気が付けば、2月からvanamへ行っていない!
忘れていたわけでもなく、行こうと思い立った日が休みだったり
イベントで山を降りていたりして、なかなか合わなかったことが続いていたのです。
そろそろyoshiも禁断症状が出てきたので、秋晴れの本日の目的地はvanamに決定。
今回は前日に『スパイスの魔女』ことacoちゃんに電話してしっかり明日の営業を確認。
これをやっとかないとウチの『平地の魔女』が暴れだすので…。

幾つかあるルートの中から、少し遠回りの「長谷寺ルート」を選択。
竹内峠を越えて、桜井、長谷寺を経由して北へ向かうジワジワ脚を削るルート。
腹の調子が今ひとつのせいか、10時に長谷寺に到着。
acoちゃんに伝えた『11時半着!』がなんとなく青点滅信号。
イケる?イケない?いや!イケるだろ!
と長谷寺前でよもぎ餅を食べる我々二人の意気は上げ潮調子。
20151004203352010.jpg

初瀬ダムまでギャンと登って、後はジワジワ登り。
途中で広域農道に入り、MAXまで上げて福住へ至る。
186号へ入って、最後の登り。
ががが、福住までは遅れがちだった平地の魔女が意気揚々と登って行く。
離されまいと追いますが…どんどん遠くなっていく背中。
「と、途中でタレんだろと!」思っていると、あら、もう下り。
結局追いつけず、失意の下りでひとり反省会。
yoshiの高笑いが聞こえたのは決して幻聴ではないはず。

そのせいか、通い慣れた道を間違えたりしながらもオンタイムでvanam着。
虫ュラン三ツ星店、ねぎっこジャージ倶楽部さんも(汗)
20151004181809100.jpg

ほんでもって本日のターリーセット。
20151004181929538.jpg

メインのラムのカレーはクセがありますね。
オクラのポリセルは炒めモノといか和え物というか、コレ美味しい。
事前に無理やりリクエストして添えてもらったアチャールミョウガとフルーツ。
これが強烈。
ミョウガとスパイスがインファイター同士の殴り合いの展開、
それを裁くレフリーは林檎、みたいな。
acoちゃん曰く「今日のは現地の辛さです」なるほどね。
これは瓶詰めしてもらってお持ち帰り。
こちらスパイスの魔女、アチャール買ってね的な笑顔なのか。そうなのか。
20151004203439305.jpg
レフリー林檎もお土産に頂いてvanamをあとに。

福住まで戻って天理ダムを下る。
天理教の建物をぬって走ると仕入れその一、初めて来ましたセブンハート
20151004204455514.jpg
思った通りハード系が少なくてyoshiは不満気。
まあ確かにマフィンが多いパン屋ってなんだかなぁ~って感じはするけれど。
じゃあ次ってことで仕入れそのニ、プチ・ブーケ
ががが、第一日曜は休みだったのねん。
まあ場所を確認したということで。
この辺りから結構な向かい風で、大和川と25号線は
平地の魔女に積極的に前を牽いてもらいます。
柏原まで戻ってきたら、仕入れその三、ちどり
もう時間帯も時間帯なので数えるほどしか残っていませんが
ちどり店長に「食べられる分だけ、買ってください」と言われるぐらいの仕入れっぷり。
それを背負うのは私なんですが…とは言わずに隣でニコニコしてました。
久しぶりの120km、自転車で一日を消費するって贅沢なことだったんだなぁ~と思う今日このごろ。

暑いぐらいの陽気の日曜日。
ちゃまリンさんとひろさんという2m級巨人をお供に
奈良の山奥、vanamへ。
去年もこの3人で和歌山ガネーシュに行きました。
カレー班一年ぶりに集結。

