上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日の200km帰宅してすぐユッキン氏から連絡をいただく。
葛城山登りますよー」
行く行く詐欺だと思ってたけれど、やっぱ本気でしたか。
でももうちょっと早く言って欲しかった、というのは虫が良すぎるか。
行きましょう、行きましょう、二つ返事をしたものの
身体バキバキ脚パンパン。
アミノ酸クエン酸BCAAプロテイン、手持ちの合法ドーピング素材を一挙投入して就寝。

お、おう、朝起きてもなんだか薄い鉛板がこびりついているような疲労感。
それでも早起きして出発した私、偉いぞ。

待ち合わせの神通温泉までゆっくりと。
踏まず回さず淡々と。
このためにちょっと早めに出たのだから。

62号線を南下中に犬鳴山バス停近くの駐車場で
自転車を下ろしているユッキン氏とそのご子息ジュニア君に遭遇。
ジュニア君(高1)、ユッキン氏に似ているけれど
それよりサッカーの香川真司に似てる。
手足は細く長く体重50キロ台のクライマー体型。
(以後、本記事ではシンジ君とする)
連れ立って温泉までウォーミングアップ。

到着するとkimotoshiさん、のりさんがすでにスタンバイ。
のりさんとは初めまして、どんぞよろしくー。
のりさん、FOCUSカチカチバイクを更にカチカチ仕様にしているし、すご。
後はひろさんとスキンヘッドさん待ち。
待ってる間にシンジ君と話したりバイクに試乗させてもらったり
特に待ち時間は苦にならない。
遅れてお二方登場。
ひろさんのクロモリニューバイクをひとしきりいじった後
重い腰を上げて出発。

小雨が降り出し、涼しいくらいの登り口。
スローな入りから徐々に上げていくとサクッとkimotoshiさんが飛び出していく。
踏んでるギアがちょっと理解不能なので見送る、ってか付いてけねぇって。
そのまま自分のペースを刻んでいると
後ろにピタッと張り付く気配、誰かと振り返ってみると…
やっぱりシンジ君、来ましたよ。
こうなりゃ前を走りますよ、喜んで。

走りながら聞いてみると
初めての葛城山神通コースというので
簡単にコースプロフィールを説明。
途中分かれ道があるけれど看板し従えばOK
ハイランドパークまでほぼ一定の勾配、
そこからの尾根沿いはアップダウンの繰り返し、
残り1km手前ぐらいからコンクリー激坂がある、などなど。

もうハイランドパークでシンジ君には発射して
私は置いてってもらうつもりでおじさんが頑張る。
というかピタッと張り付いてくれるから、前を走り甲斐がある。
うちのエースじゃあ、こうはいかない。
途中で凍らせて持ってきた水のペットボトルをシンジ君に渡して
首を冷やさせてリフレッシュしたり、おじさんは尽くしますよ。

予定通り、ハイランドパークでちぎってもらおうと声をかけるけど
「無理っす!!」爽やかに言い放つ。
よろしい、ならば共に行こう。

問題の激坂区間もなんとか乗り切って最後の直線100mぐらいで
再度のゴーサインを出してみると
今度はシンジ君、スッと前に出てくれた。
結果43分44秒でゴール。
シンジ君、まだまだ伸びしろがいっぱいあるよね、うらやまし。
今日は親父さんに勝ったね、でも勝ちすぎるのもアレだかんね。
あーもう体バキバキ。
20130623006.jpg
山頂に自販機もないのが辛いです。
でも猫成分は補給。
20130623005.jpg
よう来たのー、キリッ。

塔原コースで下って昼飯だぁーと思ったら
スキンヘッドさん痛恨のパンク。
えらい年季の入ったタイヤですやん。
20130623004.jpg
相福庵まで移動してそば定食をいただきます。
絶妙のタイミングで混みだす寸前に席を確保。

三々五々解散して、有志で牛滝大威徳寺まで登り返す。
ユッキン氏とシンジ君の親子鷹の後ろ姿を眺めながら。
この辺りで私も帰路へ。
kimotoshiさんは相変わらず踏むギアがおかしい。
槇尾中まで終始遅れ気味でさーせん。

ここから一人で河内長野から平坦でリカバリと思ったけど
雨が徐々に強くなったのでもう最短コースで日和る。
あーもうアチコチ痛いぜよ。

83km。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。