上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の200km帰宅してすぐユッキン氏から連絡をいただく。
葛城山登りますよー」
行く行く詐欺だと思ってたけれど、やっぱ本気でしたか。
でももうちょっと早く言って欲しかった、というのは虫が良すぎるか。
行きましょう、行きましょう、二つ返事をしたものの
身体バキバキ脚パンパン。
アミノ酸クエン酸BCAAプロテイン、手持ちの合法ドーピング素材を一挙投入して就寝。

お、おう、朝起きてもなんだか薄い鉛板がこびりついているような疲労感。
それでも早起きして出発した私、偉いぞ。

待ち合わせの神通温泉までゆっくりと。
踏まず回さず淡々と。
このためにちょっと早めに出たのだから。

62号線を南下中に犬鳴山バス停近くの駐車場で
自転車を下ろしているユッキン氏とそのご子息ジュニア君に遭遇。
ジュニア君(高1)、ユッキン氏に似ているけれど
それよりサッカーの香川真司に似てる。
手足は細く長く体重50キロ台のクライマー体型。
(以後、本記事ではシンジ君とする)
連れ立って温泉までウォーミングアップ。

到着するとkimotoshiさん、のりさんがすでにスタンバイ。
のりさんとは初めまして、どんぞよろしくー。
のりさん、FOCUSカチカチバイクを更にカチカチ仕様にしているし、すご。
後はひろさんとスキンヘッドさん待ち。
待ってる間にシンジ君と話したりバイクに試乗させてもらったり
特に待ち時間は苦にならない。
遅れてお二方登場。
ひろさんのクロモリニューバイクをひとしきりいじった後
重い腰を上げて出発。

小雨が降り出し、涼しいくらいの登り口。
スローな入りから徐々に上げていくとサクッとkimotoshiさんが飛び出していく。
踏んでるギアがちょっと理解不能なので見送る、ってか付いてけねぇって。
そのまま自分のペースを刻んでいると
後ろにピタッと張り付く気配、誰かと振り返ってみると…
やっぱりシンジ君、来ましたよ。
こうなりゃ前を走りますよ、喜んで。

走りながら聞いてみると
初めての葛城山神通コースというので
簡単にコースプロフィールを説明。
途中分かれ道があるけれど看板し従えばOK
ハイランドパークまでほぼ一定の勾配、
そこからの尾根沿いはアップダウンの繰り返し、
残り1km手前ぐらいからコンクリー激坂がある、などなど。

もうハイランドパークでシンジ君には発射して
私は置いてってもらうつもりでおじさんが頑張る。
というかピタッと張り付いてくれるから、前を走り甲斐がある。
うちのエースじゃあ、こうはいかない。
途中で凍らせて持ってきた水のペットボトルをシンジ君に渡して
首を冷やさせてリフレッシュしたり、おじさんは尽くしますよ。

予定通り、ハイランドパークでちぎってもらおうと声をかけるけど
「無理っす!!」爽やかに言い放つ。
よろしい、ならば共に行こう。

問題の激坂区間もなんとか乗り切って最後の直線100mぐらいで
再度のゴーサインを出してみると
今度はシンジ君、スッと前に出てくれた。
結果43分44秒でゴール。
シンジ君、まだまだ伸びしろがいっぱいあるよね、うらやまし。
今日は親父さんに勝ったね、でも勝ちすぎるのもアレだかんね。
あーもう体バキバキ。
20130623006.jpg
山頂に自販機もないのが辛いです。
でも猫成分は補給。
20130623005.jpg
よう来たのー、キリッ。

塔原コースで下って昼飯だぁーと思ったら
スキンヘッドさん痛恨のパンク。
えらい年季の入ったタイヤですやん。
20130623004.jpg
相福庵まで移動してそば定食をいただきます。
絶妙のタイミングで混みだす寸前に席を確保。

三々五々解散して、有志で牛滝大威徳寺まで登り返す。
ユッキン氏とシンジ君の親子鷹の後ろ姿を眺めながら。
この辺りで私も帰路へ。
kimotoshiさんは相変わらず踏むギアがおかしい。
槇尾中まで終始遅れ気味でさーせん。

ここから一人で河内長野から平坦でリカバリと思ったけど
雨が徐々に強くなったのでもう最短コースで日和る。
あーもうアチコチ痛いぜよ。

83km。
スポンサーサイト

久しぶりに午前から自転車に乗る。
亀のお告げで異音が解消しつつあるので
先週、途中で引き返した和泉葛城山を片付けることにする。
やりかけの放ったらかしは良くない。
見かけより律儀なので。

内畑から牛滝コースに入って、射撃場前を通過する。
今日はドカンドカン景気の良い爆音が響いておりました。
以前、射撃場でお見かけしたのはコワオモテの方ばっかりでしたが
アイアムアヒーローの英雄君みたいな人も練習してるのかしら。

