雨上がりの朝、ひとりトボトボ金剛トンネルへ。
引っ越してからなかなか行けてないなあ。

路面は黒く、陽射しは鈍色の雲に遮られているものの
寒さはややマイルドな朝旦。

それでも登るにつれ、吐く息は白く、
それに合わせたように
山の斜面も息を吐くように靄がかって
人と山のシンクロ。

路面抵抗も減って、出たか自己ベスト!?
と思ったけれど、示された数字は非情だった。
はい、太りましたので、ゲフンゲフン。

同居人への心付けは、こちらで購入。

sunship、店主は丁寧だけど何だかオモシロイ。
喋るリズムやイントネーションが少しズレているような。

ハード系を買い込んで帰宅。
価格は強気なものの、この辺りではハード系は抜群だと、思う。
そろそろたま木亭に行かねばの。
関連記事


コメント

    コメントの投稿

    (コメントの編集・削除時に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    トラックバック

    Trackback URL
    Trackbacks