上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前々からyoshiを連れて行く予定だった、千葉山ツアーを敢行してまいりました。
しかしもはや200kmを自走で行く気は起こらず、起点は海南市とする。
平坦なら42号を海周りで、山なら424号や県道18号の海南高原とかで。
まあ吉野GFへの脚作りってことで、ここは山ルートを選択。
より走りやすい424号で黒沢牧場を目指す。
緩やかな登りと広めの道幅、400番台とは言え、流石国道。
調子の悪さは否めないものの、滝汗にまみれながら黒沢牧場へ。
20160621214205857.jpg
なが~い下りは紫陽花を眺めながら、ゆったりと。
町中のくすんだ紫陽花と違って、どの色もビビットで濃い山間の緑のアクセントにちょうどいい。
下りきった、道の駅「明恵ふるさと館」で小休止。
焼き鳥の屋台はまだ開店しておらず、yoshiは地元野菜と果物に夢中。

ここから480号に入って、あらぎの里へ向かう。
ががが、このあたりから本格的に調子が悪い、というか体に力が入らない。
ハンガーノック?熱中症?どれも違うなぁ。。。
体幹が緩んで締まらない感覚、ダンシングがブレる、粘りが出ない。
見かねたyoshiが前に出て、ペースを作るものの、それでも付いて行けず速度を維持出来ない。
面目ねぇなぁー、すまねぇなぁー。
休憩がてらに二川ダムでダムカードをゲット。
20160621214323690.jpg
さすが元ダムダム団のyoshi、ダムカードで嬉しそうだ。
このダムの高さにクラクラして、私は手すりから一瞬たりとも、手を離せませんでした。
予定より少し遅れつつもあらぎの里へ到着。
20160621214343583.jpg
田植えも終わって静かな棚田。
点描画のように、稲の間隔が緑の濃淡になっているのもワビサビでよろしいかと。

ここから来た道を戻ります。
休憩してもやはり調子は戻らず、yoshiの引きで『清乃』までノンストップ。
腹を減らして腹を立てているyoshiの引きは、なかなか鬼気迫るものがあります。
毎度毎度、食い物で揉めている我々です。
しかも一番混んでいる時間帯に来てしまったようで、30分ほどおとなしく並ぶ。
んで、ラーメンを食す。
20160621214439038.jpg
ラーメンも美味しかったですが、ここでボトルに詰めてもらった、氷水が一番美味かったです。
ごちそうさまでした、お水ありがとうございました。
店を出ると、太陽はいよいよ中天にあり、もう暑さも盛り。
我々は今から千葉山に行こうって言うのが、なんだかバカらしくなってきました。
ま、融通が利かない性格なんで、ここはバカ正直に予定通り、千葉山登坂開始。
案の定、調子が戻らない私はインナーローで、自転車にしがみついているような心持ちで
yoshiの後ろをフラフラと進む。
yoshiも同じように、南向きの斜面の照りつける暑さに悪態をつきながら、同じような速度で進む。
肩甲骨のあたりの汗が白くなって、羽のように見えたのは暑さのせいか気のせいか。
途中で日陰を見つけて休憩しながら、風車のもとへ。
20160621214502692.jpg
風車よ、私は帰ってきた。
へたり込む二人の頭上には大きな羽の影。
ここから海南高原へ抜けるルート。
途中に自販機が1基あったのだけれど、これがなくなっているなんて。。。
これがケチのつきはじめ。
登り返しが長いキツいと怒られ、抜け道の路面が悪いと半泣きされ、
聞いていたルートと違うとなじられ、
後ろで平地の魔女の放つ負のオーラはもう魔女というか悪魔の禍々しいそれ。
20160621214539255.jpg
羽は羽でもどうやら悪魔の羽だったようです。
120km、1700m余りでしたが、調子の悪さも手伝ってなかなかハードな行程でした。
有田で温泉に入って帰りましたが、帰りの道中にて夕飯で揉めたのは、もうお約束というほかありません。。。
スポンサーサイト

