どうも、ご無沙汰しております。
気付けば、3ヶ月間も放置しておりました。
この3ヶ月、影に隠れて自転車に乗っていたわけでも
夜逃げしたわけでもなく、マイホーム建設に邁進しておりました。
休みの日をのほほ~んと自転車に当てていた生活が一変、
あちらで打ち合わせ、こちらで金策と人生で一番忙しく、疲弊した日々を送っておりました。
ある時は石橋が割れるぐらい叩き、ある時は清水の舞台から助走付きで飛び降りたりと、
押したり引いたり、怒ったり笑ったり、喜んだり悲しんだりと、色々と物事を経た
その結果、狭いながらも楽しい我が家を実践するごとく、小さな家が完成いたしました。
コンセント配置への小さな後悔と、果なく続くローンの重圧と、大きな達成感に浸っております。
小さいながら自転車スペースも作りましたので、お近くにお越しの際は、手土産持参にてお立ち寄りください。
20170917134949609.jpg

自転車的にも新調しましたよ。yoshiが。
ちょっと写り込んでいますが、yoshiがGUSTOを購入しました。
既に先代マシンとなったWilierのCENTO 1 AIRもオトコマエでしたが、今回も中々の面構え。
CENTO 1 AIRは自分には硬すぎて、どうもしっくりこないと常日頃ボヤいていました。
カーボンをトン数とTシリーズで語る女、yoshiが数年に渡る慎重なリサーチして辿り着いたのが
このGUSTO RCR Team Limited。
20170917131358463.jpg
まだ日本に2本しかないというこのモデルを、yoshiのあらゆるコネクションを使い
色んな偶然が重なって、無事一台押さえることに成功。
R8000アルテグラの七部組をバラして、9000デュラに組み替えるという
おおよそ面倒くさい工程を経て今日に至る。
私はちょこっと手伝っただけですが、突貫で仕上げたメカニックのボヤキがまだ耳に残っています。
yoshiのこだわりはAICANのアウターとチネリのボレーリボンバーテープらしいです。
20170917131422665.jpg
左側は黒とゴールドが反転したあしゅら男爵的な奇抜なデザイン。
それもあってか、スローピングがキツい割にマッチョな印象。
MTBのようなシートポストの出具合は、もはや乗り手が女子だと誰も思うまい。
肝心な乗り心地の感想はと言うと
yoshi「いい感じ。ウノちゃんとカヨちゃん(先々代の愛車)の間ぐらい」
mashu(こいつも最近YONEXに乗り換えた)「値段の割に進む」
すず虫「ポジション、オレと変わらんな」
とこれほど参考にならないインプレ群はない。

とまあ、住宅ローンと3ヶ月のノーライドのツケをどうやって返していこうか
頭を抱えている二人ですが、見かけた際はお気軽に食べ物とお声を賜りたく
これからもよろしくお願いします。