上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに半日フリーで走ろう、ということでライドプランをyoshiから丸投げされたので
これまた久しぶりの坂成分を織り交ぜることにする。

先週サラッと行った滝畑ダムでも、yoshiは弱音を吐いていたので
穴虫峠でご機嫌伺い。
やっと春めいた703号線の土手の菜の花の向こうに、可愛らしい近鉄南大阪線の2両編成が通り過ぎる。
花粉症でない我々はこれ幸いにと、呑気なものです。

穴虫峠をこえていつものニ上の2店を訪問。
まずはpanya junya(PJ)で仕入れ業務。
まだ首がすわらない赤ちゃんを背負いながらレジを打つ奥さまが頼もしい。
yoshiは一瞬の隙をつかれて、目の前で掠め取られた
明太子フランスが悔やまれてしょうがない様子。
20170319221411013.jpg
本日の厳選の6品。

徒歩10秒のお隣、COCOCOFFEEへ。
オーナーはとうとうビアンキのミニベロを購入したらしく
もっぱら店への通勤で乗っているらしいが、
「今日は車です」ってなに、ソレ。
ミニベロにまたがる勇姿を見たかったです、ハイ。
どかっと二上に根付いた証、
狭い店内は常連さんでごった返していたので、外のベンチで。
20170319222301354.jpg
同じコロンビアのグレード違い。
お高いやつは苦味の重厚感、お値打ちの方はスッキリと。

ここから山麓線を南へ、っと予定していたのだけれど
道の駅がオープンした影響か、だいぶと混んでいたので迷子覚悟でうねうね裏道を選択してみる。
…案の定、やっぱり迷子になる。
GoogleMap先生に教えを乞いながら、なんとか南へ南へ。
yoshiのブーたれ文句を聞き流しながら、どうにかこうにか開店前に到着。
20170319230834432.jpg
御所のグリルヨシダさん。
開店30分前ぐらいに到着して、余裕綽々の体でいたら
15分前にはやおら最初の方が並んでいらっしゃったので、我々も2番目で開店を待つ。
結果、開店前には10名前後の方々が行列をなして待つという事態に。

オーダーはこれ、チキン南蛮定食。
20170319222053629.jpg
そこそこ大きいです。
その割に、というかよくあるチキン南蛮よりは衣は薄く、それほど油っぽさは感じない。
そしてタルタルが美味。微かに鼻を刺激する謎のスパイシーテイスト。
yoshiもこれはイケるのか、私へのスルーパスは一切れだけで、ほぼ完食。
ごちそうさまでした。

満腹で下を向くと、色々危ない我々ですが、無謀にも裏水越で帰阪するルートを選択。
まあ、私のプランニングですので、好きな裏水越になるは必然。
yoshiも野犬の噂で、裏水越は登ったことがないと言うのでね。
名柄郵便局から集落を抜けるコースで、二人で話せる、8~10キロのペースで行く。
何度か上がってくるゲップをやり過ごしながら淡々と。
序盤からペースを掴んだせいか、案外登れちゃったyoshiは嬉しそう。
良い意味で追い込み癖が抜けてきたのかもね。
春めいたとは言え、水越峠の風はまだ冷たい。
麓の梅が桜に変わるにはもう少し時間がかかるかなぁ。

スポンサーサイト

9/24土曜日、久しぶりにyoshiと二人で走るつもりで
水越峠から幾つか寄り道して、穴虫で帰るいつもルートを行くはずが
休憩がてら見たスマホの雨雲レーダーはなんだか不穏な結果。
協議の結果、目的を仕入れにして引き返すことに。
まずは道明寺のcoccoyaに。
奥さまが作るフルーツサンドが飛ぶように売れていますね。
この時期はイチジクが良いようで。
20160925213620912.jpg
星人パンは果たしてどこから食べるのが良いのだろう。
yoshiはパンも去ることながら、横で売られている雑貨に夢中。
ピアスがお気に入りなのだけれど、この日はバッジを買っていました。
20160925214122405.jpg
やる気のない鳩がシュール。

その後はお馴染みときパンへ。
ひっきりなしにお客さんが立ち代わり入れ替わり。
私たちは上がりかまちに腰掛けて、くるみあんぱんの焼き上がりを待つ。
帽子パンを愛してやまない少年が、今日は焼き上がりがないと聞いて
分かりやすくしょぼくれながら、お母さんの脚にまとわりつくのを眺めたり
オーナーやそのお母さんと話しながら焼き上がりを待つひとときは長いようで短い。
パンと色々な温かさを背負いながら今日は帰路へ。

明けて日曜日。
昨日のリベンジとばかりに水越峠へ。
今日は天気はなんとか保ちそう。
というか、残暑が厳しい、息苦しさを感じるくらいに。
20160925212048176.jpg
汗と同じくらい弱音を吐きながら登った水越峠の県境でyoshiはしばし放心状態。
二週間ぶりだと、このぐらいにはなっちゃいます。

