朝から雨だと思い込んでいると
あら、降ってないじゃないのー。
それじゃあ軽くってことで、大和川へ。

水越峠へでも行ってみるかと
空模様を伺うと、目があっちゃってね、白い玉ねぎ妙法寺。
肘と脇腹は鈍痛がするけれど、擦過傷は治ったし
落車後登ってないので、行くか葡萄坂

鈴鹿で皆樣出払ってるのか、曇天のせいか、自転車乗りはまばら。
これ幸いに、チンタラ登ってると、錦ロイヤルさんに爽やかに追い越され千切られる。
雨が降ってきたかと思うと、自分に汗が滴っているだけだった。
口の中が粘っこい、なんだか脳みそが熱い。
とまあこんな感じのいつもの葡萄坂
pic20111106002.jpg

変電所で折り返して、現場へ下る。
念のためインナーに落としたまま下る。
突っ込んだガードレールに塩を撒いてみる。
トマト用のアジシオだから効果のほどは疑問。
様式というか儀式的なもの。精神の安定にはこれ、必要。
と同時に現場検証しながら色々反省してみる。
これも必要。

pic20111106004.jpg

下って、まだ天気はもちそうだと判断して
人も自転車もまばらな石川を309号まで。
ガレリアに寄ってみたけれど、やっぱり満員20分待ち。
20分待って雨が降っては、この良い流れが絶たれてしまうので
諦めてSunShipのパンで空腹を満たして帰る。
平尾峠で雨粒ひとつ。今度は汗じゃない。
今日も濡れずに帰還。
まあ、それほど降らなかったみたいやけども。
この良い流れでまた一週間いってみよー。

52km。

P.S 桃屋のCMのせいで今日のらいどぉぉんがくは怒髪天のオトナノススメ
イェイ。

今日は待ち合わせの為、6時起床。
やりゃできんじゃん。

サイクル橋にオンタイム。
長身ひろさん登場。
色々あって新車のお披露目はおあずけ。
サクっと滝畑心霊トンネル納涼コースの予定が
ひろさんのツイッター仲間がはるばる来阪されるので
急遽、11時ロープウェイ着とケツだけ決めて
じゃあついでにトンネルコースも登っておきますか。
てなわけで、二金剛コース。

観心寺で一息いれて、登り出す。
小深あたりで徐々タレしはじめて
つづら区間でスーパーインナーモードに入ったひろさんに置いて行かれる。
後ろからみると、海外選手のようなポジションと手足の長さ。
GIANTだけにヘーシンクみたい。
pic20110716002.jpg
トンネルに着いても大して涼しくない。
ので、行者湧水まで下って休憩。
おばちゃんに半ば無理やりこんにゃくを買わされる。
水も補給して、小深から登り返し。
ここも千早トンネルから一人旅。
雨降りかと見紛うばかりの汗が出る。
脚は回るが速度が出ない。

なんだかんだ言いながら上ではトマトを食う。
ここはまだトンネルより涼しげ。
茶屋のおっちゃんが「塩あるでー」出してきたアジシオは
ビンの中で結晶化してた。
アヤシイドラッグみたいに。

有名ブロガーさんや、チーム錬の方々や、老齢の孤高の自転車乗りやら
下りで、ひろさんのツイッター仲間にもちゃんと会えて
沢山の自転車乗り方々を見かけた。
私は愛想がないのではなく、人見知りなのです。
と、言い訳しておく。
自分のことは棚にあげて、
暑いのにようやりまんなーお互いさまやわー。
自転車乗りは相身互い。

石川まで下ると上の涼風はどこへやら、炎熱地獄。
これはツライ。
小腹を満たすべくSunShipへご案内。
パンを食べながらしばし歓談。
そのままSunShipで解散。

次はひろさんの苦手なトンネルたくさん滝畑へ。
でも、お盆はヤバイ…か。
パンでもカレーでも蕎麦でもジェラートでも
オプションたくさんあるでよー。
おつかれしたー。

巨乳断面図、74km。

なんでも午後から降るっててんで、いつもより早く起床。
目覚まし、携帯、テレビの目覚まし機能をフル活用。
これで起きなきゃ、寝てたほうがよろしい。

今日も登ろう、南河内。
石川CL経由で森屋交差点。
とりあえず、真っ直ぐ水越峠方面へ行く。
晴れているものの、やはり風は冷たくて日陰区間は肌寒い。
そうかと思うと、日差しの当たる沿道からは
雨上がりの草いきれで初夏の匂いがする新緑の頃。

