5月末に休業されていた駒ケ谷のときさんが
営業を再開されるというので
本日、勇んでパン屋襲撃。
天候を含む諸事情で自転車ではなかったけれど
あらかじめ電話で取り置きをお願いしていたクリームパンの
ピックアップを運良く帰阪していたエースちむ氏と共に。

私同様再開を心待ちにしておられたのであろう
お客さんがひっきりなしに出たり入ったり。
取り置き作戦せいこー。

お母さんもオーナーも元気そう。
我々二人共、自転車ジャージではなかったけれど
顔を覚えていてくださったようで嬉しいかぎり。
それから休業前に差し入れた団子(斑鳩のぶっきらぼう)が
もしかして傷んでいてそれが原因で休業されたのかも…と
少し不安だったけれど、どうやらそうではなかったようで。
すず虫無罪確定。

お客さんが入れ替わり立ち代りのひっきりなしなのと
お母さんに泣かれるとこっちも泣きそうになるので
ひと通りお祝いを述べて退散。
20131026000.jpg
営業日は毎週水曜日と土曜日に変更なれどお味は変わらず。
次はまた自転車で、是非。
また差し入れ持って行きますけん。

海南高原から有田へって画策してたのになぁ。
はい、久しぶりに寝坊しました。
それでも6時には起きたんだけれど。
早起きスキルは夏限定のスキルだったのかしら。

新規開拓リストを潰すことにして
水越峠を越えて奈良入り。
今日の行程で唯一登りらしい登りなので
久しぶりに吐く寸前まで追い込んだけど
目標タイムは切れず18秒オーバー。
何が足りないか?そりゃ我慢でしょ。
わかっちゃいるけど耐えられなーいー。

ところどころ砂の浮いた裏を慎重に奈良側へダイブして北上。
軽く道をロストしながら葛城川、曽我川、寺川と
地下鉄のように乗り継いで大和郡山。
勘三郎さんの狐忠信を見て、ちょっと寄ってみたかった
源九郎稲荷神社に寄り道。
思ってたよりずっとずっと小さい、いや伏見稲荷が大きすぎるのか。
20130929000_201309292234168d4.jpg
源九郎稲荷神社を後にしてさらに北上。
平城宮跡を通過して24号線方面へ。
24号線とJR関西本線に挟まれたところにある
本日の目的地、こはくさん到着。
20130929001_20130929223410514.jpg
奈良の野菜をふんだんに使用したパンの数々。
嬉しいことにベーグルもあります。
日曜営業でベーグルを出してるとこも少ないので貴重な存在。
若夫婦で営業されて旦那さんのほうが接客してくださいました。
人当たりのよいイケメンでした。

パンを買い込んで平城宮跡まで戻ってパンランチ。
20130929002_20130929223412066.jpg
クロワッサンは甘さ控えめで重量感がある。
泰さんのクロワッサンとはちょうど対極にある印象。
焼きなおしてバターを落としたくなるなぁ。

では次行ってみよー。
308号から7号線に合流して南下。
サイクリングロードに入って大和小泉まで出て斑鳩まで戻る。
さらに広陵町まで行ってそらつ橋西詰交差点に到着。
後はGoogle Map先生にチキンショップ仲島さんの位置を教えていただく。
このお店、唐揚げ通のちゃまリンさんが美味い美味いというので
堂々のすず虫新規開拓リスト入りしたお店。
Google先生の指示通りに行くと
こんなん絶対分からん路地裏にありました。
20130929003_201309292234133ad.jpg
店内にお邪魔するとこちらも人懐っこいお母さんが出てきてくれました。
とりあえず鳥から200gをお願いしてその間に串焼きをチョイス。
選んでいる間にオロナミンCをいただきました。
まだまだ暑かった本日、炭酸でリフレッシュしてスッキリ。
その御礼にこはくさんのパンをおやつ代わりにお母さんに差し入れ。
そのお返しに串焼き3本もおまけしてもらっちゃったりして。
もうお母さんのファンになりました。