下って山麓線を北上。
途中、「ラッテたかまつ」の看板を見たyoshiが「そういや行ったこと無いなぁ」というので
なら行ってみるかと西へそれて登り返すと、
坂の途中で「行きたいとは言ってない」という理不尽とも思える理由でこれ以上の登坂を拒否。
結果、私単独で開店してるかどうか偵察へ。
20160925212117907.jpg
ご覧の通り開店していたので、電話で報告するとやっぱり1ミリも登る気はないようで、何も買わずに引き返す。
目の前のソフトクリームよりも妻優先、あくまでも妻優先。
大事なことなので二回言いました。(イメージ戦略)

気を取り直して山麓線。
20160925212230226.jpg
彼岸花の盛りで頭を垂れた稲穂の傍に必ずと言っていいほどの赤の群生。

二上駅前、お馴染みPJにて仕入れ。
が、奥さまの出産の為、翌26日から休業するそうで、その影響でプチフィーバーが起きてパンが全然ありませぬ。
焼き上がりを待つのはもうすぐ1周年を迎える、お隣COCOCOFFEE
ビアンキに興味津々なオーナーと話しながらの待ち時間もやはり長いようで短い。
お互いのオススメ飲食店情報を交換しながら、振る舞いシフォンケーキをごちそうになる。
その帰りにオーナーに教えて貰った穴虫交差点にほど近い、ヒラタ洋食店で昼食をば。
20160925212527659.jpg
本日の日替わり、唐揚げと卵のチーズ焼き、700円也。
唐揚げにソースがかかっている独特のスタイル。
唐揚げは醤油とにんにくの味付けで衣がしっとりしているタイプ。
店員さんにご飯のおかわりを進められたけど、今日は自重。
そのおかげで穴虫峠は体の怠さは最小限でこなせた。

県境で買ったばかりのクロスバイクでチェーン落ちした方がいらっしゃったので、
yoshiが話しかけて私が直すといういつものスタイル。
リアディレーラーを押しながらチェーンをクランクの下側に乗っけて
逆回転からの正回転、とまあすぐに直って我々は下ったのだけれど、
その間に『なぜチェーン落ちしたのか』『次に同じように落ちた時の為の手順の説明』をするべきだったなあと反省。
yoshiも同じ様に考えていたみたいで、難しさを痛感。
願わくば、自転車乗りの中だけでもPay It Forwardが進めばね。

非常に珍しいことだけど、常にロードバイクが車に積みっぱなしの
kazuyanが走りたいと言ったので夫婦でお供することに。
ノープランで森屋交差点まで来て、yoshiの一言で金剛RWに決定。
20160424211750307.jpg
夏日を思わせる暖かさ、いや暑さと言うべきか。
yoshiは序盤からマイペースで。
いつも通り、居るのか居ないのか分からない、ステルス走法kazuyanとは消防署まで。
ケイデンスを上げて消えて行きはったわ。
付いて行きたいのやまやまですが、三者三様、登坂の悲哀を噛みしめる。
太ったせいだけではない、この踏み込みの足りなさを痛感する。
アンクリングを恐れずカカトもちゃんと使うイメージを大切に。
日陰ではシャガの花が青白く、妖しく咲いておりました。
20160424211939131.jpg
ハンガーノックの自転車乗りをフラフラっと山や谷へ誘いそうな、
そんなオドロオドロしい妄想で辛さを紛らわす。

少し早めのお昼をキッチンハートにて。
自転車乗りが結構来店するにも関わらず、頑なに自転車ラックがないんだな。
ま、車での来店者とは比ぶべくもなし、か。
ランチ食べまして、次、仕入れ。
kazuyanもしぶしぶ連れて行くのは『パリーネ狭山店』
yoshiがだいぶとお世話になっておりますパリーネさんのニューカマー。
駐車場有り、カフェ有り、ここでもyoshiの目が爛々と輝いておりました。
1500円ほど仕入れして(給料日前なので抑えめ)帰宅。

帰宅後は四輪に乗り換えてフラフラっと
karo 馥郁焙煎工房』さんへ。
ふくいくとは良い香りのこと。まさに。
20160424211813694.jpg
JRの高架下、錆びたトタンが郷愁を誘う、じゃりン子チエの世界観。
SPD-SLクリートが付いたシューズでは上がれないような急な階段を上がると
コンクリートむき出しの空間に和箪笥の数々。
BGMは天井から、間欠的に降り注ぐ電車の通過音。
『珈琲』という感じのブレンドを飲みながら
荒木飛呂彦先生のバオー来訪者をコミック版で読める。
20160424211842093.jpg
これを読みに自転車で、行けるか??

