上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はオカメ氏とふーじぃさんと高野山へ。
ふーじぃさんは新車のお披露目、かなりマッチョなキャノンデールに。
20131013007.jpg
極太ダウンチューブ。

朝に河内長野駅に集合すると金剛山行きのはるお君もお見送りに来てくれてた。
久しぶりですなー。
昨日までの暑さが嘘のようにひんやりした空気。
三日市町駅ではるお君と別れて
ほぼ日陰のトトロ街道を抜けて紀見峠へ向けて登坂開始。
20131013000.jpg
ほい、完了。

紀の川に出て九度山町で休憩。
このあたりになるとやっと日が登って徐々に暖かくなってきた。
では本日のメインへ行きましょう。
高野山の九度山ルート。
矢立茶屋までペースを作って淡々と。
ま、道の変化が乏しいので途中で飽きるけど。
矢立茶屋でやきもち休憩。
20131013001.jpg
花坂からはところどころ片側交互通行の信号で長い車列で渋滞気味。
青になったと同時に飛び出して行くオカメ氏。
こうなると手が付けられないので背後に貼り付くだけでイッパイイッパイ。
スピードに乗ったオカメ氏は渋滞もする抜けてどんどん上がって行きましたとさ。
すり抜けスキルの低い私はふーじぃさんとおとなしく気長に渋滞に巻き込まれておきました。
20131013002.jpg
ここから快晴で陽射しはあるものの風が冷たい。
汗も冷えてウィンドブレーカーは必須アイテム。
ほんじゃま、昼飯だ!ということでオカメ氏とふーじぃさん御用達のとんかつ屋さんに向かうけど
はい、やすみーズコー。
ほんならまあミッチー中華に行きますかー。
20131013003.jpg
三人仲良く唐揚げ定食。
どノーマルな胸肉の唐揚げ、懐かしさを感じました。
唐揚げよりもおばちゃんのかるくパーマがかった
髪の毛の色が鮮やかなパープルだったのが印象的。
千林商店街だけではなく高野山にも生息しているらしい。

こっからこれでもかの下り一辺倒。
花坂から370号線に入って紀美野町へ。
下りで風もあるけど、もう暑い。
朝のひんやりした空気の気配さえない。
下って下って橋を渡ってちょいと登って到着、家族連れで賑わうキミノーカ
ジェラート食べるには丁度良い気温になったし結果オーライ。
20131013008.jpg
ペペローネロッソ(赤ピーマン)と柿ソルベのダブルで。
濃ゆい濃ゆい味わい。
苦味はちゃんとあるので最初は???だったけれど
ペペローネロッソは食べるほどにハマる。
出発前に水を補給してもらって
「気をつけていってらっしゃーい」とお言葉をかけていただいた。
こういうのは些細なことだけどちょっと嬉しい。

帰りは鍋谷峠と決まってふーじぃさんセレクトの帰阪ルートで。
まあこれが9%の直線登坂がいきなりどーんと来て
思ってた以上にきびしー。
でも山田ダム周辺は良い道でこれも結果オーライ。

鍋谷峠入り口付近でふーじぃさんがパンク。
脚がピキピキし始めてたのでこれ幸いに修理休憩。
ストレッチストレッチ。
ここでもオカメ氏アタック。
アウター縛りの後ろ姿を見ながら柿えもんで休憩。
いつでも脚がつりそうな感じ、この感覚は久しぶり。
鍋谷峠へ到着する頃にはもう夕暮れ、辺りも暗くなってきた。
20131013006.jpg
下っていつもの槇尾のファミマで小反省会をして
このあたりでふーじぃさんとはお別れ。
おつかれしたー。
オカメ氏ともう一丘、南楽園を越えて本日の行程終了。
おつかれしたー。

170km

スポンサーサイト

年内最後の千葉山と緩い計画をしていたのだけれど
勘違いとかなんだかんだでオカメ氏達と自然薯を食べに行く事に、
はい、参加させていただきやす。
朝に弱いすず虫、ひいては集合時間を守らないすず虫の印象が
定着するのはいただけないので、オンタイムで集合場所へ到着。
でも、どうやら集合に一番遅かったのはすず虫でした。

オカメ氏、ひろさん、ふーじぃさん達とまずは鍋谷峠をやっつける。
路面は濡れて寒々としているものの、寒さは鍋谷としてはまだまだ。
絶賛増量中の影響か、汗がキャップのツバからポタリポタリ。
pic20121216001.jpg
ウインドブレイカーを着込んで、久しぶりの裏鍋を下る。
四郷トンネルの高速区間を堪能。登るのは嫌になる見通しの良さだけど
下るには持って来い、楽しす。