背中に揚げたて鳥からの熱々感を感じながら
冷めるまでに帰宅し、道中でビールを買うという
帰宅TTを開始。
おかげで帰りの穴虫峠はアウターゴリ押しで駆ける。
20130929004_2013092922341594e.jpg
紛れも無い正義が皿の上にある。
肉は正義、揚げ物は真実。
昼からほろ酔いでもええじゃないかええじゃないか。

145km。


足んねぇ、まだ足んねぇ。
結局全然食べてねぇ。
小麦成分が足んねぇです。

思えば日曜が定休のパン屋ベーカリーが結構多いなぁ。
和泉フルニエ、貝塚サンク、駒ヶ谷とき、尺土萌黄、紀泉台福みみ。
最近じゃ平野トロワ、浜寺ブレッディオ、桜井マルツも日曜休みになっちゃって。
選択肢はまだまだあるけれど、なかなかの有力どころなのが痛い。

本日は祝日。
しっかり寝て、遅めの出立。
リアディレイラーの調子を見ながら遠回りで大和川。
それほど風もない、初夏をチラ見せするような陽気。
ダラダラと走って久しぶりの駒ヶ谷ときさんへ。
お母さん、ご無沙汰です、今からなんで取置のお願いだけしとく。
クリームx3、栗まろx3、やんちゃチーズx1

特に予定も行きたい所も、かと言って時間が十分あるわけでもないので
近場のチェックリストを潰しにかかる。
石川CLを河内長野、高野街道で三日市町。
三日市町から310号線を抜ける道から住宅街へ登っていくと到着。
パン・ド・チム。
pic20130429002.jpg

どっかで聞いた名前。
ええ、エースちむ氏とは一切関係ございません。
第一、坂大嫌いがここまでの坂をあの人が登るなんて、ねぇ。
町のパン屋さんの雰囲気全開。
サンシェードが破れているのはご愛嬌。
pic20130429003.jpg
ラムレーズンデニッシュ。
ラムレズが好き、シナレズはもっと好きです。
あとはフルーツブレッドなるデニッシュ生地に
オレンジピールとレーズンとくるみの入った大きめのパンを。
箱入りパンでおみやげにどうぞ、とは店主チムラさん談。
ちなみに箱なしだと30円引き。
もちろん、箱なしで。お土産じゃないし、そこの公園で食うし。
お味のほうはレーズン密集地域と過疎化地域が顕著なのは
日本の人口分布に関する皮肉なのか。エスプリが効いてる。
店名もフランス風なのもうなずける。
これでいいのだ、過疎地域でレーズン嫌いも食べられるし。

ときさんの焼き上がりまでまだ時間があったので
近場の金剛山をトンネルコースで。
もう汗がとまらない、ぽっちゃりさんには辛い季節。
トンネル涼しィィ、しばしトンネルの心地良い風で
クールダウンするぽっちゃりと抱きつきキティちゃん。
pic20130429005.jpg
出来ることならここで自転車乗りを見守っておくれよ。

いい時間になったので下り出す。
途中クサモーチ隊長落車ポイントでバランスをををっと。
こえー、久しぶりの心拍100%。あそこはやっぱり危ない。
どのラインとっても路面の凹凸がひどいです。

ときさんに戻ってピックアップ完了。
お客さんが途切れたのをいい事に
お茶までいただきしばしの雑談。
もともとは元祖野菜酵母な東大阪の楽健寺の野菜酵母を元に
オーナーさんがアレンジを加えているようです。
やっぱり管理は大変そう。
ときさんもオーブン武蔵3段です。
武蔵の店は美味いの法則。(すず虫の中だけの法則)
オープンキッチンやガラス張りで結構オーブンが見える店が多くなってきたので
今度また見てみよう。
パン屋さんにパンの差し入れってアレかなと思ってたけど
どうやらそんなことも無さそうです。

やっと食べた気がするな。
そして黄金週間後半戦は千葉遠征。
ピーナツソフトと今川焼きに海鮮丼。
太って帰ります。

65km。

先日から見ているドラマの影響で
頭の中でずっと「エボ★レボリューション」が流れてる。
最近気付いたのだけれど、自分はきっと暗示にかかりやすい体質。
人の鼻歌がうつるなんてしょっちゅう。
人が食べたいと言ったものがなんだか食べたくなってきたり。
そんなワケで気付けば口笛を吹きながら石川CLに出てきてしまう。
桜の葉は色づいてそろそろ落葉の頃。
CLでは珍しく今日は妙齢の自転車乗りを良く見かけた。
心なしか華やかに見えるいつものCL。

