝飯のアンパンを吐いていたのだそうだ。
全くそんなことにも気づかなかったし
そこからもう一回上げれるのはやっぱり地足の差なのか。

旧道分岐で後続を待つという休憩。
mashuのグラファイトデザインは型遅れなものの
カーボンなのに細見でクロモリっぽい雰囲気。
コンポも敢えての10速DURA。
良い意味でmashuっぽい。
気持ち悪いので引き返そうとするmashuを
なだめすかして、県境まで連れて行く。

四者四様。
県境の水は山の水。
火照った身体をクールダウンするにはうってつけ。
水浴びして下ると寒いぐらい。
下りはmashuが得意分野なので
登りで溜まったフラストレーションを発散するように
かっ飛ばしてすぐ見えなくなった。
やり過ぎて迷子になったのはご愛嬌。
まあ、新車はテンション上がるよねー。
暑さが落ち着いたらロングもね。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks