予想に反してまだ風邪が完治しないなぁ。
若干の咳、若干の鼻水。
こうやって年々治りが遅くなっていくのね。
チームフォーティーに片足を突っ込むというのはこういうことか。

繁忙期の疲れをとるために朝は二度寝、三度寝。
出かける前にホイールの調整をば。
先日からダンシング時にリアがギシギシと不吉な音がするので
スポークテンションをちょいと上げる。
1/8回転均等にやってもフレが出て、思った以上に時間を食った。

さあ、出かけるぞぃ。
んが、午前中に出れたとは言え、そう遠くにも行けない。
久しぶりの無計画走法。
とりあえずゼリウスに乗り込まないと脚がすぐ終わる。
機材に要求されている事柄は想像以上に高い。

サイクル橋からなんとなく水越峠を目指す。
機材ドーピングの効果を見るべくお恐れながらタイムも計っちゃう。
ツツジの見頃で旧道入口あたりから駐車車両の列ががが。
旧道はもう片側は占領されていて離合渋滞発生中。
ただ、運良くスピードを緩めることなく旧道もクリア。
結果、2%ほど更新。
多くは望むまい。
20140517001.jpg
では奈良側へ行きませう。
もうこの辺りは夏の助走も大詰め。
まだ風は冷たいけれど、濃い緑からはあの夏の草いきれがする。
下まで降りてしばし思案。
先日、隊長に連れて行ってもらった秋津原ゴルフ場から福神駅、
花吉野へ抜ける道をトレースすることに。
ま、トレースしきれなかったけど。
20140517005.jpg
アルプス的ななにかを感じさせる佇まいな駅舎が好き。

花吉野を横目に下市へ降りる。
この辺りで脚に張りが。。。
早いって。
でも乗り込まないとどうしようもないので
吉野川を東へ遡り、津風呂湖へ向かう。
ダンシングするよりシッティングでケイデンスを出す方が
張りの感じも少ないようなのでこの辺りから登りと見るやインナー多用。
20140517007.jpg
昼を回って暑いさね。
もうここで泳ぎたい。

津風呂湖まで来たら大宇陀へ回る。
阿騎野までのジワジワ来る登り基調もサクッとインナーでガマンTHEガマン。
道の駅では謎のインド人がカレーを奇妙な呼び込み文句で売っている。
でもでも今日はノーサンクス。
何を食べるかというと、榛原街道かーらーのー西昭和堂
団子を食べるのだ。
20140517008.jpg
日本伝統のあまからと、焦げの深い黒と美しい飴色の照り。
1本?3本?バカ言うなぁー、5本食うんだぁ。
日本のソウルフードがここにある。

ここで引き返すつもりだったけど
頭の中の行きたい店リストのひとつに
ここから近いものがあったなぁ。
もう14時も回ったけれどちょいと寄り道。
県道31号線を東へ、つづらの登りを越えて一谷峠を過ぎれば東吉野村。
20140517022.jpg
ランダムな隙間に哲学がある。

谷尻から少し登り返すと、月うさぎ着。
20140517021.jpg
休みの看板が出ていたけどダメ元で入ると
ドリンクのみならということで休憩させてもらえることに。

そこは山羊が草を食み、
20140517017.jpg

猫がまどろみ、
20140517011.jpg
犬が吠えるほっこりな空間でした。

ほんでもっておじさんこの子にメロメロ。
20140517013.jpg
満月(ミツキ)君、たぶん男の子。
隈取がイケメンですなぁ。
まだミャーとは鳴けない、み゜ぃーと鳴くかわいい盛り。
今ならモフモフし放題ですよ。
月うさぎでの食事は完全予約制。
前日までの予約でランチにありつけます。
もれなくモフモフも付いてきます。
手作りの石窯もあってピザパーティー(もちろん要予約)なんかも出来ます。
そして夏は広い庭でキャンプも出来ちゃいます。(すべて機材食材持ち込み)

ひとしきり触れ合ったらもう夕方。
帰るで、しかし。
大宇陀から初瀬街道で桜井へ。
マルツベーカリーが開いてたのでいつもパピロで補給。
だだっといつもの道で西へ西へ。
竹内峠に着く頃にはお天道様は白光からオレンジへ。
LEDから白熱球みたい。
ただまだ位置は高い。
これ幸いに残業なしで帰宅。

距離の割に脚の張りがハンパないっす。

150km。