朝ドラ「ひよっこ」に感化されたワケでもあるまいが
洋食を食べたいなーとyoshiと意見の一致をみたので、
それじゃあひまわりだねぇということで目的地は決定。
ただ裏金剛の麓、五條のお店に11時なら、金剛を越えるには時間が早いので
ここは逆回りで紀見峠を越えていくことにする。

二人で高野街道を南下していく道すがら、道路向かいで信号待ちする見知ったお方が。
ふーじぃさんでした。
ふーじぃさんとは大和川やら竹内街道やら裏金剛やらyumyumやらと、色んな所でお会いする奇縁。
既に葡萄坂をやっつけて、ランで膝が痛いと言うふーじぃさんを
ドラクエ的に仲間に引き入れて紀見峠へ出発。
我々のブランクを埋めるには、とにかく走り込むしかないやね。
聞くと、ふーじぃさんは月間1200kmを走るという。
ここまでは行かずともせめて半分は行きたいな。
継続する努力の前には、素直に頭が下がります。

いつもの遊歩道をゆったりペースで行くと、途中に通行止めの立て看板が。
まあ、行けるところまで行こうとしますが、やはりバリケードで完全封鎖。
大人しく引き返して、しぶしぶ371号線へ。
こちらで登ることはほぼないので、距離感というか勝手がわからない。
感覚が引き伸ばされて、だいぶと疲れたなぁ。
トンネル前の分岐を峠の方へそれて、やっと一息。
舗装がやり直されて、キレイになって走りやすいです。
20171002224827270.jpg
とび太君三人揃い踏み。

ここからは足早に。
京奈和のおかげか、すっかり交通量が減った旧371号をズドンと紀ノ川へ下る。
コンビニで小休止の後、紀ノ川対岸に渡り、yoshiのお気に入りの55号線を走る。
東行きは登り基調&向かい風なのね。
それに気付いているのか、いないのか、誰も前に出ず、yoshiも大人しく後ろを付いてくる。
よろしい、このまま行きましょう。

目的の五條のひまわりには11時半着。
おっと、既に満席。
よろしい、少し待ちましょう。
三人だと間が持つというか、話しているとあっという間ですね。
ささ、食べますよ。
20171002224906327.jpg
ハンバーグ・カラアゲ。ポークヒレカツのDセット。
特にヒレカツがたまらんです。
ご飯はおかわり自由だけど、ここは自重。
すぐ目の前には裏金剛。登らねば帰れぬ。
食後の運動にはちとキツいですが、仕方ありません。

ふーじぃさんの背中を見送って、後ろを振り返ってみてもyoshiの姿は見えず。
三者三様の腹ごなし。
道端のカウントダウンの標識を数えながら、数字が減っていくのを唯一の楽しみにしながらクランクを回す。
最後の「5」辺りの看板でアウターに入れようとするも、無念アウターに変わらず。
最後の締りもなくふーじぃが待つ県境に到着。
yoshiの到着を待って、3人でダウンヒル。
バタバタと肩口ではためくウインドブレーカーの音が、もう夏の終わりを教えてくれるようで。
プラザ阪下でふーじぃさんとお別れ。
次はもうちょっと走れるようにyoshiと共に鍛えておきます。
そんな決意とは裏腹に二人になった途端、スローペースで帰路を消化する。
こんなドラクエ的ばったり感を期待して、また走ります。                        

本日もGF吉野への脚作り。
体調の戻ったyoshiと先週に続きちゃまくんの三人で。

昨日の飲み会のダメージが胃に残っていて、なかなかの嘔吐感。
不惑も眼前に迫ると、大丈夫と思っていても残りますねぇ。
びろうな話、上も下も出るもの、出やしない。
誰だ、最後に唐揚げ頼んだヤツは…
こんな感じで、時折食道が熱くなるのを感じながら金剛RW方面へ。
道中の平尾峠ではyoshiが頑張ってパックを活性化させる。
ちゃまくんもノセられて、我々をダッシュで抜き去って山岳ポイント獲得。
「今までで一番しんどい平尾峠やったわ…」とはちゃまくん談。
yoshiのアップに付き合ってもらってありがとうございます。

