上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってきた台風は途中で息切れして消滅。(正確には低気圧にスケールダウン)
天気は持ち直した週末、ちょっくらジェラートを食べに和歌山県紀美野町へ。

ささ、鍋谷なんかの行かず
トトロ街道からの紀見峠で和歌山さん、こんにちは。
20130622031.jpg
アジサイ綺麗だね。

最近は奈良づいていたので久しぶりです。
紀の川沿いを西へ、424号を目指します。
草刈りが終わったばっかりの堤防はむっとする草いきれはなくて
すっきり散髪したてのような爽やかな趣き。
426号は多少のアップダウンを丁寧にやっつけていつもの分岐点。
ドーシェルは左へ、私は右へ。
県道10号線で370号線に合流。
ここは梨木峠という立派な名前があるのを初めて知りました。
ここからはしばらく東へ東へ。
ぼーっと走ってたら、はい道を間違えて370号をそれてしまい
真国トンネル、上ノ城トンネルを使って南へ軌道修正。
ここのトンネルが滅法気持ちいい。
冷えた風が吹き抜けて良い感じでクールダウンになります。
車の通行量もそれほどなく自歩道も広め(北行き)

赤い正方形の案内板を頼りにしばらく行くと
20130622007.jpg
急坂を下ったところにキミノーカ、到着。
種類は少ないものの地元の農作物で作られたジェラート。
八朔と白ワイン&干し柿のダブルをチョイス。
八朔は想像通り、酸味爽やか。
もうひとつは白ワインや干し柿を食べたのは遠い昔なので
何がどうとかはわかりませぬが、美味しいことは確かでした。
何より店員さんが自転車乗りに優しくて氷の入った冷えた水を
何杯もすすめてくださいました。ありがとう。
手製の自転車ラックもあります。
自転車乗りなんて自転車ラックあるだけで
店の好感度2割アップさせちゃうかわいい人種ですよ。
20130622006.jpg
次は土曜日オンリーの岳人さんへ向かう。
結構な坂と細い県道19号線を南下。
開店15分前だというのに、駐車場には満杯の車、
ガードレール沿いにはバイクやロードがすずなり。
たかがパンじゃないか!と並ぶのも馬鹿馬鹿しくなったので
このまま南下することにして、行列を横目にスタート。
ががが、また道を間違えてキミノーカに方に戻ってるわー。
あーまた登り返して19号線を南東へ。
ががが、この19号線がだいぶと厳しい。
狭い暗い時々コンクリーな滑る路面。
上に行くほどにキツくなる斜度は責任者出てこいレベル。
ZONDAのスプロケではギアが足りない風味。
だいぶと消耗して480号線に合流して
次はあらぎの里へ行きましょう。
20130622032.jpg
そろそろミドリが緑として瑞々しく若々しく色味を増す頃か、そんな眺望。

赤玉食堂まで足を伸ばして、わさび定食でお昼、いただきます。
いつも麺類が残念な気がするのは…気のせいにしとこう。
さー帰るで。
480号線を西へ、道の駅、明恵ふるさと館まで行って
焼き鳥休憩、脚は終わったなぁーと思いながら
ストレッチするとまだ行けそうな気がしてくるから不思議。
自己暗示って恐ろしい。
やっぱり登ろう千葉山
20130622027.jpg
辛く楽しい7kmの登坂。
風車って見飽きないのよねー。
この日はサボり風車はなくて、
全機、機嫌よくぐるぅんぐるぅん回っておりました。
そのまま進んで県道159号線で42号線への着地点を模索。
20130622030.jpg
県道さん、絶景だもの。
油断してると絶景だもの。
軽トラが唸りを上げて上がっていく、絶景だもの。

下津IC経由で42号線に合流すると、本格的帰路についた気がします。
ライトはあるもののお世話にならないように
日暮れ前に帰宅を目標に据える。
そろそろ集中力が落ちる頃合いなので
ここから真面目に帰ります。
なもんで、実用性重視で孝子峠で帰阪。
これを越えるともう紀州街道をやっつけるだけ。
信号が多いストップ&ゴーの連続。
日の入り時間から5分程度オーバーしたけどまあ良しとする。

今日の教訓
和歌山の県道はイカツイ。
234km。

スポンサーサイト

よしきたー、久しぶりのさたでーほりでぃ。
繁忙期の最後っ屁残り香が色濃いものの
休んじゃったものはしょうがあんめぇ。
土曜しか行けないところへらーいどおーん。

毎年、紫外線なんて気にしてなかったけど
この歳になって学んだ事実。
「日焼けは疲れる」

以前、ツールでミラーが日焼け止めクリームで
顔が真っ白になってたのを栗村さんがひとしきり弄ってたのを思いだした。
あの白さはヤなので、コネと泣き落としを駆使して
アームカバーの仕入れに成功。
今年はこれを着けるで。

と思ったけど何、この強風。
天気は良いからまあいいか。
荒ぶる鯉のぼり。
荒ぶる木々たち。
荒ぶる水面。

これで川沿い岳人コースは、ハイ消えたー。
近場の竹内峠萌黄コースで行きましょう。
追い風の竹内峠
越えて下って、すぐに到着。
pic201100514010.jpg
父を待つ子、ひとり。
パンを買う子連れ狼。ちゃん。
おめぇのマシン、カッチョいいな。