麻生津のコンビニで一息入れて、紀の川沿いの平坦区間。
目的のお店が既に開店した焦りのせいか、この区間が滅法速いです。
盛大に脚を使って付いて行くのが精一杯です。
おかげさまであっという間に到着。
見た目は座敷牢みたいだけど、自然薯茶屋からびな。
pic20121216005.jpg
ががが、時間が悪かったのか、人気店なのか生憎満席。
門前で4人で待つ。4人だから間が持つけれど一人じゃ無理。
お客さんの年齢層は結構高め。
自然薯ってじゃがいもの仲間?何気なく聞いてみたら鼻で笑われた。
アホがバレてしまった待ち時間。
脳内の画像イメージはキャッサバの親戚みたいなもんだろうと。

店内に案内されて注文しからも結構待つ。
まあ、4人だからOK。
それでも待ってる内に、空腹感はどんどん高まって
とろろ蕎麦とミニあんかけ玉子丼が来たら
写真を撮るのも忘れて私はすぐにがっつきました。
pic20121216004.jpg
美味しくいただきました。ごちそうさまでした。

復路は向かい風の紀の川沿いを東進して紀見峠へ。
これでも本日のパックでは一番若手なので
向かい風の先頭を、はい!喜んで!の精神で。
その精神も止む気配のない強い向かい風に
九度山あたりでぽっきり折られて
橋本からはお仕事終了で最後尾に。

紀見峠は先行するオカメ氏を奇襲する作戦で
息を殺して肉迫するも、簡単に気づかれて突き放される。
あえなく作戦失敗。
下りの北側斜面は寒い。このあたりは既に凍結防止剤が撒かれていた。

ふかふか落葉なトトロ街道を繋いで、三日市から高野街道で河内長野で解散。
ここ最近の厳寒や雨が嘘のような自転車日和だった。
ありがとうございました。

117km。

今日はヒッサしぶりの鍋谷詣。
あまりに久しぶり過ぎて軽く道を間違える。
今日が運動会の小学校も多いようで、
普段車が止まってないような路肩でまで車列で埋まってたり。

近いようで遠い鍋谷峠。
近場で金剛山や、水越とか路面が良くて
道幅もあって登りやすくて下りやすいところがたくさんあるし。
それでもやっぱり師匠格のオーラというか風格はなんとなく感じる。

ところどころ路面が新しくなっている箇所もあったけれど
全体としては前のままの印象。
前からはぱらぱらと自転車が降りてくる程度。
その3倍ぐらい車の行き来があって、なかなかどうも。
両側からせり出した緑が濃くて、森林浴気分。
非花粉症万歳。

看板前で小休止して、今日はもうちょい登ることにする。
三国山レーダー塔まで。
冬は冬で雰囲気は良いのだけれど、
命の息吹が色濃い、5月だとまた違った風情というか
緊張感があるわけで。
アブだかハチだかブンブン、10%の急坂の路面には
大ミミズだか、ヘビだかの死骸が。
両脇の草むらからはガサゴソ何かが動く音と気配がする。
ザッツヒルクライムアドベンチャー。

針葉樹の赤茶けた落葉が道の両端と真ん中に集まって
さしずめ路肩とセンターラインの様だ。
中盤の急坂の繰り返しで、きつくなった時に
あえてニエベのダンシングのモノマネなんかしながら。
やや前荷重で腕は伸ばしたまま、
バイクは振っても頭、上半身は振らない。
まあ、余計に疲れたっていう、やる前にわかりきってた結果は置いといて。
いつも心に遊びしろを。

2012-05-27 13.19.38


本日のちまこっぴ。
着いた瞬間から、アブだかハチだかにブンブン追い立てられるので
休憩もそこそこに帰ることにする。
PhotoGrid_1338120637890.jpg


鍋谷と言えば泉北堂だろ、って言うのは
帰宅ルートに乗っかってるから。
インドカレーパンはいまひとつだったけれど
クリームパン、極の生クリームパンは不動の旨さ。
ホントはバゲットをピックアップしに
浜寺公園まで出るつもりだったけれど
素敵マダムのお店は本日休みだった。
そして今日飲んだ桜サイダーは微妙、かなり微妙。
でも、また飲みたくなる不思議なテイスト。
ニッチな味を追求するチェリオ、いいね。

70km。

気付けばブエルタが始まっちゃってるじゃないか。
まだ8月なのに。
カヴちゃんは早々にやんぴ。
土井ちゃんが逃げた時は興奮した。
栗村さんはもっと興奮してた。
キッテルもサガンも早々と勝利。
ワンダーボーイだねぇ。

今日は既にお馴染みガネーシュへ。
先行して出発していたひろさん@王子を追いかける展開。
今日は鍋谷越え。
っと、その前にいくつかのアップダウンをこなさなければ。
天野街道は未舗装だけど木々の日陰が続いて気持良か。
朝の散歩の方々の邪魔にならないように、ゆっくりと。