いつもの道で森屋交差点へ。
最初は嘔吐感が抜けず、yoshiのペースで。
斜度が上がって、yoshiが徐々にペースダウンしてきたので、その後はちゃまくんと。
トンネルの分岐まではアウター&ダンシング多めで。
バイクを振るやつ振らないやつ、体を立てるやつ立てないやつ、色々ね。
トンネルからはインナーでシッティング多めで。
カカトでしっかり踏もうキャンペーン実施中。
そうこうしているうちに嘔吐感も、脳内から変な物質が出ているのか何処かへ消えた。
その効果と序盤の貯金で道中タレることなく。
ちゃまくんも、キッチリ最後まで頑張って東屋着。
集中力が切れたせいか、yoshiのお迎え業務の入った頃に、また嘔吐感がぶり返す。
脳内物質プリーズアゲイン。
と、そう上手くいくはずもなく、あー気持ち悪い。
20160529190428372.jpg
緑が濃い、気温20度ほどの東屋から。
道中、日陰のシャガが咲いていたあたりから鈴蘭かな、すこし薫っていました。
20160529190230117.jpg
なんだかカロリーオフではないような気がするメッツを、ちゃまくんのおごりで。
あざーす。

ここからyoshiは普段では絶対行かないであろう、金剛トンネルへの登り返しを快諾。
ちゃまくんがいるからだな、きっと。
気が変わらないうちに行きましょう。
まあ、ここはゆっくりとね。
20160529190306241.jpg
オーバーホールに出していたレーゼロ、調子良いっすよ。
びゅびゅっと下りましょうか。
私は先行していて見ていないのですが、ここでもyoshiとちゃまくんの静かな駆け引きがあったようで。
yoshiが「あー、面白かった」と笑いながら下ってきた時は、たいがい一悶着起きたなと分かる。
ちゃまくんの顔に縦線が見えたので、いじめられたみたいです。ご苦労さまッス。
この辺りで、本日はグルメ要素なくストイックに解散。
たまにはあるんですよ、こういうことも。まれに。




色々とプライベート行事が立て込んでおりまして
なかなかゆっくりと更新出来ておりません。。。
かろうじて、広告は出てはおりません。

自転車は隙間時間にちょこちょこと。
妻の平地の魔女はランニングに目覚めたようで、
1月のハーフマラソンに照準を定めました。
私の兄もそれに出るようですが、私は出ません、あしからず。

サボっていた間にも
mashuと葡萄坂に行ったり。
20151129223338623.jpg
ハンデなしで先着したyoshiは偉そうに腕組みで待っています。
到着したmashuは『頭が痛いッス、マジヤバいッス』と言って、
ここからののどか村への登坂を拒否りました。

また同じメンツである日は水越峠へ。
20151129223307023.jpg
ここではmashuはが先着。
徐々に調子が上がって来たね。
yoshiはまだ余力を残している様なこの笑顔ですが、実は売り切れヘロヘロです。

今日は一人で金剛山へ。
毎年、毎季節同じ道を走ると少しづつ移ろって行く様が見えて楽しい。
映画『SMOKE』のハーヴェイ・カイテルの定点観測の様に、サドルの上からの定点観測。
いやまあ、動いて移動しながらだから、正確には定点観測ではないか。
20151129223013209.jpg
コースで咲いていた皇帝ダリア(たぶん…)
紅葉や山茶花の暖色系が多いこの季節、
身を切るような晴れた朝の寒さの中に青を見ると、余計に背筋が伸びる思いです。
20151129223133398.jpg
青があって赤がある、それもまた良し。
今年は暖かい日が続いたせいか
なんだか赤が控えめか。

特に追い込むでもなく、ヌルっと登り切って茶屋前。
喧嘩しているみたいな、強い口調でやり取りする老夫婦の会話を聞きながら休憩。
芳醇ミルクティーで一息つく。
メッツがカロリーオフになったのも残念だけど、
エスプレッソティーがラインナップから消えてしまったのも残念です。
20151129223159406.jpg
実は色々機材トラブルがあって、ここからは真っ直ぐに帰路へ。
ボトルケージは外れるわ、リアエンドは曲がってるわで登り以上に大汗をかきました。
なんだか、どっと疲れる11月でした。


6月と言えば…紫陽花でしょ。
20140615006.jpg

土曜日出勤後、葡萄坂で撃沈されビールを2缶あおったら
あら不思議、日付は変わって日曜の午前4時前。
6時間ほどタイムスリップしたようで。

やや頭痛を引きずりながらそのまま早朝に自転車にまたがる。
FFWおはサイやってるかなーと思い、サイクル橋に行ってみるが
犬の散歩のおば様方しかいない模様。
うん、仕方あるまい、ひとりで登ろうロープウェイコース。
7時前の交通量の少ない道をいつも通り森屋まで。
ちらほら見かける自転車乗り、もれなく恐ろしい速度で上がって行きはるわー。
魔の時間帯か。
こちらも久しぶりにアウターで縛ってみる。
途中で千早のマニアックコースな山の中を徘徊しているのであろう
はるお君と対向。
一瞬のご挨拶、そして別離。
水を張った田んぼはもう田植えも完了。
と来れば、次はカマキリが道の真中にそろそろ出てくる頃か。
出合い頭とは言え、やってしまうとあまり気持ちのいいものではないしね。