竹内峠から奈良IN。
定番のポタ道から桜井までつつがなく。
長谷寺に予想時間通り到着すると
ここでvanam落合さんに電話連絡をする。
2巨人+1虫で来店する旨を伝えると
不吉な知らせ。
『福住からの186号は完全に封鎖されてます』
な、なんと完全封鎖とな。
今まではお目こぼしがあって救われていたのだが
どうやら本気を出したようで猫の子一匹通さない鉄壁の守りらしい。
うむ、仕方あるまい、迂回しよう。

とにかく名阪国道をまたいで
東への迂回路を模索。
だが、あえなく道を間違え、件の186号入り口に来てしまい
失意の引き返し。
迂回路を引き当てたと思いきや、またもや登り。
後ろの巨人からの威圧感がハンパないよぉー。
それでもなんとか予定の30分押しでvanamに到着。
20140525002.jpg
が、日曜のお昼時、天気も良いとあってなかなかの混み具合。
失礼ながらこんなに繁盛しているのを初めて見ました。
忙しいのでオーダーはこちらからキッチンへ叫ぶ方式。
20140525000.jpg
ターリーセットがサーブされるまでしばし歓談。

20140525001.jpg
本日のターリーセット。
左上のブリの南インドカレーが滅法美味い。
アジに迫る完成度。
ブリは駿河湾のものではないものの
この青魚シリーズはハズレがなくて良い。
食に厳しいというか無頓着なひろさんも納得の様子。
ちゃま君は真ん中のアチャールも気に入ったようで。
そのアチャールが瓶詰めが売られているのを見つけたので
こっそり買っていおいた。
企画提案者としては買わずにはいられない。

帰りは平坦路。
激坂茶畑を下って下界へ降りる。
不法投棄の注意を促す自動アナウンスにびっくりどっきりしながら
路面の悪い10%を優に超える斜度を転げるように下っていく。
奈良盆地を西へ横断。
途中ガムを踏んでしまうトラブルが唯一の事件。
田村みたらしのお団子で一息ついて
石川CLまでノンストップ。
大黒ローソンで仕上げのガリガリ君を食べて解散。
ちゃま君のお土産を買えるようなお店に寄れなかったが心残り。
逆回りでカレー、うどん、きな粉団子って言うのが良かったかなぁ。

110km。

20140525004.jpg
このアチャールでビールを飲むも良し
ご飯に乗っけるも良し。
辛い中にもわびさびがあるでよ。

ゼリウスが無事に仕上がったので
シェイクダウンとポジション確認。
どうせならってことで、FFWの皆さんとvanamへ行くことにする。

8時サイクル橋集合。
隊長、顧問、和尚さん、すず虫の四両編成。
まずは竹内峠を越えて奈良へ入る。
県境で和尚さん恒例の雄叫びスプリントを
間近に体感することが出来た。
うん、元気でるよね。

当麻寺の和菓子の行列を横目に東へ。
この辺りはやはり裏道生活道路を使うのが吉か。
桜井でトイレ休憩。
甘ったるいパンはたまに無性に食べたくなるもんだが
マルツは日曜は休みですぜ。

長谷寺の参道に入ると、さすが連休とあって
かなりの人出。
20140504000.jpg

こんなときに限ってきづきベルを装備していない迂闊さよ。
サドルの前後位置を調整してここから登り。
初瀬ダムを越えて北へ北へ。
広域農道には入らず、迂回していく隊長ルート。
東回りで80号線に合流するルート。
この辺りは田植えがすでに完了しているところもちらほら。
ハナミズキも美しい。

あらかじめ電話で行くと伝えておいた11時ぴったりに到着。
隊長の見事なタイムマネジメント。
席について水をすすっていると
目の前でHPで予告していたターリーセットが変更に。
いつもより品数が増えて値段が上がってますやん。
落合さん、気合入りすぎ。
結構、頑固なんでやりたいようにやってはります。
それが店主の醍醐味っちゃあ醍醐味。
20140504001.jpg
瓶詰めアチャールは作って置いたらすぐ売り切れたということで
提案者のすず虫としても鼻高々。
まあ、そのせいで私が持ち帰る分はないんですが。
サービスのアップルケーキ、大変美味しゅうございました。

