上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

曇りの日曜日。
やっぱり二度寝。
ワンピースを見ながらごそごそ着替え始める。
やっぱりウェアの選択が難しい。
長袖インナーに半袖ジャージ、下はレーパンに7分を重ねる。
ウィンドブレーカーは必須。

向かうは滝畑方面。
広葉樹はちらほら色づき始め。
帰りに「たいちろうのぱん」に寄ろうと考えながら
滝畑ダムの食堂前到着。
バーベキューのいい匂いが漂う。

このまま帰るつもりが、肉の焼ける匂いに釣られて
一年に一度行くか行かないかの蔵王峠に向かうことにする。
トイレで軽量化して、再スタート。

腐道で怖道の61号線。
狭いし路面は悪いし、石もごろごろ。
それに岩肌から沁みだした水が路面を絶えず濡らして
落ち葉や土をどろどろにして、むりくりトルクをかけると
滑る箇所がたくさんあるので慎重に。
コンクリーに丸模様の丸コン坂やパヴェもどきもあり
そこに対向車も現れてたりして
盛りだくさんな内容でまったく飽きさせません。
だから1年に一回ぐらいがちょうど良い。
お腹いっぱいだもの。

pic20101024001.jpg

蔵王峠で一休みして、堀越観音へ向かう。
しばらくは整備された10%ぐらいの道を登って行く。
MTBの二人組とすれ違う。
お互い弾んだ呼吸を整えながらコンニチハー。
登り切ったら激坂を下って堀越観音着。
pic20101024003.jpg

一息ついて480号まで下る。

途中の串柿の里あたりはまだ柿がまばら。
pic20101024004.jpg

少し早かったようです。
珠のれんのように道を覆い尽くす柿を期待してたのに残念。

このあたりからずっと見通しの悪い下りが続いて
リアの当て効きで頑張るものの、じわじわ握力が。。。

なんとか480号に合流してホッと一息。
後は裏鍋をやっつける。
路面が良いので遅いなりに速度を維持。
しかし、後半斜度が上がるにつれ失速。げふー。
頂上は思ったより寒く、いそいそとウィンドブレーカーを装着。
途中で木と金属の融合を目の当たりにする。
pic20101024006.jpg

ここまで行くと不思議としっくりくる。

170号から河内長野に入って、再度、日野からたいちろうのぱんへ。
もう170号からはお腹が減ってハンガーノック状態。
補給らしい補給が出来なかったツケです。
しかも鈍色の雲に嫌な風が吹いて、雨濃厚。
いそげー。

息も絶え絶えで到着。
時間も時間だったこともあって
店内はあらかた売り切れだったのですが、
メインのじゃがいもぱんが
焼きたての状態で鎮座されておりました。
あーりーがーたーやー。
生地にタマネギやジャガイモが練り込まれていて
焼きたてあつあつモチモチウマウマ小確幸。
pic20101024007.jpg
携帯補給用にはレーズンパンが良い。
5個200円で大きさも拳大で食べやすい。
滝畑ダムへお越しの際は合わせてどうぞ。

帰宅後10分後ぐらいで雨がパラパラと。
ニヤリ。

75㎞。

スポンサーサイト

今週の出来事。
秦基博はやはり良い。
カベンディッシュつえー。
アンディ飲酒見つかってブエルタリタイア。
パソコンの調子が悪い。
まだまだ暑い。
黙祷。

今日は高野山
実は初めて。一人で道に迷わないか不安。
ペースに気を遣ったり、好きな時に休憩出来るのでまあ気楽ですけど。
紀見峠経由の370号で後は出たとこ勝負で。
このぐらいのアバウトさも一人の良いところ。

5時出発。
なんでも今日も暑いらしい。
涼しいうちに距離を稼ぐ。
トトロ街道には朝の散歩の方々がちらほら。おはようございます。
PICT0005_20100911195520.jpg
紀見峠をやっつけ、上から読んでも下から読んでも橋本橋を渡る。
学文路のファミマで休憩。高野山9時着を当面の目標にする。
後は登るだけ。斜度はないけどいかんせん距離がながーいので
じわじわ足にくる。
PICT00071.jpg
児雷也のカエルか。ゲロゲロ。

花坂で一息入れて、残りをやっつける。
大門到着。予定通り8:50着。
PICT0012ef.jpg

大門の撮影失敗。がっくし。全部入ってない・・・。
私は観光下手なので、ちょこちょこっと写真を撮って、食べて、トイレ行ってさあ出発。
PICT001e7.jpg


龍神スカイラインで護摩壇山?うっ、今日は勘弁しといたろ。
371号で下る。看板には371はおすすめしませんみたいなことが書いてある。
PICT0020.jpg

うーん、いけるやろ。
まあいけるんやけど、いやー参った。
ぼこぼこ道にわざと置いてるやろってな感じの落石。
頭の中でエキサイトバイクの音楽が流れる。
蔵王峠への登りに似てる。あそこも落石と狭い道幅だったな、うん。
PICT0028.jpg

それでも川沿いは快適。
ずっと横を走ってるとどうにも川に入りたくなって、
下りられるとこを見つけて休憩。
足をつけてクールダウン。
PICT0031.jpg

その後は順調に下るものの、国城山の登りでぎゅうぎゅういわされて橋本着。

さてどうするかな。
紀見峠でちゃっちゃっと帰るか。
いやでも腹減ったし、五條のyum-yumへ行くことにする。
プリンデニッシュが狙い。
PICT0033e.jpg
暑さにやられながら到着。
yum-yumのテラスで休憩。
プリンデニッシュを食べながら、帰りのルートを選定。
金剛、水越、竹内、穴虫。
ぼー、めんどくさくなった、もう裏金剛で。

登り始めて後悔。
もう足残ってまへんがな-。
インナーローでグルペット。
アブに、回せ回せーと追い立てられ。
トンネルから下って、帰宅。
ばたんきゅーでもビールが美味い。

126㎞。

やってみたかった、ルートラボの貼り付け。

ルート作成で余計に疲れた・・・。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。