yoshiと組んでエンデューロに出る為、
(最初、トラバラを提案したんだけど『アナタと組んでも勝てる気がしない』とバッサリ)
その調整がてら堺浜に行くはずが
yoshiが諸般の事情により実家の母のもとへ。
深刻な事情はなく、喋る相手が欲しかったのだろう。
それぞれの旦那の悪口でも言ってたんでしょうね。
ということで、独自の調整で久しぶりの単独行は水越峠へ。
20160424212642894.jpg
そろそろツツジの季節か、駐車車両も増えてまいりました。
顔だけ洗って、敬遠していて久しぶりの山麓線で北へ。
ん?路面はまあアレだけど、思ったよりダンプ少なめで走りやすいぞ。
珍しく、クラクションも浴びなかったし。
途中で山麓線をそれて、二上へ。
PJとCCCで休憩。
CCCではそろそろアイスが飲みたい頃合い。
4坪ほどの店内で、常連さんに混じってワイワイと。
CCCのコーヒーは『coffee』って感じがします、なんとなく。
久しぶりの連休、そして久しぶりの連走でした。
おかげさまで脚が。。。金グリ飲も。。。



色々とプライベート行事が立て込んでおりまして
なかなかゆっくりと更新出来ておりません。。。
かろうじて、広告は出てはおりません。

自転車は隙間時間にちょこちょこと。
妻の平地の魔女はランニングに目覚めたようで、
1月のハーフマラソンに照準を定めました。
私の兄もそれに出るようですが、私は出ません、あしからず。

サボっていた間にも
mashuと葡萄坂に行ったり。
20151129223338623.jpg
ハンデなしで先着したyoshiは偉そうに腕組みで待っています。
到着したmashuは『頭が痛いッス、マジヤバいッス』と言って、
ここからののどか村への登坂を拒否りました。

また同じメンツである日は水越峠へ。
20151129223307023.jpg
ここではmashuはが先着。
徐々に調子が上がって来たね。
yoshiはまだ余力を残している様なこの笑顔ですが、実は売り切れヘロヘロです。

今日は一人で金剛山へ。
毎年、毎季節同じ道を走ると少しづつ移ろって行く様が見えて楽しい。
映画『SMOKE』のハーヴェイ・カイテルの定点観測の様に、サドルの上からの定点観測。
いやまあ、動いて移動しながらだから、正確には定点観測ではないか。
20151129223013209.jpg
コースで咲いていた皇帝ダリア(たぶん…)
紅葉や山茶花の暖色系が多いこの季節、
身を切るような晴れた朝の寒さの中に青を見ると、余計に背筋が伸びる思いです。
20151129223133398.jpg
青があって赤がある、それもまた良し。
今年は暖かい日が続いたせいか
なんだか赤が控えめか。

特に追い込むでもなく、ヌルっと登り切って茶屋前。
喧嘩しているみたいな、強い口調でやり取りする老夫婦の会話を聞きながら休憩。
芳醇ミルクティーで一息つく。
メッツがカロリーオフになったのも残念だけど、
エスプレッソティーがラインナップから消えてしまったのも残念です。
20151129223159406.jpg
実は色々機材トラブルがあって、ここからは真っ直ぐに帰路へ。
ボトルケージは外れるわ、リアエンドは曲がってるわで登り以上に大汗をかきました。
なんだか、どっと疲れる11月でした。


今日は路面が乾くのを待って(というか午前中ダラダラしてただけ)
竹内街道へ。

20140302000.jpg
春日西から街道を道の駅まで。
石畳があるものの逆に風情があって166号よりこっちが好き。
夏にはキャンドルイベントがあったりするんだぜー。

道の駅からはほどほどの距離で竹内峠着。
水越を登るがために竹内峠を使ったというのが正直なところ。

下って山麓線。南行きは久しぶりな感じ。
山麓線、あんまり好きくないので。

途中で寄り道。
山麓公園交差点の南、畜産ショップの牛の看板を西へ入って
突き当り、農カフェ『
20140302008.jpg
実はこの辺りは昔々、農が盛んだったようで
母屋の向かいにはその名残の瓦屋根の牛舎も現存する。
そういや山麓線の東側で突然牛に出会ったりするしなぁ。

カチカチプリンとコーヒーをいただく。
20140302005.jpg
牛乳プリンのしっかりしたやつに粘度の低い甘めのカラメルソース。
噛みごたえ十分。
プリンよりもコーヒーの方が好み。
語弊があるかもだけど、ちゃんとしたコーヒーでした。
クッキング・パパみたいなこちらのオーナーも自転車に乗られるようで。
その関係か、よく自転車乗りが立ち寄るみたいです。
20140302007.jpg
だるまストーブの可愛らしさよ。
犬の立ち姿に似た脚がステキ。

時折野良犬が姿を見せる水越峠を越える。
下から見上げるとずいぶんモヤがかかっていたけれど
登ってみるともっと特になんということはない。
なんだか今日は特に静かだったなぁ。

60km。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。