帰りは天理までほぼ下り。
まあ結構登ったのはご愛嬌。
相変わらずキレッキレの下りの隊長。
後続の三両はそれぞれのペースで。

20140504002.jpg
そそり立つ天理ダム。
重力式コンクリートダムというカテゴリーらしい。

帰りの寄ったパン屋はお休み。
このままでは引き下がれない隊長とスイーツ派の和尚さん、
豆乳ソフトクリームを食べに行きましょう。
竜田大橋のほど近く豆風花さん。
20140504004.jpg
ぱっと見、花屋さんにしか見えないなぁ。
20140504003.jpg
んで豆乳ソフト。
塩ふって食べるよろし。
そろそろジェラートも解禁して良さそうな気温の上がりようだもの。

125km。

今日はここ最近では絶好の日和。
布団を干すのも忘れてすでに車上の人。

ラーメンかカレー。
週末の昼はこんな感じだろーっと奈良へ向かう。
竹内峠は往来も少なく今日は静か。

昼飯の前に朝飯。
起き抜けに食べたホットケーキは朝飯には入らないらしい。
尺土の萌黄に寄ってはみるが開店前。
開店10時とはなかなかのスロースターター。
諦めて166号の北側の道を東へ東へ。
曽我町で24号を横断して八木、耳成と来れば桜井着。
桜井と言えばマルツ。
マルツだとパピロだろってことで。
袋のデザインが秀逸。
20140419001.jpg
かーらーのー
焼きそばパン(富士宮)もいただく。

はい、次は昼飯。
天ラ食べるよりはカレーだなぁと最近のヘビロテなvanamさんへ行きますです。
前回の逆回りで長谷寺から福住へ抜けていく。
20140420000.jpg
参道の白酒屋で草福餅を買う。
至るところで草餅を売ってるけれど、ここのおばちゃんが一番声が大きかったので。

初瀬ダムまで登ってしまうと後は緩い登りとたまのアップダウン。
広域農道を経て、福住あたりではまだまだ桜が咲いている。
と言ってももう散り始め。
ただ、色の濃い八重は頑張っておられる。
20140420002.jpg
186号では何度か自転車を担ぎ上げて、昼前にはvanam到着。

今日の日替わりターリーセットはアジのカレー。
20140420005.jpg
プレートの詳細は以下の通り。
20140420008.jpg
んで、このアジのカレーが美味いのナンのこのやろー。
ランキング1位に躍り出るほどのインパクト。
落合さんはなんだか不満気だけれど。
インドではなかなか青魚をカレーにしたりはしないそう。
駿河湾のアジと南インドの酸っぱ辛いカレーの組み合わせの妙、恐るべし。
今日は量が少なめな玉ねぎのアチャールでビールが飲みたい。
小瓶での販売を具申してみる。
長谷寺の『超よもぎ』な、だけど緑が鮮やかすぎてどこかウソっぽい
草餅をヨガのインストラクターの方も交えながら食べ
2時間ほど滞在して、再び車上の人。
いつも4人ほど連れてくると言いながら、いつもひとりで来ているなぁ。
コースをもう少し煮詰めたいところではある。
20140420004.jpg

帰りは80号ではなく佐保短大横の激坂コースを下る。
ま、車もほとんど通らないし、なにせ下るだけですから。
途中、ならまちのこたろう鯛焼きも覗いてみるけれどもう閉まってる。
というか、土曜日は営業してないっぽいなぁ。

