上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近はちょっとマジメ減量のせいで
小麦成分が欠乏気味。
この連休で取り戻すぜ、体重、いや小麦成分。
精白パンでもドントコイ。

4/28
坂もなんとなく登ってなかったようなので
水越峠に行ってみる。
25分とかで登れる気がしねぇ。
久しぶりに野良ワンコを見かけた。
大人しい奴だったのでお互いスルー。
登ってジレ着て下って脱ぐ、めんどくさいけど
これぐらいの気温気候がちょうどいいのよねー。

明日香村に向かう道すがら水平社博物館の芝桜を発見。
pic20130428001.jpg
ハナミズキも今が盛り。
飛鳥病院前から岡寺、ほんでもってRusticBakery
pic20130428006.jpg
コルネもいいけど春の限定の桜色のパン(名前忘れた)が
乳酸菌飲料入りのクリームが甘酸っぱく大変よろし。
石舞台の手前でそれて、進路は北へ。
噂の真相を見にいくために15号線で桜井へ向かうことにする。
pic20130428007.jpg
マルツベーカリーも日曜定休となりましたよっと。
パンの袋のデザインが可愛くて大変よろし。
デザインで味が想像出来るって結構すごいことじゃね?

もうここで本日の目的は果たしたようなものなので
惰性で北上、天理経由で25号線。
何度かシエルヴォのジャージを見かけた。
選手だろう、だってヒラメ筋が彫刻刀で彫ったような陰影だったもの。

途中で最後の寄り道。
pic20130428009.jpg
小麦もいいけど米粉もね。
だんご庄や扇屋さんのきなこに飽きたら生醤油で。
みたらしでも甘くない、オトコマエ団子。
酒のツマミになるんではなかろうかー。
お茶をいただき、女将さんとお話しながら2本食べ
5本を持ち帰り。
あの時の自分に言ってやりたい
「みくびんな、10本食えるよ」と。
ええ、瞬殺でしたよ、5本とも。

101km。

スポンサーサイト

プレッシャーがなくても早起き出来るかどうか。
目覚ましをかけずに、朝。
目覚めると朝7時。。。微妙、まさにびみょう。
起きてウダウダせずにとっと自転車に乗る。

決め打ち奈良方面。
水越峠を越えて奈良に入る。
午前中の旧道は登山客の車が鈴なり。
自転車は皆無。
奈良側へ下って明日香村方面に。

さすがに明日香村はサイクリングがご盛ん、幾つかのトレインを見かける。
RusticBakeryでお馴染みコルネ、ここでは初めて見たベルギーワッフル
爽やかな酸味のレモンクリームのパンを補給食にする。
今日のチョイスは完璧な布陣、死角なし。
pic20120909002.jpg
石舞台を通過して稲渕の棚田を横目に芋峠を目指す。
ここは以前、豪雨の影響で通行止めになっていて
まだ未踏のまま。

はい、舐めてました芋峠、ごめんなさい。
ほぼ日陰区間、車は通らないものの苔むす路面ががが。
ズルッと滑った日にゃあ怖いったらありゃしない。
斜度も思ったよりあったねぇ。
pic20120909008.jpg
下って吉野川に出ると曇ってはいるもののやっぱり暑い。
それでも川沿いを東へ、まだ行けんだろ。
370号線を東吉野村まで行く事にする。
水曜どうでしょう本隊が通ったニホンオオカミ像を
今日の折り返し地点に設定する。
370号から16号は快走路。ただ緩い下り基調に見えるのに
実はトータルでは登ってるという摩訶不思議。

pic20120909010.jpg
なんでも最後のニホンオオカミがここにいたのだとか。
『おおかみこどもの雨と雪』も最後のニホンオオカミって設定でした。
どっかにまだ居そうだけど、狭い日本、もう未開の地はないのかしら。

ふるさと村まではちょっと遠いなーと思って
166号へ合流して佐倉峠を越える。
越えるともう菟田野。
菟田野では西昭和堂でみたらし団子を買う。
実は店内で食べたかったけれど、店員さんが丁寧に包んでくれたので
そのまま持って出てきてしまった。

食べそびれてしまったので、
大宇陀で大和牛丼を食べる。
pic20120909012.jpg
牛丼は見た目ほど味は濃くない。
冷たいそうめんの椀が大葉とトマトでさっぱりして美味でした。

帰りは女寄峠を越えて、恐怖の忍阪ダウンヒル。
pic20120909013.jpg
減速帯って自転車にはやさしくない。
後はごにょごにょっと西へ走って、竹内峠で帰る。

結局140km。
帰ってからみたらし団子を食べました。
美味いよねぇ、甘くて香ばしくってザッツ日本の味。
思わずみたらし団子をアテにビールを飲もうとしたら
それはやめとけって止められましたけど。


昨日迷いに迷った奈良自転車道。
ルートラボとにらめっこしながら復習。
ふむふむ、なるほど…もう完璧じゃね?
根拠のない自信は人を狂わせる。
迷子という恥辱は人から冷静さを失わせる。

何が言いたいかというと、今日も奈良自転車道を走ってきた、ということで。

昨日と同じく竹内街道を道の駅まで行って
そこから竹内峠越え。
旧道から南阪奈道路沿いを今日は大和高田バイパスまで行く。
この区間短い急坂を繰り返す、波形のアップダウン。
惰性で行けるけれど、油断するとスピードが死んで頂上手前でアワワっとなる。
バイパス沿いは多少、砂が浮いてるもののまずまず。
高架下に踏切があったりとなかなかテクニカル。
勝目で葛城川ぞいの自転車道に合流。
休憩所には東屋と自転車スタンド。
pic20110220001.jpg
赤舗装に赤スタンドってどうなんって
やっつけ臭が気になってしまうやらしい性格。