前を行く29erを視界の隅に置きながらペースを維持。
ケイデンス高めで追いつけそうで追いつけない。
途中の水汲み場で離脱されたが、最後の東屋まで一緒に行きたかったです。
20140615000.jpg
風呂あがりの体で下ると、やはり寒い。
6月と言えど山の朝をナメてはいけない。
定番の小深からトンネルへ。
やっとこのゼリウスに慣れてきたと思ったのだけれど
やはりこの辺りで脚の疲労度がカルマとは顕著に違う。
ヘタなごまかしは効かないってことなのか。
インナーを使ってどうにかこうにか登ってみるが
ペースはだだ崩れ。
ここでは2m級巨人1号ひろさんと対向。
一瞬の邂逅と別離、再び。
みんな暑さを避けてのサマータイムに移行しつつあるんだなぁ。
20140615003.jpg
奈良には降りずにここで引き返す。
登り返す脚がもうない。

帰りは久しぶりにフクシマさんへ。
20140615004.jpg
住宅街では破格の強気価格だけれど、まあ美味いのでぐうの音も出ない。
開店間もない時間のせいか狙ってた諸々の品はなく、あーうーな感じ。
返す刀で、これまた久しぶりのダン珈琲さんで豆補給。
ホットでもアイスでも飲めるものとリクエストしたら
「ストロングMIX」を間髪を入れず薦められたのでそれを。
こちらのブレンドには全幅の信頼を置けるので即決よ。
20140615005.jpg
これにて3時間60kmあまりの定番コースは終了。

そして6月と言えば私の誕生月。
自称「カメラ女子」エースちむ氏からデジカメを賜る。
20140615007.jpg
エース6号。キャラメルマン的なナンバリングです。
スマホのカメラもいいんですがちょっと画面の隅がぼやけるので
本日から6号投入。
小さくて起動が早い。
小さくてバックポケットに入れたまま洗濯しそう。
小さくて落としそう。
あるいはバックポケットで汗で水没しそう。
投入したそばから色んな最期が予想されますが
ゼリウス共々、活躍が期待できるニューカマーです。



風邪が治らん。
連休のほとんどを養生にあてたにも関わらずだ。
もうこれは風邪だから自転車に乗れないのではなく
自転車に乗れば風邪が治るのだ。
そうに違いない。

まだまだポジション探しとシェイクダウン途上。
ならば滝畑ダムあたりが妥当なのだけれど
河内長野からふらふらっと観心寺方面へ。
ツツジが見たくてね。

ががが
咳の発作で観心寺のツツジどころではなく
鼻をかみ、うがいをして、咳をやり過ごすので精一杯。
ツツジは見たよ、うん、見頃だね。
桜が終わったこの頃がなんだかいいんです。
山スミレやちょっとおどろおどろしいシャガなんかが咲いていて。

では行こうか。
金剛トンネルを経て、奈良へ下って
yum-yumでクリームパンとその他2点を頬張って
再びトンネルまで戻る。
20140511001.jpg
今年もTCPを食せると良いのですが。

そして悲しいかな、ゼリウスに踏み負けして
トンネルに着く頃には脚の疲労度がいつもの比じゃない。
もう脚オワル感覚。
20140511000.jpg

こいつはなかなか手強い。
しっかり乗り込まないとダンシングで休むどころの話ではない。
小深からはいつものロープウェイへの登り返し。
要は綺麗に回せば問題ないのだ、
と自分に言い聞かせ、踏み抜かないように
余裕のよっちゃんフェィスで下死点をいなす、つもりで。
その余裕フェイスはいつの間にか鼻水まみれで息もし辛い
鼻と口の間は粘液の汚泥と化している。

風邪にはアイスとすず虫家では決まっているので
河内長野のBigDipperに寄ってみるけれど
案の定ひんやりシャッターが降りている。
まあ、開いてりゃラッキーぐらいの気持ちだったので
ガラスのハートも傷つかない。
ただクーリッシュを置いていない近くのローソンは許せない。
ガリガリ君と同じぐらいマストだと思うのだけれど…。

そろそろ風邪も終盤戦、今週末には完治の予定。