上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

寒そうで暖かい。
久しぶりにクラシカルなニット地のジャージを着る。
古着屋で見つけたのです。
もちろんお値打ち価格。
このぐらいの季節にはちょうど良いですよ。
この間、お尻が痛かったので今日はインナーパンツを下に履いて
ダブルパッドで行ってみる。
股間も暖かいしちょーどええ。

今日は決め打ち平坦練。

宇治の名店、たま木亭へ。
義姉にお土産でいただいた時
「なんじゃこのウマいパンは!!」
と軽いカルチャーショックを受けました。
それ以来、いつか行こうと心に決めて幾年月。
宇治の討ち入りは本日と相成りました。

今日は平坦で行こうってことで淀川まで出る。
淀川までは内環を走ったのだけれど、コエーよ。
飛び出し、幅寄せ、逆走…。
オタオタしつつ神経衰弱なみに疲れた。

淀川に出たら快走、とはいかず
噂の車止めの洗礼を受ける。
たしかにこれはちょっとどーなのよ!って気持ちになりますな。
慣れた人はヒョイヒョイと足を上げて止まらずにやり過ごす。
ふむふむ、なるほど、そこで足を上げて、そのタイミングで…うむ。
何度か横目で盗み見してイメージトレーニングしてたら
出来そうな気になってきた。
ほんでもってやってみたら、
見事にコケました…。
鍋谷の下りで落車して以来のコケ。
これはチャレンジしてのコケだからいいコケだ!
と自分で自分を励ましつつ、恥ずかしさと戦う。
pic20101127001.jpg

医大裏の自転車乗りがたむろする休憩所近くだったので余計に…。
右ひざ強打だけですんで良かったよ。

はい、気をとりなおして御幸橋まで追い風に乗って頑張る。
pic20101127002.jpg

ここから川が三つに分かれる。
木津川、宇治川、桂川。
今日は黄檗へ行くので宇治川沿いを行く。
人が少なめでここも頑張って踏む。
対岸に京都競馬場を見ながら、気持ち良い快走路。
伏見港公園で一休み。
pic20101127003.jpg
中書島駅からなんか道がややこしい。
京都外環状線が自転車が通行禁止っぽいので回り道させられる。
観月橋を渡ってまた宇治川沿いを走る。
この辺りは落語によく出てくる三十石船の船着場。
ちょっと感動。三十石夢の通い路。

黄檗駅、自衛隊駐屯地前のたま木亭到着。
なんと店外へ行列が伸びている。
pic20101127004.jpg
その中に汗臭い自転車乗りも並ばさせていただく。
順路に沿ってパンをピックアップ。
やっぱりあのパンも って逆戻りするのがはばかられる狭さ。
でも大丈夫、何取っても美味いですから。

近くの黄檗公園まで移動していただく。
ウマい!もうウマイ、ほんとウマイ!。
パンシューが今日の一等賞。
やや固めの生地の中にサイコロ状のベーコンとじゃがいも。
オリーブオイルと黒胡椒が絡んでたまらん。
これをおかずに白飯が食えます、私だけだと思うけど。。。
油がガツンと来そうでこないんだな、あら不思議。
名前忘れたけど外にアーモンド、中に栗のペーストとチョコが入ってるやつもウマイ。
洋風アンパンは外がカリカリ、中は甘さひかえめのこしあん。
お酒にあうんじゃね。
さすがです、たま木亭さん、参りました。

食べたら動く。
7号線を南へ、宇治橋を渡る
pic20101127005.jpg
山、川、橋、まさに京都。

宇治まで来たので、ちょこっと平等院を覗いていく。
pic20101127006.jpg
すごい人なので、鳳凰堂は外からチラッと見るだけ。
参道はお茶の香りがした。

淀川沿いで帰るつもりだったけど、
あの車止めに嫌気が差したので
第二京阪沿いの自転車道で帰ることにする。

っとその前に流れ橋へ寄り道。
特に何もないけど、それが良い風情。
pic20101127008.jpg


噂の第二京阪は結構楽しめた。
でもここにもあったぞ車止め。
憎々しいヤツめ。
道自体は意表をつくアップダウンが面白い。
でもやっぱり段差は段差のまま残してあってがっかり。
広い歩道を線で分割しただけってか。
残念。

途中で勝手知ったる旧170号にそれる。
流れが悪いけどもうしょうがないので
そのまま大和川まで帰ってきました。

もうパンシューばかウマだったので
大満足の平坦練でした。

151km。


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。