風邪も治ったっぽいのでぼちぼち登るかぁってんで
いつもの金剛山に向かうのだけれど
いつでも行けると思ってのびのびになっていた新規開拓。
チョーヤ梅酒からほど近くのパン屋ときさん。
pic20121103001.jpg
アップルの発音に似たテイスト。
天然酵母はどちらかと言うと手間の割に
結果が伴わない気がしてアレなんですけど
長芋の酵母なんて面白そう。
ハード系よりロールパンのもっちりより一段階進んだねっちょり感が面白い。
好き嫌いがはっきり出そうな気がしますけれども。
以上、ロープウェイの茶屋でもぐもぐしながらの感想。
pic20121103002.jpg
毎年毎年、マス釣り場は鮮やかに紅葉する。
今日は見事なグラデーション。
pic20121103003.jpg
小深からトンネルに向かうけれど、ここまでの気持ちのよい朱は見つけられない。
少しくすんだあずき色や色気のない杉が立ち並ぶばかり。
空気は徐々にピリリと締まってくるものの、まだまだ優しい。
もう2週間もすると眉間にシワを寄せたような厳しい趣になるんだよなぁ。
秋は短し、走れよ自転車。

石川CLまで戻ると二軒目。
土師ノ里駅近くの四角いパンオンリーのCUBEさん。
同じく天然酵母、ぶどうを使用。
こちらのご夫婦は自転車乗りで、
店内には珍しいモールトンの初期モデルが二台ももも。
不躾にも子細に見させていただたけれど、しっかりメンテされててまだまだ現役。

pic20121103005.jpg
いかつい80年台のトラス構造しか知らなかったけれど、
こちらのものは優しい感じがして素敵。
奥さんの通勤車はPEUGEOTのアルミ小径。
パン屋さんとしても自転車のお話相手としても素敵なお店です。
パンの方はしっかりモッチリ系。
その割にしっかり包丁でカット出来てトースト向き。
pic20121103006.jpg
フレーバーにもよるんだろうけど、塩気のあるバター落として食べると吉。
今日の二軒は石川CLからほど近く。
最近の流行りの夫婦ポタリングのニンジンとしてオススメいたしますです
ご亭主の皆さん。
ただ、どちらも日曜は営業されてないんだなぁ…

90km。

千葉山からは自転車的にはグダグダ。

行くアテもなく、ぶらぶらと石川CLを走っていると
デダチャイマッチョなふーじぃさんと会う。
ちむ氏とは初対面なので軽くご紹介。
「ちょwぶはw似顔絵そっくりやん」とふーじぃさんの心の声が聞こえてきそう。
ディープホイールとオークリーのミラーレンズで決めた氏は
颯爽と横風の大和川へと消えて行きました。
また遊んでくださいな。

次の日はとりあえず、洗車とメンテとワックスがけx2台分を終わらせる。
巷でうわさの「シンプルグリーン」なる洗剤で洗ってみた。
水溶性なので手が汚れても簡単に落とせて、作業効率は上がる。
台所周りにも使えて、夜中に掃除しだすと止まらない罠。
自転車的にはこれで終了。

後はひたすら食べた。
PhotoGrid_1345278727363.jpg
津久野パンドサンジュはパンはもちろん
このバゲットを持ってワッヒョイってなっている
このロゴが高得点。
なんか凄く楽しそうで、とてもいい。
レジはiPad、見せるキッチン、オサレ~。
パンの陳列もシンメトリーや区画できっちりわけられてなく
視線が行ったり来たり。高低差、奥行きのある陳列も面白い。
後から来た家族連れの小学生に
「ほら、見て、跳び箱のパン」とオススメされた。
今回は買わなかったけれど。

コメダ珈琲のシロノワール(ミニ)、桜珈琲のバウムクーヘン。
夏に順調に太る。
イエイ。