前に見たスティックパンは残念、ありませんです。
今日のイチバンはオトナのレーズンパン。
レーズンがうまい。いや、生地もウマイ。
でもやっぱりレーズンがウマイ。

pic201100514011.jpg
バラのある公園でパクついて

pic201100514012.jpg
荒ぶる鯉たちを眺める。

帰りは車で荒ぶる山麓線を通って
久しぶりに水越峠(裏)でまとめる。
名柄郵便局から旧道の入り口まで。
名柄交差点で曲がるより、やっぱりこっちがステキ。
旧道に入ると、今日は野良犬をちらほら見かけた。
吠えてきたら、ボトルの水をかけるべく
ボトル片手に戦闘準備をしたけれど、いたって大人しいというか疲れた犬ばかり。
今日は一段と緑が鮮やかに見える。
そんな水越峠。

裏が終われば、次は表。
表の旧道区間だけ登り返すx2。
pic201100514013.jpg
なんだか昭和のグループ交際みたいな感じの
若い男女の自転車集団が上がっていった。
蛇行しながら登る女の子たちを男子が一緒に登りながら励ましてた。
楽しそうだ。

石川CLまで出て、また竹ノ内街道まで行って
Panoにちょっと寄り道。
Panoも日祝定休日なんで、土曜ぐらいしかチャンスがない。
安い、美味い、デカイの白パンは残念ながら既に完売。
まあ、昼を過ぎたらそうなりますわな。

帰ってアームカバーを外すと寸足らずで
グローブとの隙間だけ焼けていた。
赤いシリコンバンド着けてるみたいに。

76Km。

今日も惰眠をぶち破って爽やかな目覚め。
最近、奈良ばっかりだったので
今日は和歌山だーっと。
土曜日しかやってないパン屋があるらしいので。
でもなんか開店前に行列が出来たり、競争率高め。
開店が11時。出発準備完了が8時。
ドーシェルのチョイ向こう。
山のパン屋のチョイ東。
どう考えても負け戦。
パン運は良い方なので自分の運を信じて出発。

和歌山、貴志方面ってことで今日は鍋谷を越えていく。
思ったより暖かいぞ。
480号に入った頃にはいそいそと一枚脱ぐ。
鍋谷の登り口からは少し冷えたが、それでも全然暖かいぞ。
元々遅いのに先を考えて抑え気味で登ってましたが
いつもよりプラス1Kmで回せる場面も多々あり。
ちょっと嬉しいぞー。

頂上にはTopFieldの皆さんが休憩中。
下り出発タイミングがほぼ同じだったので
下りの無賃乗車でラインを作ってもらった。
どーもすいやせん。

480号を穴伏まで下って麻生津大橋を渡って紀ノ川沿いを走る。
この辺りは快走路で気持ちよかと。
424号に入ってからはアップダウンがじわじわクる。
ついでに催してきたぞ。なんか冷えたかな。
セブンイレブンでトイレ休憩。
どうでもいいことだけど、セブンイレブンのトイレは
ウォシュレット率が高くてかなりステキ。
ドーシェルと同じく県道10号にそれていつもは左にそれるところを
そのまま10号で370号線へ抜ける。
この辺あんまり速度維持できず。微坂にじわじわやられてます。
美里中学校からもう一山越えて行く(だいぶここでヤラれた…)
いたるところに案内板があるので迷いませんが
案内板があるたびにゴールは近いと思って
ベーカリーアタックをかけて息も絶え絶えになる始末。
村上春樹の小説に似たようなタイトルがあったな。
うん、どーでもいいな、その情報。

そんなこんなで着いたぞーぃ。
薪焼き石窯パン 岳人
pic20101120009.jpg
11時半頃でしたがパンはまだまだあった。うっしゃ。
店舗はもうもろ「田舎の爺ちゃんち」の風情。
pic20101120005.jpg
パンはドイツ系、しかも薪で焼き上げるので
少し燻された風味がある。
パンを始められて丁度1年前とかで
素朴というか無骨な印象のパンです。
米朝か文枝でいうと文枝。
ラオウかトキかでいうとラオウ。
シマノかスラムでいうとスラム。
もうええちゅうねん。
クリームパンなんて、おふくろの味っぽくてどこか懐かし。
そんなパンを縁側に座って食べてるとほっこりほっこりしてきます。
pic20101120001.jpg

寒いときは畳の部屋でくつろぎながらイートイン。
縁側の向こうの山々見ながらガツガツ食える。
トイレもトイレというより「雪隠」という表現がしっくりくる。
オーナーのお父さんは堺の出身らしく色々お話をしていただきました。
そうこうしてるうちに混んできたのでお暇して帰路に着く。

370号に戻って、ひたすら北上する。
メロディロードは自転車で40キロで頑張っても意味をなさないですよ。
ただ不快な振動が伝わってくるだけ。
pic20101120010.jpg
微坂にまたまたヤラれて、花坂までくると高野山帰りの渋滞に引っかかる。
ルートの選択を間違えたなぁ、紅葉シーズンだもんなぁ。
pic20101120012.jpg

ゆるゆると下って魔のカーブも無事越えて、九度山から紀見峠で帰阪。
今日は100キロ超えたあたりからお尻がランブータン。
うーん、なんでやろー。

156km。




おまけ。
堺NTC 2Hナイターエンデューロを覗いてきました。
101120_2054~0001
寒いなかたくさんの出場選手たち。
トップは一周2.2キロを2分50秒前後で推移してました。
はえーのなんのって。
開始前のマトリックス安原監督の訓示。
「私のように紳士に、汚い言葉を使うことないように」
案の定、集団内で怒声飛び交い、色々モメてました。
狭いコースですから、色々ありますわな。
投光器のせいか、ちょっと目が疲れましたが、面白かったです。
でも寒いので途中でたいさーん。
おつかれっしたー。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。