またも広告というペンペン草が生えてしまった当ブログ。
『来週から本気出す』と言い続けてはやひと月あまり。
細々と堺浜をぐるぐるしておりました。
土曜日はyoshiと久しぶりにホームグラウンドの南河内方面へ。

久しぶりの大和川沿いをガタガタ橋へ。
陽射しがありがたい堤防の上から生駒山地を遥かに望む。
ぶどう坂のツルッとした白い玉ねぎに吸い寄せられそうになるも
正気を取り戻して石川CLへハンドルを切る。
どけどけベルを鳴らしながら走り去っていくTTバイクのオジサマ。
yoshiの怒りの闘気がドライアイスのように、
地を這う様を後ろで感じながらグリーンロードにエスケープ。

久しぶりの南行きのグリーンロード、しんどいですがな。
しんどすぎて、yoshiが当然の自転車引退宣言が飛び出す始末。
まあ、分からなくもないけれどね。
太子の道の駅で小休止。
20170226220457862.jpg
まだ香りは控えめながら、梅がそろそろ春を連れ出す頃。

20170226220556901.jpg
水仙のビビットとパステルの組み合わせもまたよろし。

ここまででもう自転車的にお腹いっぱいになったけれど、せめて持尾まで、と自分を奮い立たせる。
二人で喋りながら走れるペースだとあっという間に展望台。
ペンキを塗り直したのか、少しキレイになったかしら。
20170226220430693.jpg
途中、ブラタモリの影響か、yoshiが「持尾城跡」に興味を示すので少し登ってみる。


20170226220407616.jpg
見つけてしまった、名も無き激坂。
今日は勘弁しといてやろう。スゴスゴ。
yoshiの腹の虫が動き出したので、城より飯だ、ということでキッチンハートへ。
玄関周りの草花が少し荒れ気味のキッチンハートは、相変わらずの盛況ぶり。
20170226220343263.jpg
今回の日替わりはアタリでした。

石川CLまで戻って、今年初のときパンへ。
予約した渋栗をピックアップ。
実は自転車乗りでときパン渋栗のファンが数多くいることが判明。
yoshiはさらにレア度の高い渋栗チョコの大ファン。
栗がおわるまでにはもう一回手に入れたいところ。
そのために、渋栗がある間はまだまだ自転車に乗らないとね。