塔原バス停から葛城山スタート。
こっちから行くと、終盤のコンクリゾーンがないので
まだ気が楽っちゃあ楽。
それでもキツイもんはキツイ。
中盤の勾配も風景も変化のない区間はもうキツイのとつまらんのと。
つづらは何回もでてくるけれど、九十九折大好きの私の好みには程遠く。
ブヨ、アブ、蚊の類はまだ少なめ。
大ミミズはたまに見かける。

牛滝線との合流までがキモ。
とは言ってもこなすだけで精一杯です。
2012-06-10 11.31.31

山頂茶屋もなくなって、トイレぐらいしかない。
記帳して蕎原へ下る。
うん、寒い、汗が冷えて寒いッス。
パン用のナップザックを腹に入れて下る。
ほぼ全行程コンクリの蕎原コースはハッキリ言って
登る気は起こらないッス、下るぐらいが関の山。

PhotoGrid_1339321814641.jpg

山荘で休憩して、また射撃場前を通過。
今度は静かな射撃場。
大威徳寺にタッチして帰路を選定。
距離重視で外環から河内長野へ。
昼ぐらいから日差しも出てきて、気温も上がってきたので
河内長野でジェラートを、と寄り道したけれど、閉まってやんの。
石川、大和川を乗り継いでCIAOまで行こうかと考えてたけれど
本格的にお腹が減ってきたので、パリーネのこげぱんで手打ち。
これもやりかけの放ったらかしか?
まあ100km走ったから良しとする。

112km。

12月ですよ。
「早いねぇ」とか「まだ12月か」とか個人の時間経過の感覚は置いといて、
ロードレース的には契約満期、去る人、来る人ほんでもって
明けましておめでとうってなことで。
別に私には一切関係ありません、12月は繁忙期だもの。

仕事納め前、最後の土曜休日。
雨予報をうっちゃって、「土曜に行くべきリスト」最上位を狙い撃ち。
最近はカレーだピザだとうつつを抜かしておりましたが
今日はパン、これ一択。

この間、走り易かった旧26号線を使って雄ノ山峠まで。
実は大阪側から登ったことはなくて、
こっそりキューシートを持参。
結局使わなかったけどー。

風もそれほどなく、道幅のある快適平坦路。
ちょっと遠回りになるけど、やはり走りやすいほうがいいやね。
あっという間に雄ノ山峠を越えて、下りだすと雨粒ひとつふたつ。
一番の難所のつづら区間が片側一車線工事中で怖かったです。
登り側だともっと怖いやねぇ。

和歌山側はまだ雨はなし。
ガネーシュで使う7号線に入って
紀泉台の急坂の途中にあります、小麦処福みみ
pic20111203001.jpg
ドーシェルのようにカフェ併設タイプのお店。
ノモケマナのような対面販売方式。
yum-yumの5倍ぐらいのテラスもあり。
いいんでない?いいんでない?
価格帯も住宅街価格で100円~200円あたりが主力の印象。

取り敢えず何点か選んで、テラスで食べる。
が、雨が降り出し、店内に避難して
ホットジンジャーとトーストを注文。
pic20111203004.jpg
あっさりバターのトーストが非常に美味しゅうございました。
ホットジンジャーにはテラスで摘みたてミントの葉。
女性客が召し上がってたランチセットも良さそうですなぁ。
また来よう、ただし日曜日は休み。

どうやら降ったり止んだりするみたいな天気。
どこを越えて帰ろうかなぁーと7号線をフラフラ走っていると
葛城山と鍋谷の分岐で思案。
初モノパン屋ときたら、初モノコースだろ!
ってなわけで、今まで見て見ぬふりをしていた
粉河コースで大阪に戻ることにする。

分かってはいたけど、やっぱり雨。
しっとり降る霧雨とやや強くふる凍雨の繰り返し。
強く降るとこれ幸いに木陰に待避。
3分位で止んで、再スタート、この繰り返し。
標高が高くなるにつれ、霧だか、雲だか、ガスの中を走る。
視界が真っ白、悪条件だけど、雨は止んでいるのでなんだか楽しい。
これぞ非日常!こういうのキライじゃないです。
巨大冷蔵庫から吹いてくるような冷たい
吹き下ろしと吹き上げの風と10キロの登りにもうクタクタ。
やっぱり見て見ぬふりしとけばよかったなー。

