上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒くなってきたことをいいことにおでん嫌いを克服しつつあります。
大根2本分を入れてゆっくりしっかり炊いて、柚子胡椒で。
以前TVでマツコDXが「旬のものをしっかり食べてると病気なんかしないわね!」
と言っていた意味がよく分かる。
なので、みかん5kgを一週間で食べきってやる。

久しぶりに牛滝方面へ。
12月っぽくそれなりの重装備で出る。
風は優しげなのでお守りの折りたたみのウインドブレイカーは出番なし。
コストコが出来るとか出来ないとかの岸和田和泉インターチェンジ付近。
そうなると交通の流れというか、質が変わってしまって
いつも使う道なので自転車的には戦々恐々とします。

内畑からぼちぼちと。
タイミングよく気持よくついて行けそうな自転車を見つけて
気持ち悪がられない付かず離れずの距離を保ちながら。
今日は千葉から戻ってきたZONDAで出たのだけれど
千葉に行く前より調子がいいみたい。
この間オーバーホールしたのもあるけど、千葉でしっかり揉まれてきた…のか。

と油断してると、激ヤセ(?)してすっかり気づくのが遅れて
見逃しそうになったユッキン氏と対向。
イヨッキュさんたちと小径車で葛城山ですか、
そんなの私には罰ゲームにしか思えませんよ。
またねー。
pic20121202010.jpg
大威徳寺の紅葉は見頃も終わったご様子。
今年は見逃しました。
下って、射撃場経由で塔原~蕎原方面へ。
このあたりでキルワニ列車と遭遇。
多分、あの人笑ってた。あのアップダウンで。

思いの外、ZONDAが良い感じなので、そぶら山荘はすっ飛ばして
そのままアップダウンをやっつけて貝塚へ。
行っておくリストを消化するために貝塚市役所前。
ががが、お目当ての店は日曜定休。リサーチ不足、まあ人づての情報なので仕方ない。
よろしい、ならば汁物だ。
紀州街道を出たり入ったりして岸和田へ移動。
ここまで補給なし。
すっかり空腹でたどり着くと
昼の部終わってた…。
14:00終了、着いたのが14:15分。
よくあるパターンとは言え、このタイミングで…ぐぬぬ。
よろしい、ならばパンだ。
またも向かい風の紀州街道経由、浜寺公園Breadioまで移動。
15時のバゲットの焼き上がりにどんぴしゃやーんと思ったのも
つかの間、ほい、休みー。ぐぬぬ。
pic20121202009.jpg
赤く光るバツじるし。なるほどなるほど。

3連敗で弱気になってとうとう鯛焼き花あずきに電話を入れる
「鯛焼きの取り置きをお願いします…」
負けを認めて安牌に走る、冬の寒空がそうさせる。
30分後、無事にアツアツウマウマにありついて人心地。
pic20121202008.jpg

今日も補給のために走った、そんな一日。

80km。
スポンサーサイト

盛大に寝坊する。
セットしておいた記念品の目覚まし時計は沈黙したまま。
もしかしたら鳴って、知らないうちに止めたのか。
あやふやなまま、乾電池を入れ替える。
試しに鳴らしてみると、びっくりするくらいの大音量で鳴る。
うん、これで少なくとも止めたか止めてないかははっきりするはず。

だもんで、昼前にフラーっと自転車に乗る。
先日直ったはずのクランクあたりの異音がぶり返して
不愉快なことこの上なし。
天野未舗装素敵街道を抜けて、金剛寺から170号を西へ。
ダンシングすると鳴ったり鳴らなかったりする
異音にテンションだだ下がり。
内畑から牛滝方面へ向かうも、終点まで行かず
射撃場から塔原バス停へ。
このあたりからもうお腹が減って辛抱たまらん。
いつもなら、なにかしら入っているバックポケット真ん中にも
今日は入っておらず、不覚。
葛城山塔原ルートも途中で辞めて、下りだす。

下って下って東岸和田まで出て、カレーにありついて、やっと人心地。
2012-06-02 13.44.28
女性オーナーが一人で切り盛りしておられた。
豚バラのカレーは舌に優しいのにスパイシーで毛穴に直接効く辛さ。
豚バラはほろほろと口溶けの良い肉感と、旨味がギュギュっと詰め込んだ感じ。
それより自家製ジンジャエールが非常に困る、というか不思議。
白濁した見た目に炭酸なしなのに、炭酸以上に舌で弾ける生姜の味わい。
これを美味いというほど、長年親しんだジンジャエールの固定概念から抜けだせず
さりとて、不味いというほど私のジンジャエール的経験値は高くない。
好き嫌いの判断を留保するこの味わいはどうなの?どうなの?

