上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はヒッサしぶりの鍋谷詣。
あまりに久しぶり過ぎて軽く道を間違える。
今日が運動会の小学校も多いようで、
普段車が止まってないような路肩でまで車列で埋まってたり。

近いようで遠い鍋谷峠。
近場で金剛山や、水越とか路面が良くて
道幅もあって登りやすくて下りやすいところがたくさんあるし。
それでもやっぱり師匠格のオーラというか風格はなんとなく感じる。

ところどころ路面が新しくなっている箇所もあったけれど
全体としては前のままの印象。
前からはぱらぱらと自転車が降りてくる程度。
その3倍ぐらい車の行き来があって、なかなかどうも。
両側からせり出した緑が濃くて、森林浴気分。
非花粉症万歳。

看板前で小休止して、今日はもうちょい登ることにする。
三国山レーダー塔まで。
冬は冬で雰囲気は良いのだけれど、
命の息吹が色濃い、5月だとまた違った風情というか
緊張感があるわけで。
アブだかハチだかブンブン、10%の急坂の路面には
大ミミズだか、ヘビだかの死骸が。
両脇の草むらからはガサゴソ何かが動く音と気配がする。
ザッツヒルクライムアドベンチャー。

針葉樹の赤茶けた落葉が道の両端と真ん中に集まって
さしずめ路肩とセンターラインの様だ。
中盤の急坂の繰り返しで、きつくなった時に
あえてニエベのダンシングのモノマネなんかしながら。
やや前荷重で腕は伸ばしたまま、
バイクは振っても頭、上半身は振らない。
まあ、余計に疲れたっていう、やる前にわかりきってた結果は置いといて。
いつも心に遊びしろを。

2012-05-27 13.19.38


本日のちまこっぴ。
着いた瞬間から、アブだかハチだかにブンブン追い立てられるので
休憩もそこそこに帰ることにする。
PhotoGrid_1338120637890.jpg


鍋谷と言えば泉北堂だろ、って言うのは
帰宅ルートに乗っかってるから。
インドカレーパンはいまひとつだったけれど
クリームパン、極の生クリームパンは不動の旨さ。
ホントはバゲットをピックアップしに
浜寺公園まで出るつもりだったけれど
素敵マダムのお店は本日休みだった。
そして今日飲んだ桜サイダーは微妙、かなり微妙。
でも、また飲みたくなる不思議なテイスト。
ニッチな味を追求するチェリオ、いいね。

70km。
スポンサーサイト

阪神は二連敗してあっけなく敗退。
まあ分かりやすくて良いわな。
おつかれさまでした。
シルシルミシルの工場見学シリーズ
ついつい見てしまう。

シンプルイズベスト。
ということで、昼から鍋谷いってこいコース。
漢字で書くと往って来い?行って来い?
同じルートで往復ってことですが、蛇足ですか。

暑くも寒くもなくって、良い気候。
それでも漕いでりゃ汗は出る。
じんわりじんわり汗は出る。

pic20101023002.jpg

小川大野トンネルに着く頃には
インナーは汗でじっとり。
でも今日は忘れずにウィンドブレーカーを持参したので
全然OKです。

平べったいうるめのように干からびた蛇や
やる気マンマン威嚇のポーズのカマキリを見ながら
鍋谷れっつごー。
今日は下りてくる車が多かったような。
自転車はまばら。鈴鹿かロング練でしょうか。

看板前で10分ほどボーっとした後、下ります。
pic20101023003.jpg

久しぶりに袋から取り出したウィンドブレーカーは
当然のようにしわっしわっで心なしか匂うぞ。
手洗いもみ洗いせねば。

小川大野トンネルからの下りで久しぶりに
65㎞オーバーで頑張ってみる。
見通し良くてもやっぱり怖いっす。


帰りに少しだけ寄り道して天野CCを抜けて行く。
北行きは下り基調で爽快。
短いけれどくねくね下りを堪能。

また寄り道して泉北堂でパンを買う。
どのパンもずっしり重く中身が詰まってる。
pic20101023004.jpg

今日は補給ではないので二つだけ。
クリームパンとジャーマンポテト。
ジャーマンポテトはもう少し塩が効いてるほうが好み。
泉北堂はレシートにパンの名前が出るので後々便利。
ありそうでこれがなかなかないのですよ。
菓子パンx1 フランスパンx1 とかになってるのがほとんど。
ほんの些細なことだけど。

63㎞。

今日は時間が出来たので
アップダウンを求めて南へ。
今週末は雨模様らしく、ローラー台もないので
天気の良い日に実走するしかありまへん。
この季節、着ていくものに困る。
しばし悩んで、半袖インナーに薄手長袖ジャージ、薄手タイツの晩秋仕様。

鍋谷峠を目指して、泉北を抜けて行く。
路肩が広く採ってある道をつないで
泉北堂でクリームパンを腹に収める。
ウマー。

ハーベストの丘、南楽園前の丘を越えて和泉市へ。
ところどころ金木犀の香りがするぞ。
なんか得した気分。

ピッピッ。
心拍計の調子が悪く時折200オーバーの数値を知らせてくれる。
先日パッキンをなくしてから輪ゴムで
パッキンの代用をしているのが原因かー。
開けてみると汗が染みこんでおりまして・・・。
どうしようもないので、汗を拭き取り、電池もふきふき
輪ゴムを溝に合わせて、だましだまし使う。

170号から228号にそれてミカン畑を抜けて新道へ行く。

pic1006001.jpg

路面が最高でアップダウンもあり、なおかつ車通りは少ない。
入り口近くでヒゲの異人さんと対向。
右手を軽く挙げてごあいさつ。
コンニチワー。

トンネル工事もやっております。
楽しげな滑り台に見えなくもない。
pic1006002.jpg

和歌山側もちまちまやってるし、早く完成しないかの。

乳滝前の坂もやっつけて、登坂スタート。

登りはじめてしばらくすると、マトリックスの皆様が下りてくる。
おつかれさまです。
pic1006004.jpg

しばらく行くと、やたら思いギアを踏んでる方に追いつき追い抜く。
なんとピストで固定ギアで登られてました。
スゲー。
平日でもそれなりに自転車を見かけます、鍋谷
頂上近くではお揃いのジャージを着た老夫婦を見かける。
すごいなー、かっちょいいお年の重ね方をしてこられたんだろうなー。
そんなこんなで31分かかって頂上へ。
え、遅いですか、私はたいがいこんなもんです。
20分前半とか、意味がわからない!世界です。
やっはー。

後は下るんですが、もう半袖ジャージでは下りが寒い。
長袖、ウィンドブレーカー必須。

pic1006003.jpg
下って登り口近くでさっきのヒゲに異人さんとまた対向。
向こうも「あっ!」という顔で右手で挨拶。
ぱっと見、あごひげも生やしたキーオみたい。
オマエサッキアッタナ、モウノボッタカ、ワテイマカラノボンネン。
うむ、頑張って。これも国際交流か。

後はメモリアル峠を越えて、金剛寺で時計と相談。
もうかえろーってことで
天野街道、西高野街道で帰宅。
天野街道は基本的に未舗装ですが、ロードでもなんとか走れます。
pic1006005.jpg

学生時代、初めて買ったパナソニックのMTBで走ってました。
ちょけて派手にこけた苦い思い出も。なつかしや。
切り通しで木洩れ日の中、アップダウンを走ります。
散歩している方やトレイルランされてる方もいるので
スピードは出せませんが、楽しい天野街道です。

62㎞。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。