上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文化の日。
yoshiの首が快方に向かって、そろそろ自転車でも。
という気になってきたので、リハビリコースにて再始動。
我が家の事始めは滝畑ダムと相場が決まっているので特に迷いもなくコースは決定。
実は先日ホイールを新調したので、その辺りのテストも兼ねて。

頚椎ヘルニアの原因が愛車であるWilierの硬さに原因があるのでは、と
訝しむ様子のyoshi。
本気で買い替えを考えているようです。
どのメーカーがどのカーボンで硬さの違いはどうなのか、研究しているようなので
気になる方はお声掛けくださいませ。
そして少しでもマシになればと、レーゼロのチューブレスを装着して本日のリハビリに臨んでおります。

色々と不安を口にするも、おだてて、なだめて、おどして、滝畑ダムへの上りへ。
1007242.jpg
どうにもやる気スイッチがONにならないご様子。
ダムサイトの平坦でスピードを上げて誘ってみるも、乗ってくる様子もなし。
さながらサリマン先生に魔力を抜かれた荒地の魔女のごとし。

20161103182943126.jpg
ダムサイトの食堂にて。
自転車乗りがひっきりなしに来ては出ていく。
新しいホイールのレーゼロカーボンは惰性で物凄く伸びるので踏み直しが楽。
(クリテリウムのコーナーやGRの登り返しとか)
加速も申し分なし、トップスピードまでの時間が短くて濃密。
(アンタのトップスピードって幾つよ。yoshi談)
ただトップスピードを維持するのはカンタンでもなく。(要は脚がないのよね。yoshi談)
振動も思ったより拾う感じ。ただIRCの24Cを履かせているので、この辺りを推奨の25Cぐらいにすると
6.5BARぐらいまで行けそうなので、ここは保留。
アルミスポークなのでフレが出るのは覚悟しておく。
あとリムグラフィックの矢印がダサい。
少し思っていた方向と違うなぁ、というのが正直な感想。
良いんだけど、カーボンクリンチャーという特性がまだ体感出来ません。
強烈なものがないと、アルミのトップグレードや
同じカーボンクリンチャーワイドリムなら『BORAで良くね?』となってくるしなぁ。
閑話休題。

滝畑ダムを後にして、我々は『豆小屋』さんを目指す。
途中でちょっと寄り道。
20161103204402901.jpg
くろまろの郷のほど近く、サワ製菓さん。
きび団子を購入する。
ここは「吉備団子」ではなく「黍団子」なので色がやや黒い。
その他、焼き餅や蒸しパンや饅頭も可愛らしいお値段にて。

んで、豆小屋さん着。
FFW隊長&顧問の姿はなし。我々がゆっくりしすぎて、間に合わなんだな。
P1000725.jpg
土日が休みなので、なかなか機会に恵まれませんでしたが、木曜の祝日で営業中。
日替わり珈琲が4種類あってどれも300円。
フードはなし、潔し。
4種類の中にトラジャがあったので、私は迷わずこれ。
yoshiは一番の深煎りのケニアAAをチョイス。
オーダーしてから願昭寺TTの話をオーナーから聞くyoshi。
近くの願昭寺までの激坂をTT(タイムは自己申告制)してトップなら珈琲無料。
男女バイク、男女ランの部があり、設定タイムを切れたら半額。
私は知っていましたが、あえて触れていませんでした、どうせyoshiは激坂は大嫌いなので。
ところが『TTやります!』と二つ返事。
当然、私もやることになるワケで。

20161103205145595.jpg
She is the champion!!(本人の希望により加工しております)
結果、yoshiは無料に、私は罰金300円也。
設定タイムも切れませんでしたです、ハイ。

20161103205632785.jpg
ダメージは大きく、咳が止まらない我々。
我々の欲にまみれた珈琲は、それでもやはりしっかり珈琲で、浅はかな人間に自戒を求めるようなほろ苦さ。
人生の味がそれにはある。

ほろ苦さを通り越すほどの風を受けながら帰路の大和川へ。
ここから少し脚を伸ばして、北田辺のkaro馥郁焙煎工房へ。
少し前から懇意にさせていただいているお店。
珈琲には真摯だけど少し変わった若いオーナーと、的確なツッコミの奥さんが営む
阪和線の高架下のお店。
たどり着く頃には、yoshiはハンガーノックというブランクの壁にぶつかっておりました。
病み上がりにしては風が強かったね。
お土産のきびだんごと豆小屋のトラジャの豆を渡して、大休憩。
20161103210559879.jpg
空腹のあまりドリアを喰らうyoshi。(本人の希望により加工しております)
タバスコかけ過ぎ問題には触れないように、私は焼肉のホットサンドを食す。
漬物と柚子の香りが、想像の斜め上を行く味わい。
焼肉なのに。
焼肉なのにこのヘルシー感よ。
焼肉なのにこの爽やかな香りよ。
パンとパンの間はまさに小宇宙、viva la ホットサンド。
白昼夢を見るように。
うん、私もどうやら疲れていたようです。

帰り道、yoshiがいつもはぶっ飛んで行く国道を抑え気味で。
やる気スイッチがONになるのはまだしばらくかかりそうです。
気長にリハビリです。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。