メモリアル峠を越える頃に一雨ぽつり。
まあ、そんなに降る様子はなかったです、この時は。
鍋谷峠は相変わらず。路面はウエット。
最初のコンクリの壁(板チョコみたいなやつ)が出てから長かった。
ひとりふたりと対向した以外は、車も少なく今日は静かめ。

裏鍋は楽し。
pic20110827001.jpg
下りながら雨がザッと。
通り雨ぐらいだけど、一番速度が乗るトンネル辺りで来たので
焦った、というか痛かった。なにが?いや雨粒が。
このあっとギャフンと言わされるような広域農道ならではのアップダウンをやっつけて
ガネーシュへ到着。
先着予定のひろさんは途中で迷子になってちょうど良い具合に同着。
お一人様ではなく、お連れのスキンヘッドさんにもごあいさつ。こんにちはー。

予定通りキーマカレーで。
相変わらずの結構なお味。
チャイも飲んでごちそうさまでした。
鉢の市で鉢がいっぱいあったけど、彼も売り物。
pic20110827002.jpg
5200円也。

帰りは橋本から紀見峠へ。
と、パンクあり(ひろさんが)豪雨ありで大変な道のり。
九度山でゲリラ豪雨に遭遇して、一時間ほど足止め。
もうゲリラというか正規軍の勢い。
小雨でなんとか紀見峠までたどり着くも
私の脚は紀見峠手前で終了。
先行するお二人をお待たせしながら登る始末。
どーもさーせん。

雨の走行もたまにはいいかも、と思ったけれど
後に残った自転車メンテを考えるとゆーつ。
夜中に小人がやってくんねぇかなぁー。

118km。

連休最終日。
明日のことは考えまい、昨日のことは振り返るまい。
今を楽しむべく、今日もらーいどおぉーんんん。

とは言うものの、本日ノープランで
とりあえず生中ならぬ石川CL。
も、やめて河内長野へ出て、なんとなく紀見峠へ。
桜はとうに散ってしまい、次はツツジか。
pic20110505010.jpg

相変わらずの紀見峠
何も無い、誰もいない。
だけどそれがイイ。
ダァーッっと下っていつもの紀ノ川。
4月は桃色だったこのあたりも既に緑へ衣替え。
光合成、頑張ってくれたまえ。
追い風に誘われてふらふらと西へ西へ。

麻生津大橋で一息入れて、また西へ。
このあたりから頭の中は昼飯の算段でいっぱい。
やっぱカレーかなぁと思いつつ、ふと思い出す。
紀美野のかみ公園まで行けば
ドーシェルのパンもガネーシュ印のカレーも食べれんじゃね?
はい、即決。

柿の九度山、桃の桃山町を抜けて快調に貴志から国木原へ。
そして残り2キロでいつもの登りにやられる。
いやぁ、しんどい。
公園もドーシェルもなければ絶対登らねぇ。
ひと通り、ここでは絶対書けない悪態をつきながら
はい、到着。
pic20110505012.jpg

もう、すっかりレジャースポットになってしまった感がある。
なんというか、パン屋と言うより、カフェの方に
比重がより増した気がするのは気のせいか。
利益率を考えれば、まあねぇ、というとこでしょうか。
ミニフランスが既に売り切れでなかったので、ちょっと機嫌が悪いだけです。
さーせん。

細かいことはもう置いといて、あるものを買い込んで公園へ移動。
こちらも大盛況でカレーなんか長蛇の列。
それを眺めながらパンを食べれば、あら不思議、お腹いっぱい、はい満腹。
カレーは諦めて4号線へ下りかけると、はいまたパンク。
またここでは書けない悪態をつきながらチューブ交換。
修理パッチを持ってないので、最悪の事態を考えて
人通りや店の少ない4号は辞めて、また紀ノ川で帰ることに。
紀ノ川では色んなものが飛んできます。
虫とか虫とか虫とか。
たまにパラグライダーとラジコン飛行機。
pic20110505011.jpg
高いところが平気ってのは、これはもうひとつの才能だと、思う。

また麻生津大橋まで戻って、ホームセンターでチューブはないのでパッチを購入。
これで通常パンクならなんとかなるッショ。

なもんで、脚を売りきっちゃうべく裏鍋(鍋谷峠和歌山側)で帰る。
広域農道分岐あたりが本日の100キロ地点。
色んな猛者たちに抜かれながらも自分のペースを守り淡々と。
大阪側より楽な印象なのは、眺望がひらけてるからか路面のせいか。
いや、速度のせいだ、そらそうだ。
pic20110505013.jpg
工事予告。
大いにリフレッシュしてくれたまえ。
私のリフレッシュ期間は本日にて終了。
あーうー。

146km。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。