上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

よしきたー、久しぶりのさたでーほりでぃ。
繁忙期の最後っ屁残り香が色濃いものの
休んじゃったものはしょうがあんめぇ。
土曜しか行けないところへらーいどおーん。

毎年、紫外線なんて気にしてなかったけど
この歳になって学んだ事実。
「日焼けは疲れる」

以前、ツールでミラーが日焼け止めクリームで
顔が真っ白になってたのを栗村さんがひとしきり弄ってたのを思いだした。
あの白さはヤなので、コネと泣き落としを駆使して
アームカバーの仕入れに成功。
今年はこれを着けるで。

と思ったけど何、この強風。
天気は良いからまあいいか。
荒ぶる鯉のぼり。
荒ぶる木々たち。
荒ぶる水面。

これで川沿い岳人コースは、ハイ消えたー。
近場の竹内峠萌黄コースで行きましょう。
追い風の竹内峠
越えて下って、すぐに到着。
pic201100514010.jpg
父を待つ子、ひとり。
パンを買う子連れ狼。ちゃん。
おめぇのマシン、カッチョいいな。

前に見たスティックパンは残念、ありませんです。
今日のイチバンはオトナのレーズンパン。
レーズンがうまい。いや、生地もウマイ。
でもやっぱりレーズンがウマイ。

pic201100514011.jpg
バラのある公園でパクついて

pic201100514012.jpg
荒ぶる鯉たちを眺める。

帰りは車で荒ぶる山麓線を通って
久しぶりに水越峠(裏)でまとめる。
名柄郵便局から旧道の入り口まで。
名柄交差点で曲がるより、やっぱりこっちがステキ。
旧道に入ると、今日は野良犬をちらほら見かけた。
吠えてきたら、ボトルの水をかけるべく
ボトル片手に戦闘準備をしたけれど、いたって大人しいというか疲れた犬ばかり。
今日は一段と緑が鮮やかに見える。
そんな水越峠。

裏が終われば、次は表。
表の旧道区間だけ登り返すx2。
pic201100514013.jpg
なんだか昭和のグループ交際みたいな感じの
若い男女の自転車集団が上がっていった。
蛇行しながら登る女の子たちを男子が一緒に登りながら励ましてた。
楽しそうだ。

石川CLまで出て、また竹ノ内街道まで行って
Panoにちょっと寄り道。
Panoも日祝定休日なんで、土曜ぐらいしかチャンスがない。
安い、美味い、デカイの白パンは残念ながら既に完売。
まあ、昼を過ぎたらそうなりますわな。

帰ってアームカバーを外すと寸足らずで
グローブとの隙間だけ焼けていた。
赤いシリコンバンド着けてるみたいに。

76Km。
スポンサーサイト

「昼から雨が降ります」
TVの可愛らしい女性気象予報士が確かにこう言った。
確かに聞いた。
「昼から」が「昼頃」かもしれないし
「雨」が「雪」だったかもしれない。
でも。午前8時を昼とは言わない。
猫のタイムテーブルだと昼かもしれない。
まあいい、何が言いたいかというと、
またしても雨にフラれた、ということ。

7時半頃に出て、大和川堤防を行く。
朝の川辺の空気は冷気で張りつめているものの
風もなく身体があったまれば全然平気。
ただ鼻水が…ズズっ…。

途中で後ろからヤル気満々やってきた、Speedの列車を見送って
ガタガタ橋まで来たときに、雨粒ひとつ。
とりあえず、それには気付かなかったことにして
石川の土手を進むけれど、やっぱりダメダメ、雨だねこりゃ。
臥龍橋のあたりでSpeed列車も止まって、ごにょごにょご相談の様子。
私も、諦めて古市経由で帰路へ。

小雨にかこつけて、途中キルワニさんご推薦のPanoに寄り道。
最近気づいたことだけど、寒い日だと、天気が良くても
いつも売り切れのパンにお目にかかれることが多々ある。
やはり気温の低い日は出足が鈍るのだろう。
pic20110115002.jpg