201403220005.jpg
此処から先は下ハン持ってダンシングのみで。

三連休、金曜日にふと思いついた千葉山行き。
また新規ルートを模索ついでに。

春分も過ぎ、昼間は気温が上がり暖かいらしいと聞いたので薄手の装備。
すでに不退転の決意でウィンドブレイクは衣装ケースになおしちゃったもんね。
しかし曇ってるしさみーな。
いつもならちょいと上るとウィンドブレーカーなんてすぐ脱いじゃうのに
今日は着たまんまで紀見峠
いや、これは流石に暑かった。

橋本まで下って紀ノ川沿いを西へ。
午前中の早い時間帯は東風と予想したのだけれど
見事にハズレ。
冬の北西の風で稼ぎ時のこの平坦区間もペースはあがんね。

424号で海南市に。
そのまま424号で黒沢牧場まで。
雰囲気的にツンデレの海南高原コースに似てなくもないけど
片や県道、片や国道(400番代だけど)なのでまあ海南高原の姉さん的な。
一部狭路があるものの、現在も舗装の改修工事が進んでおり、
非常に走りやすくなっております。
そして皮肉なことに交通量はそんなに多くないようで。
20140322000.jpg
この辺りの時間帯から晴れ間がのぞく。

後は下って有田川町へ突入。
ちょうどいい頃合いなのでまずは昼飯。
千葉山といえば清乃なんだけれど、今日は藤並の月乃家
豚骨醤油ラーメンを食す。
清乃で並んで待ったことはないのだけどこちらは結構な待ち時間が発生しておりました。
ただそこはワタクシ、食欲との同行二人でございますので
10分ぐらいでカウンター席にありつけました。
20140322003.jpg
これに鶏唐揚がついてランチセット850円也。
しかもしらすご飯はおかわり出来るんだぜ(1回のみ)
ぼかぁ、しませんでしたけど。
後先考えるお年頃、今の飽食が未来の絶食に繋がるのだ。
ただ、抗いがたい時もあるのは承知。
まあ何よりこれから上るので、八分目がよかろうて。

噂のアレペイント。
20140322006.jpg
ちょうど中間地点ぐらいか。
ミカン畑は収穫も終わって青々とした葉っぱのみ。
荷台一杯にかごを積んだ軽トラックも姿はなく
したがって人影も皆無。
スプリントペイントから指示通りダンシングしてみるけれど
最後まで保ちませんでした。
20140322007.jpg
立ち姿が美しい。

ここからは海南高原ルートで北側へ降りる。
ただしもうヘロヘロなので千葉山と同じぐらい愛してやまないインナーローで
コンクリーなキツ目の登り返しと荒れた切通しの道を進む。
そしてなぜか胃がキリキリと痛み出す。
食べてすぐ千葉山に手を出したからだ。
少し休んでたらマシになったので帰路を急ぐ。

海南市に戻って、初めてな矢田峠を越えて紀の川へ出るルートを模索。
矢田峠、交通量は多いもののそれほど登らず楽に行けるので
西回りの海沿いルートよりは距離を短縮出来る。

紀の川へ出て追い風欠乏症なので東へ橋本まで。
橋本あたりでまさかのハンガーノック。
謎の胃痛でエナジードリンクのみで補給食を避けていたからでしょう。
ヘタ打ちました。
どうせならってことでこれも私が愛してやまない
371号沿いのパン工房KAWAの生クリームサンドで回復させる。
たぶん3口ぐらいで食べたんではなかろうか。
かーらーのー
紀見峠入り口で甘いホットコーヒーでダメ押し。
えらいもんで、こうなると結構走れちゃうもんな紀見峠

ただもう日が暮れて来て
峠を越えてからは残業(ライトON)となりました。

今日のルートはまだ煮詰め方が足りないのでB案だなぁ。
やっぱり遠回りのようで実は早い海沿いルートがいいかなぁ。
もちろん風向きや諸条件にもよりますが。
どのルートでも楽しいです、千葉山はやっぱ。

