本日は先週の天気予報のせいで流れた海南高原へ行って参りました。
となるとまあ200kmコースな訳で。

6時には出発。
日も明けていないのでさむー。
予報じゃ晴天とのことなので結構薄着。
インナーだけクラフトの半袖冬用、夏用ジャージ上下に
ジレを羽織って、ディフィートのレッグ、アームウォーマー。
このディフィートのウォーマー類がすこぶる良い。
あんまり自転車関係でオススメモノ紹介しないけれど
ディフィートは自信を持ってオススメします。
冬の自転車ウェアは保温性以上にズレない、スレない、バタつかないが大事。
閑話休題。

トトロ街道から紀見峠の登り口あたりでやっと体が温まって来た感じ。
紀の川へ降りると辺り一面、川からの霧で真っ白けっけ。
蒸気の霧ってやつかな。
なかなか幻想的。
20131123003.jpg
ここから西へ。
風予報だとこの辺りは朝の短い時間帯だけ東風で
追い風になるはずなんだけど…
実感できる程の風ではなく。
まあ向かい風ではなかったので良しとせねば。
424号に入って南へ進路をとる。
ショートカット出来るかなーと畑を貫く
のどかな田舎道に入ってみたらいやはや盛大に迷う。
Google先生にお世話になること数回、やっと軌道修正。
こうやって道を覚えていてくのです、ハイ。

424号をドン突きまで行って370号へ合流。
しばらく行くと海南高原への登り口発見。
20131123004.jpg
うん、いい天気、寒いけど。
海南高原はピークまで約7.6km、平均勾配5.9%という感じ。
最大斜度は体感で10%ぐらいかな。
最初は舗装したての2車線のゆったり広い緩斜面。
それもすぐに隘路となって集落の中を進む。
コンクリーとアスファルトが織り交ざった登りだと
コンクリーで斜度が上がるのに
ここではアスファルトになると斜度が上がる。
なかなかのツンデレ系な登り。
願成寺の看板を過ぎると一旦デレに入って緩む。
大きなつづらを越えてもまだ下界の景色は見せてはくれない、ここはツン。
2つ目のつづらでちらっと開けた景色を見せてくれる、ここはちょいデレ。
こっからまた斜度が上がってツンモード。
終盤の3つ目のつづらでどーんと開けた景色を見せてくれる、ここでデレ全開。
ここからは緩んだりきつくなったりのデレツンデレの繰り返し。
変化があって良い感じ。
有田川町に入って千葉山へ抜けられる道を探すべくゴルフ場を登り返し。
どこもそうだけどゴルフ場周りの道ってキツイですよね。
で、見つけたんですけど。
20131123006.jpg
こんな感じです。
もう人外とエンカウントする雰囲気がビンビンです。
私は嫌いじゃないぜー、えいやっと抜けると
コスモスパークへ繋がる道へと合流。
20131123007.jpg
この一番下の←海南市ってとこから出てきたんですな。
後は見覚えのある道。
一旦下って登り返して千葉山へ抜けられる。
が、この登り返しがなかなかな尖り具合なツンでありまして。
みんなが愛してやまないインナーローに入れちゃいましょ。
20131123009.jpg
風車は稼ぎ時、書き入れ時、全台機嫌よく回る回る。
よーし千葉山のうねうね下り満喫するべ。
山には無数の明かりが灯ったように鈴なりみかん。
20131123012.jpg
無人販売では一袋100円、バケツ一杯500円。

昼飯は清乃さんの有田ブラック&しらす丼。
海南高原の下りも面白そうだけど
逆打ちだとこれを食べた後に千葉山を登るんだなぁー。
まあそれも良いかも。

帰りは定番の孝子峠から。
2014春に孝子峠にイオンが出来るようで
交通の流れも変わってしまうんだろうなー。
あ、でも道路の拡張工事はやってるのでそれに期待。

順調だった行程も途中、前触れのない腹痛で
コンビニトイレに駆け込むこと2回。
どちらも辛勝。
ただローソンは驚愕の和式トイレで
150km走った脚で和式でしゃがむと腿がピクピクとつる。
狭いトイレで悶絶すること数分。
コンビニはセブンイレブン一択だよ、もう。

紀州街道は安定のストップ・アンド・ゴー。
ここではサボらずにギアかけて。
そのおかげか目標の17時には帰宅。
ただアベ25の壁は厚く高く。

202km(もうちょっとどうにかすれば200km未満で納まるハズ)
関連記事


コメント

  1. いしこ | HfMzn2gY

    もう朝早いの克服されましたね!!
    今日はクサモーチ隊長さんはじめFFWさんにご挨拶できました。
    すず虫さんにお会いする日はくるのでしょうか…

    ( 23:00 [Edit] )

  2. すず虫  | TOmz3iPU

    いしこさん。

    早起き…加齢によるものでなければ良いのですが。。。
    たまにFFWのおはサイに参加しておりますので
    オイドン&いしこさんも是非どうぞ。
    どこかのパン屋の軒先でお会いするかもですね。

    ( 23:24 [Edit] )

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


トラックバック

Trackback URL
Trackbacks