上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正に厳冬真っ只中な週末、自転車に乗るだけでも
勝ったも同然なのです。

凍結、積雪を考慮して、金剛山系はヤメ、信貴山系は我々には相性が悪い
平坦は先週やったので、まあ軽めに昼飯を食べに行こうというコンセプト。
まったくもって、緩い。ユルイのであります。

土曜日の朝に、駒ケ谷のときぱんのTwitterをチエックする。
去年の暮れからずっと営業を休止したままはや一ヶ月。
そろそろかなぁとyoshiと共に再開を心待ちにしております。
ちょっと様子を見に寄り道。
20180204225419866.jpg
木戸は固く閉ざされたまま。
yoshiは念を送っている。
元気玉、届くといいね。

竹内街道を穴虫峠方面へ。
凍結防止剤で黒光りするアスファルトが県境のしるし。
わずか一時間ちょいで二上のPJに到着。
yoshiの仕入れが開始。
抹茶のパンのあんバターが美味そう。
ゴルゴンゾーラのパンは鉄板、ラスイチをかっさらう。

お隣のCOCOCOFFEEは今年初のおじゃま。
20180204225519349.jpg
なんだか言いたくなるウエウエテナンゴは言うだけにしといて
今日はブラジル・ダテーラ農園のスイートブルーを碧いカップでサーブ。
こういう気遣いもさることながら、狭い店内、ここではお客さん同士がすぐに声を掛け合う不思議。
こういうのもオーナーの人柄とゆえかと。
yoshiも店にいた帽子作家さんと仲良くなって、帽子買って帰りそうな勢いだった。
根が生える前に退散。
ステッカー、ちゃんと新車のシートポストに貼りましたよ。

ここから少し走って、今日の昼飯のうどん屋「鈴庵」へ移動。
もうちょっとスマートに行きたかったけど、yoshiの苦手な180度ターンが続く陸橋通る。
背後から悲鳴に似た呪詛の言葉は聞こえないフリ。
運良く待ち時間なしで。
20180204225451157.jpg
かけうどんとミニ丼のセット。
かもめさんのダシに慣れてしまったのか、やや物足りない。
ただラーメンじゃないんだから、インパクトよりまとまりが大事かと。
すぐに情報が上書きされるバカ舌が恨めしい。
麺はネットリと絡みつく感じ。
讃岐うどんがここまで流行る前、家でよく食べた「ザ・大阪のうどん」を思い出した。
どことなく懐かしい。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。