明け方になんだか猫の鳴き声を聞いた気がする。
近くに住んでる黒猫のものだろうか?
その後、なんだか気になって目が冴えて、
諦めて布団から抜けだしてコーヒーをすする。
せっかく早起きできたし、
体調も昨日よりマシだし、ちょっとそこまで自転車で。

なんだか久しぶり乗ったような気がして、今ひとつしっくりこない。
と、それも15分ほどで解消。
大和川沿い、今日は追い風ターンではなかった。
朝のうちは風が遠慮がち。風も朝寝をするのだろう。
阪神高速あたりで堤防沿いから北にそれて、ちょっと寄り道。

スクアドラ、流町交差点のほど近く
今昔入り交じった住宅街の一角
アップルの発音』はい、到着。
pic20110109002.jpg

今まで見たパン屋のなかでも群を抜いて「狭い」ぶはっ。
長屋の一部屋を改装した畳2畳、一坪ぐらいの売り場。
一言でいうならアート系ベーカリー。
pic20110109001.jpg

UKカフェと同じように、パンにいろいろ想像力を刺激する
個性的な名前が付いていて、それに付帯する物語がレジ横に掲げられてます。
これも「めんどくせぇな」ととるか「楽しめてお得じゃなーい」ととるか。
少し気弱そうな青年が焼いて、マイペースな女性が販売するというコンビも
たいちろうのぱんに似てなくもない。

・箱レター(キューブ型ミニ食パン)
今日の一等賞はこれ、ウメェ。
最初、焦げ目がしっかり付きすぎてんなぁと思ったけど
中のほんのりした甘みが分かる中盤あたりからハマった。
デニッシュのようにもっと甘いかなと思ったけど
これはよい甘さ。
・白い部屋では(牛乳ベースの白パン)
オーソドックスな白パン。これもかなりストライク。
・プチタプチ(生地に赤ワイン、中にブルーチーズ)
おぅブルーチーズ、と思って構えて食べたけど
そんなに癖がなくて食べやすい。
なにより塩加減が、「何か飲みたい」と「飲まなくても大丈夫」の
ボーダーラインぎりぎりでそのあたりが小憎らしい。
生地の赤ワインはよくわかりません。

開店直後だったので、そんなに種類はなかったのが残念。
スクアドラからも近いし、大和川からもそれほど離れていないので是非どうぞ。
結構、人気みたいで、店の表でがっついていたら
常連さんらしきおばさんに「美味しそうに食べるねぇー」と声をかけられる。
そうでしょ、CMに起用したら絶対売れまっせ。
そのおばさんが手にした袋にはパンがぎゅうぎゅうに詰まっていた。

大和川に戻ると、葡萄坂へ直行。
河川敷では消防の出初め式、の準備中。
pic20110109003.jpg

今年初なので顔見せの意味でゆっくり。
しばらく見ない間になんか斜度がきつくなってませんか。
ん、首が曲がってるだけか。
逆に曲げたら楽になった。ウソ。
変電所にお参りして、裏葡萄で下る。
後はちょいとグリーンロードをかじって
向かい風の石川沿いを流して、SunShipを覗いて
PLのゴルフ場経由で帰宅。
サボり気味のペダリングだったので
ちょいと身体が冷えた気がする…反省。

64Km。


大きな地図で見る

今週の出来事。
ニバリ優勝おめ、そして移籍?
鬼門ナゴヤドーム。
イチローの談話かっちょいい。
お手軽フライドチキン習得、ウマー。
寒暖の差が激しくやられ気味。

今日は二度寝、いや三度寝。
11時前にもそもそと起き出して外の天気をチェック。
台風の最後っぺのせいか、やや風が強い。

まあ晴れてるし、近場をぐるっとのつもりで
自転車にまたがる、れっつごー。

いつものように大和川を東進。
横風にあおられてちょいと慌てる。
対向してきたディープホイールのおじさんも
かなりあおられ気味で走りにくそうに通り過ぎる。

がたがた橋は渡らず、安堂も直進して高井田へ。
今日は裏葡萄を登ってみる。
ここからは平坦ないやんけコース。
距離が長い分、斜度は緩いような気がするが
なかなか頑張りどころがわからず合流地点まで無難に。
その後は頑張ってペースを上げるも
タイヤ群でタレて最後がスピードがのらなーい、ぐへ。
久しぶりに血の味がする変電所前。

一息ついてのどか村まであがってまた一息。
のどか村価格の自販機でマッチをごくごく。

pic0925001.jpg


風があるせいか寒い。。。
体が冷える前に出発。
フラワーロードで裏十三峠
アップダウンアップアップダウン。
途中立石峠方面にそれて激坂に挑戦。
ウソ、単に道を違えただけなのです。

うっぷ、食道が熱いぞ、出すな、こらえろ。
ウップゴクンウップウップゴクン。
文句を言う相手も、やったったぞーと自慢することも出来ず
いろんなものをぐっと飲み込んで十三峠に到着。

pic0925003.jpg


後は下ってかえりまひょ。

十三峠は登るのも下るのも苦手。
すぐヨレてラインをハズしてしまうので
車通りが多いわりに狭いとこは非常に怖い。
ビミョーなところにグレーチングがあったりと。
日にこれを何本も登って下ってとか尊敬しちゃいます、ホント。

63㎞。