帯解から大和郡山、斑鳩で帰る。
最後にときパンさんへ寄るのでそのお土産を選定。
田村みたらしにするかと思い、店の前まで行ってみるが
千客万来的な様子だったので諦めてプランB。
北原白水堂の佛鬼羅坊(ぶっきらぼう)を買って、
本日最後のブックマーク、駒ケ谷のときパンへ。
ががが、なぜか臨時休業なときパン
先に電話しろよ、ってオトナの意見はノーサンクス。
ブックマークに根回しは不粋だろってことで。(時と場合によるけれど)

120km。

本日有休につき、自転車に乗ってシュワッチ!
20140221006.jpg

LSDがてらに奈良へ。
平日休なんだから土日に混んでるお店に行くのが賢いんだろうけど
ここは新規開拓だ!と勇んで自転車にまたがる雨水の空の下。

ほぼ自己内でテンプレされつつあるふんどし街道から平城宮跡。
今日は薬師寺あたりで東へ向かい、京終駅を越えて更に東へ。
この辺りは土地勘が皆無なので方角だけ見失わないようにして適当に。
高畑町の二本南の東紀寺3丁目着。
ここから久しぶりに80号線で鉢伏峠、須山バス停まで登る。
えげつない傾斜はなく、つづら区間もあって結構好きな部類に入ります。
ただ減速溝がしんどいかな。
岩井川ダムまで来ると雪がちらつく。
金剛山でよく見る丸い跳ねる雪です。
20140221001.jpg
岩井川ダムを越えると本格的なつづら区間。
平日ということもあるのか思ったより車の往来が多いのと
路肩の残雪の影響で結構気を使う。
そして『こんなに長かったけ』という疑問。
もっとサクッと終わった記憶しかなかったのだけれど。
須山バス停を無事通り過ぎ、寒い寒い下り区間の80号線。
しばらく下って旧186号線にそれるともう残雪というには
堂々たる居残り佐平次っぷりの白いほっかむり。
20140221002.jpg
その矢田原町にあるvanam(ヴァナム)さんでインド・スリランカ料理のお昼をお世話になる。

元々下着販売のお店だったログハウス風の建物を改装して
昨年6月にオープンされたそうで。
女性店主の落合さんはここの出身ではなく移住されてきた。
ふるさと再生的な岳人やそらとぶパンがまさんと同じような経緯なようだ。

ランチをオーダーしてしばし店内を見学。
窓際に大きめの二人がけのソファと6人用のテーブルが二つと
それほど広くはない店内だけど、天井が高いせいか息苦しさはない。
というか居心地良く、ランチを待つ結構な時間を特に退屈せずに済んだ。
20140221005.jpg
ここに猫が居ればもう完璧。

20140221007.jpg
ターリーセット、インドの幕の内的なノリと思った。
どれもなかなか経験、味わったことのない味わいだった。
誤解があるといけないが、美味しい。
特に気に入ったのは真ん中のインド風漬物の玉ねぎのアチャール。
お酒は嗜む程度ですが、これは絶対酒に合う!と断言できる。
どの料理にもマスタードシードという黒い粒粒が入っていて
これが食感よくハマる。
スパイスは奥が深い、といか泥沼なイメージ。
ハマるとたぶん抜け出せないような。
20140221004.jpg

食事が終わっても、あまりに居心地がよくて
落合さんと落語のことや自転車のお話を。
気付けば二時間ほど経過。
おっとそろそろ帰らねば。
新潟土産のカレー豆、ごちそうさまでした。
誰かを連れてきたくなる、そんなお店です。
自転車乗りウェルカム!てな方向性を模索されているので
是非どうぞ。

南へ回って天理ダムで帰ろうと思っていたのですが
20140221008.jpg
雪だるまが通せんぼ。
ちょっと覗いてみたけど法面崩壊よりも居残り雪が激しくてこれはどーしょーもない。
20140221010.jpg

諦めて80号線へ回れ右。
結局往って来いになりやした。
確実に日の入り時刻が遅くなって
自転車的にも残業出来るようになってきたのが幸い。
家に帰ると18時。
日の入りがやや先着か。
チッ

110km。