四条町まで行って、南にそれてすぐに橿原神宮に到着。
pic20110220002.jpg
ここからボーっと走ってると、またもやごにょごにょっとロストして
気づかないうちに本線に復帰していた。摩訶不思議。
人徳?運?本能? まあなんでもいいや。

石舞台近辺をひと回りして、補給休憩。
飛鳥と言えばやっぱコルネ。
RusticBakeryに寄るとやはり売り切れ。
次は13:00の焼き上がり。(コルネの焼き上がりは8時と13時)
時計を見ると12:40。
時間を潰すつもりで近くのコンビニに立ち寄り、見つけてしまった。
pic20110220004.jpg
我が青春の味、天ラ。
正直、もう味は思い出せませんが。
しょっぱい物を食べて、次はコルネ。
塩→甘→塩→甘の魔のスパイラル。
pic20110220005.jpg
他のパンには目もくれず2本ほどパクパクっと食べる。10本はイケるな、実際。

いい具合に補給も出来て、169号を南へ帰路をとる。
好きなモノばかり食べては身体に良くない、と教育を受けたので
今日は水越峠(裏)はやめて金剛トンネル(裏)で帰ることにする。
と、その前に芦原トンネルを越えねばならず
ヒーコラひーこら言いながら大淀、吉野川まで。
pic20110220006.jpg
冬でも水面はブルーグリーン。
39号線の微アップダウンがじわじわ効いてくる。
そして気付く衝撃の事実、かなり疲労しているということに。

金剛トンネルは早々にインナーに入れてグルペットモード。
心を折るように設置されている斜度10%の看板は視界の外に置き、
眼下の風景や遠くに霞む山々を見ながら淡々と。
pic20110220007.jpg
下りは登りのフラストレーションを発散、久しぶりに快適に走れた。
観心寺~清教学園の一番荒れた舗装区間が新しくなって走りやすくなってた。

102km。


昨日、宅配便で米粉パンが大量に届きました。
ありがとうございます。
冷凍してちまちまいただきます。

でもって今日もパンを食う。
明日香村のRustic Bakery (ラスティックベーカリー)で
噂の飛鳥米コルネをいただくのです。

先週のリベンジで水越峠を越えて行く。
残念、やっぱり調子が上がらない。
顔だけ嫌な汗をかいてるような気がする。
アップ不足?内容がスカスカだからなのか?
息も絶え絶え、這うような速度で越えていく。
バス停あたりの最後のヘアピンで、
急に空気が変わって、山のそれになる。
犬たちは鳴りを潜めて、今日は風音だけの静かな峠。
pic20101218005.jpg

下りの途中で一匹見かけたけれど、何事も無く。
いや、滅法寒い。ウィンドブレーカーでは太刀打ち出来ないぐらい。
汗をかき過ぎて冷えたのもあるけど、そろそろウィンドブレークがいるのか。
でも大概暑くなって、脱ぐとかさばるんだよなぁ~。

愚痴もそこそこに、当初の予定と違うルートに入り込んでアタフタ。
まだまだ奈良の道は勉強しなければ。
遠回りしながら169号線に出て、岡寺駅前を155号線に入ってすぐ。
Rustic Bakery。どん。
pic20101218002.jpg
名前のとおりオシャレカントリー風。

入って愕然、飛鳥米コルネがありません。
聞くと次回は11時過ぎにあがるとのこと。
しょうがないので他のパンをイートインスペースで食べながらしばし休憩。
pic20101218001.jpg
子供用の椅子があるってことは
平日の昼下がりに近くのマダム達がたむろするのかしら。

パンの方ですがコルネショックで食べたパンの名前を忘れました。
ベーコンの入ったハード系が美味かったです。
もうちょい塩気があった方が好み。クラストは良い具合。

ただ待ってるのもアレなんで、近くの石舞台まで行ってみることにする。
pic20101218004.jpg

うーん、特にこみあげてくるものもなく、
危うく、通り過ぎるとこでした。
pic20101218003.jpg
デカイ石だな…以上。俗物にはわかりません。
その後は大回りでRustic Bakeryまで帰る。
今度は焼き上がり後たくさんありました。
最近はよく見かけるようになった
注文後にクリームを入れてくれるコルネ。
冷たいクリームと温かいパイ生地が良い。
ここのは米粉使用しサクサクなのに生地がばらけず、モッチリ感を残すという
かなりハイレベルなバランスが素晴らしいかと。
クリームもダラダラと甘過ぎず、後味すっきり背筋がしゃんと伸びた好みのクリーム。
pic20101218006.jpg
これがお値段100円はおやすーい。
こりゃあ流行りますな。
ただ自転車でのお持ち帰りは難易度高し。
ある程度クリームが出るのは覚悟しないと。

満足して帰路へ。
今日は大好物の水越峠(裏)でかえりまひょ。
誰が言ったか、つづら折れを下に見るのは達成感、上に見るのは絶望感。
これで路面が良ければなぁー。
あ、あと犬も。

昼を過ぎて暖かくなってきたものの、やっぱ寒いね、下り。
それでも行きより全然マシ。
帰りにSunShipによるものの、バゲットはやはり売り切れ。
代わりにクロワッサンを食べてみる。
うーん、やや苦味が後引くな。好みの問題か。
がんばれ、オーナー!!

昨日からパンばっか食べてる気が…。
カーボローディング?そんなんしてどうすんだ。
よって、明日は休パン日。

Just 100km。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。