水越峠旧道入口まで来て引き返す。
ウインドブレーカーを羽織って、グリーンロード分岐まで下る。
分岐からはまた脱いで、のっそり登る。

風が冷たいものの日の当る緩い登りは気持ちの良いもので。
ヘタレな心臓、心拍は90%前後で推移、腿裏をいじめる。
やっぱ気持ちの良い道でも
しんどいもんはしんどい。
ただ山の桜は散り始めで、桜吹雪の中を走るのはオツですな。
pic20110424001.jpg

茶屋で大休憩の後、またウィンドブレーカーを羽織って
なぜか玉置浩二の「メロディ」を口ずさみながら下る。
指切りグローブで指先がちべたい。
下ってわかったことがひとつある。
花びらも下りで当たるとすんごい痛い。
もうね、ビッシビッシ顔にあたります。
輪ゴムでペシッペシッとやられてるみたいに。

トンネル分岐まで下って、おかわり。
pic20110424005.jpg

下りで冷えたので80~90回転を維持して登る。
最後のバス停あたりからタレましたけどー。

下って石川に入る頃には暴風。
登りとさほど負荷が変わらん。
鯉のぼりが激流上りみたいに泳いでいた。
それよりなにより、見てる方が心配になるぐらいの
ポールのありえないぐらいのしなり。
棒高跳びのポールのようにね、ぐぉぉーっと。
もう釣られる鯉のよう。

とにかく腹がへったので、SunShipトロワに行こうと思い立つ。
先週トロワだったので、普通に考えてSunShipですけど
距離を稼ぐために、あえて暴風の川沿いをトロワへ。
いやーしんどい。
それに進まない。

どうにかこうにかトロワへ到着。
今日は子供乗せを自転車に装備した奥様方が
ひっきりなしに出たり入ったり。
そんな中、オーナーさんに許可をもらって
庭先で咲いているアネモノを眺めながら、パンをがっつく。
アネモネと言えば「ホテルビーナス」を思い出した。
香川照之のダメっぷりがステキ。
ココアとクランベリーのキューブのパンが美味かった。
どう美味かったかというと、すんげー美味かった、の。
抹茶パンの中にホワイトチョコが入ったやつは小さくて補給向き。
メロンパンは外のカリカリ部分も美味いが
底の部分が地味に美味かった。

強風の中、残りの帰路を粛々と消化して帰宅。
シャワーを浴びて、昼寝して。
はい、また来週~てな感じです。

んで、雨は降ったか??

95km。


明け方になんだか猫の鳴き声を聞いた気がする。
近くに住んでる黒猫のものだろうか?
その後、なんだか気になって目が冴えて、
諦めて布団から抜けだしてコーヒーをすする。
せっかく早起きできたし、
体調も昨日よりマシだし、ちょっとそこまで自転車で。

なんだか久しぶり乗ったような気がして、今ひとつしっくりこない。
と、それも15分ほどで解消。
大和川沿い、今日は追い風ターンではなかった。
朝のうちは風が遠慮がち。風も朝寝をするのだろう。
阪神高速あたりで堤防沿いから北にそれて、ちょっと寄り道。

スクアドラ、流町交差点のほど近く
今昔入り交じった住宅街の一角
アップルの発音』はい、到着。
pic20110109002.jpg

今まで見たパン屋のなかでも群を抜いて「狭い」ぶはっ。
長屋の一部屋を改装した畳2畳、一坪ぐらいの売り場。
一言でいうならアート系ベーカリー。
pic20110109001.jpg

UKカフェと同じように、パンにいろいろ想像力を刺激する
個性的な名前が付いていて、それに付帯する物語がレジ横に掲げられてます。
これも「めんどくせぇな」ととるか「楽しめてお得じゃなーい」ととるか。
少し気弱そうな青年が焼いて、マイペースな女性が販売するというコンビも
たいちろうのぱんに似てなくもない。

・箱レター(キューブ型ミニ食パン)
今日の一等賞はこれ、ウメェ。
最初、焦げ目がしっかり付きすぎてんなぁと思ったけど
中のほんのりした甘みが分かる中盤あたりからハマった。
デニッシュのようにもっと甘いかなと思ったけど
これはよい甘さ。
・白い部屋では(牛乳ベースの白パン)
オーソドックスな白パン。これもかなりストライク。
・プチタプチ(生地に赤ワイン、中にブルーチーズ)
おぅブルーチーズ、と思って構えて食べたけど
そんなに癖がなくて食べやすい。
なにより塩加減が、「何か飲みたい」と「飲まなくても大丈夫」の
ボーダーラインぎりぎりでそのあたりが小憎らしい。
生地の赤ワインはよくわかりません。