ということで、今日は売れ線の米粉ブレッドを焼き立てで入手。
ねじねじ棒でハンドルにくくりつけ、
後は本降りにならないうちに、えっほえっほ。
道すがらのエルオーブンのプリンデニッシュも、と思ったけれど
雨あしが強まったので今回はスルー。
yum-yumのものより美味い、と思う。

米粉ブレッドは持ち帰り方が持ち帰り方だけに
帰宅したら、くた~っとなってたけれど
クラムの食感はもう餅とそっくり。
その分クラストがやや頼んないので
しっかり焼いてマーガリンと塩を落として美味しくいただきました。
pic201101150001.jpg
なによりそれ以上に腹持ちが良く、幸せな満腹感を味わえた。
雨のおかげで買えたと思えば、まあ気象予報士にも腹が立たない。
日々是好日。満腹が地球を救う。

24km。

どうやら年末年始の天気は良くなさそうです。
寒波で大荒れ必至。
そんな谷間の本日は太陽が望める貴重な日。
ちむ氏が段取りを付けて、キルワニさんと遊んでもらうことに。
それが決まったのが前日の夜ってんだから、
やっぱり師走は何事も慌ただしいのだ。

目的地も決まらぬまま、とにかく集合。
風は強いが、まあ大丈夫。
でも集合そうそうかなりの大きな破裂音を響かせて私がパンク。
目的地の相談しながらせっせとパンク修理。
(ビードが緩く、リムにキチンと収まらずチューブが裂けていた。。。)
お待たせいたしやした。

とりあえず、牛滝方面ということで出発。
するものの、風に惨敗、心も折られて滝畑ダムへと妥協。
もとい、勇気ある撤退。
花の文化園経由で、ちむ氏をアシストしながら谷沿いを行く。
すっかり冬の粧いの山々に紅葉の頃が懐かしい。
日の当たるバイパスを一気に登ってダムまで。
坂を登りながらキルワニさんのライディング講座の受講生ちむ氏。
色々教わって、楽に登れるといいね。

食堂前まで行ったものの、やっぱりすでに年内店じまい。
自販機までもシャッターの中。
トイレ休憩中に雪が降りだして、吹雪の中わーきゃー言いながら
雪雲を追い抜いて、晴れ間区間にエスケープ。
pic20101229002.jpg
ダム入り口まで戻って断崖の地蔵像探し。
晴れ間も覗いて、みんなで目を皿のようにして捜索する。
「あったー!!」とみんなで見つけてギャハハ。
誰も手を合わせたりしない無信心モノ3名様ご一行。
大仏とかも「おっきぃなー」っていうだけでしょ?
『見るものにして尊ばず』ってやつ。

河内長野まで下って、ラーメン食べながら休憩。
ズルズル、ごちそうさま。
ここからは追い風に乗って、キルワニさんに
オススメベーカリーまでご案内いただく。
ハイペースで牽く後ろ姿を見ながら、
小さいこの女性のどこにこんなパワーがあるのか、素直に凄いなぁと思う。
『山椒は小粒でもぴりりと辛い、大きなナリだがおいらは甘い』まさにそれ。

着いたところは、羽曳野Pano
オススメの米粉ブレッドは残念、売り切れ。
モチモチ感が半端ないんだろうなと勝手に予想。
pic20101229003.jpg

白カレーパンがウマイ。
揚げてるタイプだけど、外のカリカリ感がたまらん。
ザクッとトンカツを切った時のような音が歯を伝って頭の中で響く。
中のカレーよりも外の印象が強かった。
もちろん中身もウマイけど。
バタールも半分にカットしてもらって、その場でがっついた。
気泡はやや大きめですが、顎破壊の噛みごたえが好き。
クラムの水分は少なめの方かなぁ~。
今もこれを書きながら、何も付けずに食べてます。ウマ。
一緒に店外ベンチでパンを食べて店の前で解散。
寒いし風は強かったけど、山椒女子から色々パワーをいただき、
勉強にもなった一日でした。
またよしなにどうぞ。

70km。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。