幾ばくかの納得の行かなさに後ろ髪ひかれながら帰路を北上。
Breadioのバゲット焼き上がり15時にちょうどいい時間だったので
浜寺公園へ寄り道して、バゲットをピックアップ。
スタッフも増員されたようで、毎回活気を増していて喜ばしい限り。
カレーもパンも細腕繁盛記的なストーリーが見え隠れすると
やっぱりなんとなく足が向いてしまうし。
ま、それはそれで思うつぼなんだろうけど、いいやね、それで。
PhotoGrid_1338637344310.jpg

70km。

良くも悪くも一年経ちました。
「こっからこっから、ガンガン生きよう」…島崎三歩。


ガンガン生きようとするならガンガン食べよう。
ってことで、ふらーっと浜寺公園、Breadioまで。
途中で財布を忘れて、激しく意気消沈。
これほど面倒くさい復路があろうか。

しかも道の選択を間違えたのか、
いや、道はあっているのだけれど、めぐり合わせが悪いのか
信号にことごとくひっかかる。
手前50メートルで無情に黄色に変わる。
このいやらしさは何かの示唆を含んでいるのか。

今日は12時ちょうど着。
クロワッサン、デニッシュ、メロンパンをいただく。
自転車ウェア姿の印象が強烈だったのか
この間のバゲットの感想をオーナーさんに聞かれたので
正直にお話しした。

昼時をいいことに、ハマコーで食す。
今日の一等賞はクロワッサン。
鼻呼吸の幸せ、ああウマス、いや、もはやエロス。
ショコラデニッシュはもはやナイフとフォークがいる代物、いや良い意味で。
軽やかなパイ生地層を如何に屑にせず食べきるか、
食べ方の美しさを求められ、育ちがバレそうな雰囲気。
ちなみに私はハトがガンガン寄ってくるぐらいこぼした。
イェイ、そんなのキニシナイ。
pic20120311002.jpg

徐々に強まってきた風には気付かないふりをしながら
北上しての帰り道。
大浜公園には、見慣れない紫色のテント。
サーカステント。
伊坂の重力ピエロと奥田英朗の空中ブランコしか思い浮かばん。
後、ロザリンとライオン。
家族連れが楽しそうに行き交うテント前。
pic20120311003.jpg

途中で寄り道して花あずきにもよってみるけれど
案の定行列を確認したので、そのままスルー。
もはやおいそれと立ち寄って買える雰囲気はなさそう。
商売繁盛、それもまた良し。

310号線から西高野街道に入って珈琲豆補給へ。
最近知ったのだけれど、私が普段、西高野街道と呼んでいるルートは
明治時代に新設されたもので、それ以前のものはもっと入り組んでいる
別ルートらしい。
だからなんだよーって言われると、それもまあ困るんだけど。

今週の豆はサファリMIX。
旅する象、恋するキリン、睥睨する獅子、アフリカの大草原な味。
それってどんなんだよーって言われると。やっぱ困るんだけど。

44km。

昨日からGoosehouse UST LIVE の影響で
頭の中でAKB48の「フライングゲット」がオートリピート。
AKBだからと言って侮ってはいけません。
アレンジ一つで麻薬的に火薬的にズドンと来るのです。
要は大根一本、どのように料理するかってことで。
自転車も一緒だろ、と自分を慰めつつ鼓舞しつつ今日もらいどぉぉぉん。

ローテーション的には今日あたり金剛方面なのだけれど
まあ、昨日の寒波で無理なのは明々白々なわけで
そうなると、滝畑牛滝あたりで手を打つことになる。

午前中に出発出来たので、牛滝方面へ走る。
登る自転車、下る自転車、行き交う内畑交差点から。
久しぶりに後ろに張り付かれた状態で登らされたので
結構しんどい。
最後の駐車場前も頑張って踏ませていただいた。
バス停で振り返ると、ウィンドブレーカーをはためかせながら
すでに下っていく後ろ姿を見送る。
pic20120219003.jpg
貼り付いてたのが人間で良かった、最近は人外を後ろに載せてる気がしてたので。

下って、登ってそぶら山荘へ移動。
もふもふうさぎ、健在。
pic20120219005.jpg
店内ではオジサマたちがギターを爪弾きながら
賑々しく歌っておられた。
焼きたてのもっちりしたシナモンパンをつまみながら、耳馴染みのない歌を拝聴する。
GibsonのJ-45なんかもあって、もっとジャカジャカかき鳴らしてくれんかなーと
薪ストーブ前で期待しながら聞いてたのだけれど、
どうやらそういうのとは毛色が違ったみたい。
でも、みんな楽しそうに演奏してました。

帰りはいつもの木積からルートを外れて、紀州街道まで出る。
の予定が、マラソンの交通規制がまだ終わってなくて
貝塚市街あたりで迂回させられる。
知らない町を知らない道で。

岸和田あたりから規制解除になったクサイので
旧26号線&追い風でスピードアップ。
やって来たのは浜寺公園駅前、ニューカマー、Breadio
pic20120219007.jpg
ががが、店内、ほぼパンがない。
聞いてみると、30分後ぐらいにバゲット他、順次焼き上がるらしいので
それを待つことにして、勝手知ったる浜寺公園周りを走る。
幼少の頃は浜寺水練学校に通ってたので、このあたりを飛びまわって遊んでいたのです。
立ち泳ぎしながら六甲おろしを歌いました。
今じゃ、考えられないようなスパルタ水泳教室だったなぁ。
水路をぐるっと回って、野良猫と遊んでたら時間になったので
戻って、パンをピックアップ。
バゲットに反応した私を見て、オーナーさんが取置きしていたのが嬉しかった。
5,6本並んでいたのだけれど、どれも毛羽立ちが少なくて
丁寧に作っておられるなぁという印象でした。
おまけに、ここのオーナーさん、美人さんです。
男子諸氏、それだけで行く価値あるかもです。
今日はハード系メインだったので、次は白パン系の柔らかいやつを食べてみたい。
pic20120219009.jpg
バゲットを背中に差して、水路周りをもう一回りして帰路につく。
遊んでくれた猫はもういない。出会いは一期一会。
それにしてもいい天気じゃないか。

なんだかんだで87km。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。