215km。






本日は先週の天気予報のせいで流れた海南高原へ行って参りました。
となるとまあ200kmコースな訳で。

6時には出発。
日も明けていないのでさむー。
予報じゃ晴天とのことなので結構薄着。
インナーだけクラフトの半袖冬用、夏用ジャージ上下に
ジレを羽織って、ディフィートのレッグ、アームウォーマー。
このディフィートのウォーマー類がすこぶる良い。
あんまり自転車関係でオススメモノ紹介しないけれど
ディフィートは自信を持ってオススメします。
冬の自転車ウェアは保温性以上にズレない、スレない、バタつかないが大事。
閑話休題。

トトロ街道から紀見峠の登り口あたりでやっと体が温まって来た感じ。
紀の川へ降りると辺り一面、川からの霧で真っ白けっけ。
蒸気の霧ってやつかな。
なかなか幻想的。
20131123003.jpg
ここから西へ。
風予報だとこの辺りは朝の短い時間帯だけ東風で
追い風になるはずなんだけど…
実感できる程の風ではなく。
まあ向かい風ではなかったので良しとせねば。
424号に入って南へ進路をとる。
ショートカット出来るかなーと畑を貫く
のどかな田舎道に入ってみたらいやはや盛大に迷う。
Google先生にお世話になること数回、やっと軌道修正。
こうやって道を覚えていてくのです、ハイ。

424号をドン突きまで行って370号へ合流。
しばらく行くと海南高原への登り口発見。
20131123004.jpg
うん、いい天気、寒いけど。
海南高原はピークまで約7.6km、平均勾配5.9%という感じ。
最大斜度は体感で10%ぐらいかな。
最初は舗装したての2車線のゆったり広い緩斜面。
それもすぐに隘路となって集落の中を進む。
コンクリーとアスファルトが織り交ざった登りだと
コンクリーで斜度が上がるのに
ここではアスファルトになると斜度が上がる。
なかなかのツンデレ系な登り。
願成寺の看板を過ぎると一旦デレに入って緩む。
大きなつづらを越えてもまだ下界の景色は見せてはくれない、ここはツン。
2つ目のつづらでちらっと開けた景色を見せてくれる、ここはちょいデレ。
こっからまた斜度が上がってツンモード。
終盤の3つ目のつづらでどーんと開けた景色を見せてくれる、ここでデレ全開。
ここからは緩んだりきつくなったりのデレツンデレの繰り返し。
変化があって良い感じ。
有田川町に入って千葉山へ抜けられる道を探すべくゴルフ場を登り返し。
どこもそうだけどゴルフ場周りの道ってキツイですよね。
で、見つけたんですけど。
20131123006.jpg
こんな感じです。
もう人外とエンカウントする雰囲気がビンビンです。
私は嫌いじゃないぜー、えいやっと抜けると
コスモスパークへ繋がる道へと合流。
20131123007.jpg
この一番下の←海南市ってとこから出てきたんですな。
後は見覚えのある道。
一旦下って登り返して千葉山へ抜けられる。
が、この登り返しがなかなかな尖り具合なツンでありまして。
みんなが愛してやまないインナーローに入れちゃいましょ。
20131123009.jpg
風車は稼ぎ時、書き入れ時、全台機嫌よく回る回る。
よーし千葉山のうねうね下り満喫するべ。
山には無数の明かりが灯ったように鈴なりみかん。
20131123012.jpg
無人販売では一袋100円、バケツ一杯500円。

昼飯は清乃さんの有田ブラック&しらす丼。
海南高原の下りも面白そうだけど
逆打ちだとこれを食べた後に千葉山を登るんだなぁー。
まあそれも良いかも。

帰りは定番の孝子峠から。
2014春に孝子峠にイオンが出来るようで
交通の流れも変わってしまうんだろうなー。
あ、でも道路の拡張工事はやってるのでそれに期待。

順調だった行程も途中、前触れのない腹痛で
コンビニトイレに駆け込むこと2回。
どちらも辛勝。
ただローソンは驚愕の和式トイレで
150km走った脚で和式でしゃがむと腿がピクピクとつる。
狭いトイレで悶絶すること数分。
コンビニはセブンイレブン一択だよ、もう。

紀州街道は安定のストップ・アンド・ゴー。
ここではサボらずにギアかけて。
そのおかげか目標の17時には帰宅。
ただアベ25の壁は厚く高く。

202km(もうちょっとどうにかすれば200km未満で納まるハズ)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。