開店直後だったので、そんなに種類はなかったのが残念。
スクアドラからも近いし、大和川からもそれほど離れていないので是非どうぞ。
結構、人気みたいで、店の表でがっついていたら
常連さんらしきおばさんに「美味しそうに食べるねぇー」と声をかけられる。
そうでしょ、CMに起用したら絶対売れまっせ。
そのおばさんが手にした袋にはパンがぎゅうぎゅうに詰まっていた。

大和川に戻ると、葡萄坂へ直行。
河川敷では消防の出初め式、の準備中。
pic20110109003.jpg

今年初なので顔見せの意味でゆっくり。
しばらく見ない間になんか斜度がきつくなってませんか。
ん、首が曲がってるだけか。
逆に曲げたら楽になった。ウソ。
変電所にお参りして、裏葡萄で下る。
後はちょいとグリーンロードをかじって
向かい風の石川沿いを流して、SunShipを覗いて
PLのゴルフ場経由で帰宅。
サボり気味のペダリングだったので
ちょいと身体が冷えた気がする…反省。

64Km。


大きな地図で見る

昨日、宅配便で米粉パンが大量に届きました。
ありがとうございます。
冷凍してちまちまいただきます。

でもって今日もパンを食う。
明日香村のRustic Bakery (ラスティックベーカリー)で
噂の飛鳥米コルネをいただくのです。

先週のリベンジで水越峠を越えて行く。
残念、やっぱり調子が上がらない。
顔だけ嫌な汗をかいてるような気がする。
アップ不足?内容がスカスカだからなのか?
息も絶え絶え、這うような速度で越えていく。
バス停あたりの最後のヘアピンで、
急に空気が変わって、山のそれになる。
犬たちは鳴りを潜めて、今日は風音だけの静かな峠。
pic20101218005.jpg

下りの途中で一匹見かけたけれど、何事も無く。
いや、滅法寒い。ウィンドブレーカーでは太刀打ち出来ないぐらい。
汗をかき過ぎて冷えたのもあるけど、そろそろウィンドブレークがいるのか。
でも大概暑くなって、脱ぐとかさばるんだよなぁ~。

愚痴もそこそこに、当初の予定と違うルートに入り込んでアタフタ。
まだまだ奈良の道は勉強しなければ。
遠回りしながら169号線に出て、岡寺駅前を155号線に入ってすぐ。
Rustic Bakery。どん。
pic20101218002.jpg
名前のとおりオシャレカントリー風。

入って愕然、飛鳥米コルネがありません。
聞くと次回は11時過ぎにあがるとのこと。
しょうがないので他のパンをイートインスペースで食べながらしばし休憩。
pic20101218001.jpg
子供用の椅子があるってことは
平日の昼下がりに近くのマダム達がたむろするのかしら。

パンの方ですがコルネショックで食べたパンの名前を忘れました。
ベーコンの入ったハード系が美味かったです。
もうちょい塩気があった方が好み。クラストは良い具合。

ただ待ってるのもアレなんで、近くの石舞台まで行ってみることにする。
pic20101218004.jpg

うーん、特にこみあげてくるものもなく、
危うく、通り過ぎるとこでした。
pic20101218003.jpg
デカイ石だな…以上。俗物にはわかりません。
その後は大回りでRustic Bakeryまで帰る。
今度は焼き上がり後たくさんありました。
最近はよく見かけるようになった
注文後にクリームを入れてくれるコルネ。
冷たいクリームと温かいパイ生地が良い。
ここのは米粉使用しサクサクなのに生地がばらけず、モッチリ感を残すという
かなりハイレベルなバランスが素晴らしいかと。
クリームもダラダラと甘過ぎず、後味すっきり背筋がしゃんと伸びた好みのクリーム。
pic20101218006.jpg
これがお値段100円はおやすーい。
こりゃあ流行りますな。
ただ自転車でのお持ち帰りは難易度高し。
ある程度クリームが出るのは覚悟しないと。

満足して帰路へ。
今日は大好物の水越峠(裏)でかえりまひょ。
誰が言ったか、つづら折れを下に見るのは達成感、上に見るのは絶望感。
これで路面が良ければなぁー。
あ、あと犬も。

昼を過ぎて暖かくなってきたものの、やっぱ寒いね、下り。
それでも行きより全然マシ。
帰りにSunShipによるものの、バゲットはやはり売り切れ。
代わりにクロワッサンを食べてみる。
うーん、やや苦味が後引くな。好みの問題か。
がんばれ、オーナー!!

昨日からパンばっか食べてる気が…。
カーボローディング?そんなんしてどうすんだ。
よって、明日は休パン日。

Just 100km。