そんなワクワクと後悔をないまぜにしながらハイランドパークまで。
そこから山頂までの3キロの区間では脚が攣ってもう大変。
仲良く両腿が攣ると、次はふくらはぎ。
ちょっと止まってストレッチしようにも、コンクリーの急坂で止まるに止まれない。
緩んだところでクリートを外そうと足首をひねると、今度はケツが攣る。
足先を地面につけようとするとふくらはぎが攣って
足先を浮かすと腿が攣る。
霧の葛城山で珍妙な姿勢で唸っている姿は
決して人様に見せられたもんではないです。
そんなこんなで山頂茶屋。
pic20111203006.jpg
なんも見えんです。
記帳して、牛滝へ下る。
グレーチングへの進入速度と角度を間違わないようにソロリソロリ。
3キロぐらい下ると霧区間は終了するも路面は濡れて黒光り。
pic20111203007.jpg

最後の最後のグレーチングでリアが滑ったのがやりきれん。
詰めの甘さがすず虫らしいやね。
ブレーキシューや砂でドロドロ、洗車や洗濯が面倒臭いことを除けば
非常に楽しい。いや、登りや足攣りはしんどかったけども。

110km。



今日も暖かい。
午後からちむ氏と連れ立って大和川を東進。

陽気に誘われたのか、堤防上では
たくさんの自転車乗りを見かけました。
これから年末のあわただしさと寒さで徐々に減るんでしょうか。
風の強い堤防は走らないだけなのかも。

途中で右ひざ痛のちむ氏から「葡萄坂を登る!」という
昭和のド根性あふれる宣言をいただきましたので、大県南交差点までご案内。
「変電所で会いましょう!」の合言葉でそれぞれ登坂開始。

序盤でダンシング多用して失速しないように頑張る。
今日はヨダレは少なめ。
その代わりに冷たい空気を深い呼吸で吸いすぎたのか
胸の肺のあたりがチクチク痛む。
今日は車通りが多い。特に登っていく車。
なぜカーブで追い越しをかけるんですか、そこのマイクロバスさん。
pic2010120501001.jpg

ウガーっと18分ぐらいでまとめて、寒いので3分だけ休憩して下る。
肺の痛みが去るまでヒッヒッフー。
パターゴルフ前辺りでちむ氏と合流して登り返し。
変電所には自販機さえないのを不満に思ったちむ氏から
「のどか村まで登ってコーラ買ってきてぇぇ~」というお願いという命令。
エースを立てるのがアシストの仕事とばかりに、再び先行してのどか村まで登る。
もうこりゃあアシストというより接待に近い。
pic2010120501002.jpg

のどか村価格のコーラを買って下る。
変電所前で仁王立ちのエースに手渡して任務完了。
ゴルフ場まで下れば自販機あったんじゃね?という疑問は
コンクリで固めて心の奥深くに沈めておくことにする。

帰りの大和川はもちろん向かい風。
速度もしぜーんと抑えられて、バカ話をしながらまったり帰る。

次はご希望の牛滝に案内いたします。
相福庵で蕎麦か、葛城山のおでんでもー。
こんな接待アシストも募集中。
我慢強い方、一緒にドウデスカー。

53km。

今週の出来事。
中日優勝。矢野引退。
コンタ暫定資格停止処分。
大木こだまの髪型が変。

土曜の昼からちむこさんと連れだって牛滝へ。
600㎞の運転ご苦労さまです。

登り口の東屋から計測してみる。

3分の1地点の宮里藍の看板が変わってた。
前はサロンパス持ってニッコリ笑ってるやつだった。
今回はショットのフォロースルーの凛々しいお顔。
前に行ったときは変わってなかったのになあ。
思い違いか。

何回行っても、いよやかの駐車場の前でタレる。
はい、ここからインナーで登らせてください・・・。
ここを頑張らねば11分台とか絶対ムリー。
いや、ここで頑張ってもムリだー。
と心を見事に折られて売店で休憩。

pic1002001.jpg

ちむこさんは目標タイムをクリアしたようです。
おめっとさん。

売店唯一の自販機がホットの入れ替え完了で準備中のランプ点灯。

pic1002002.jpg

冬の準備か。その前に紅葉の時期には混雑する牛滝山。
休憩所の柱に、サニーサイドよりメッセージ。
はい、綺麗に使わせていただきます。
pic1002003.jpg

サニーサイドさんは皆さん水色ジャージから速いぞオーラが出てるのですが
こういうところもホント良いです。

葛城山への林道は閉鎖中。
警備員さんがちゃんと立っておりました。

帰りの道の選定は私に任すということなので
内畑まで下って、河内長野~石川CL~大和川で帰ることにする。

涼しくなったせいかよくサイクリストと見かける。
挨拶をかわしながら旧170号線のアップダウンをやっつけて
石川CL沿いの延羽の湯の足湯で休憩。

夕方の混雑する大和川堤防をすり抜けての帰路。
練習終わりの野球少年の自転車の波にもまれる。
ノーヘルでふらふらしながらの高速巡航ローディをロックオンしたちむこさん。
アブナイので抜かしましょってことで
安全を確認しながら華麗にパスしてちぎって行く。
ちゃんとローラー台の成果が出てましたね。

なんやかんやで90㎞。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。