先日はドーシェルにお誘いいただくも、早起き出来ず撃沈DNS。
これじゃあいかんと早起きの練習。
世間一般的にはこれで十分なのだけれど、
自転車クラスタでは要求されるレベルには達していないような。
「節子、それは早朝ちゃう、深夜や」もうこの域です。

やれば出来る事を確認出来て、向かうは千葉山
夏に行ってからすっかり連続するつづらに魅了されてしまったんだなぁ。
みかんと風車、有田川町はあの入れ墨マークをシンボルにすればいいのに。

紀州街道を出たり入ったりして雄ノ山峠を越えて和歌山入り。
走っているとジレはいらない。休憩中は羽織る。
こういうのはマメにする。
休憩はもっぱらセブンイレブン。
何度も言っているようにウォシュレット率高し。これ重要。
ジューシ肉まん、ふんわりチーズ蒸しケーキが美味い。

42号線に入って南進。
追い風と横風に翻弄されながら幾つかの港町を越えていく。
ここまではまずまずのアベレージ。
箕島から有田川沿いからはもう笑っちゃうぐらい向かい風。
有田みかんをこれまた笑っちゃうぐらいの安さで(無人)販売している
有田コープファームを曲がって千葉山スタート。
気持ちの良い秋の日差しとたわわに実った一面のみかん畑。
顔をあげれば風車が回る。良い、実に良い。
手を伸ばせばみかんに手が届いちゃうね、もう気分は食べ放題。
と、お腹いっぱいは脳内だけに留めておいて
みかん畑が途切れた辺りからペースアップ。
そして、風車の風切り音が聞こえる最後の直線で失速。
このあたりが本日の100km地点。
今日は風車と同じ高さまで上がってみた。
pic20121110008.jpg
下って、向かい風の有田川を480号線で上流へ遡る。
道の駅明恵ふるさと館の焼き鳥はデフォルト、なんだか知らない間に名物になってるようで。
二川ダムまでは例によって登り基調の向かい風。
おもった以上に時間を喰ってしまった。
やっぱり、水際の木々の方が、どこでも鮮やかに紅葉してます。
pic20121110013.jpg
あらぎの里を通過して清水の赤玉で遅めの昼食。
わさび寿司定食をいただきました。
pic20121110015.jpg

思ったより小ぶりでしたわさび寿司うんまい。
辛味はそこはかとなく、風味で勝負。
山菜も素朴で口の中でポリポリと心地良い歯ざわりと音で美味しゅうございました。

既にお昼も大幅に過ぎているので、長居は出来ず早々に出発。
ちょっともどって(あらぎの里を華麗にスルー)県道19号線を登って紀美野へ出るはずが
はい、通行止め。一応迂回路はあるみたいですけど。
また登るんですか。。。
pic201211100009.jpg
もう、迂回迂回の高い高いで暗い暗いの怖い怖いでした。
この時点でもう明るいうちの帰還は諦めました。
370号線へ出る下りの町道はもう誰かのカカトみたいに
路面がうねってひび割れて強烈な斜度が続き、
谷側にガードレールなんかあるはずもなくかなりスリリング。

それでもなんとか貴志川から紀の川に出ると人心地。
後はやっつけ行程ですが、このあたりで日が沈み、久方ぶりの夜間走行。
昼間よりやや緊張感を持って走行。まだまだ東行きは向かい風、足つりを避けるために
腿の付け根の大きな筋肉を励ましつつ軽めのギア比。
橋本から最後の紀見峠。
すんげぇ怖いの、当然ながら真っ暗だし。
しかも充電式のHL-EL620RCの充電ランプが不吉にも赤く光るし。
そして紀見峠の下りでライトの充電が切れたときは、泣きました。
茂みでガサゴソ言うし、視界の端に白くなんか光ってるし。
思えば強行して紀見トンネルで帰路を急げば良かったんだなぁ。
その後はライトを5分消灯、1分点灯でなんとか帰路を持ちこたえて帰宅。
日曜は雨、2日分まとめて走りましたとさ。

240km。
PhotoGrid_1352619211536.jpg