本日は四季彩館へ行ってまいりました。
と言っても八幡のほうではなく河内長野の岩湧山の方。

水越峠や金剛山はどうも雲でガスってるように見える。
大和葛城山系は駄目だなってことで
和泉葛城山系の手近な岩湧山と相成りました。
それでも少し曇って風もそこそこ。
そうそう、これぐらいの日を待っていたんです。

まだ緩やかな三日市の221号線東側ルートから登り始める。
最初チョロチョロ、なかぱっぱ、最後にどーんと来る斜度。
ひと雨来たみたいで、木の枝葉で陰っている部分や区間はまだ濡れていた。
そんなこともあって、汗はガンガンかくけども、なんとなく涼しい登り。
途中のチェルシーが閉店していたのに驚いた。
岩湧屋は開いてたのかな。チェックし忘れ。
pic20110702010.jpg

チェルシーからちょっと行ったあたりから斜度が上がり始めて
駐車スペースあたりからはもうインナーローから動かせず。
ダンシングで止まらないようにするだけでいっぱいいっぱい。
最後のコンクリゾーンは時速5km。
コケなかった自分を褒めてあげたい。
これぞB型斜め45度思考。

pic20110702011.jpg
四季彩館は自販機もなんもない、素朴な休憩所。
開け放たれたドアや窓から吹きこんでくる風が気持ち良い。
思った以上に涼しいぞ。
休憩して頂上までもうちょっと登る。
サドルの前に座って、相変わらずのインナーローで。
西側の下りはブレーキ握りっぱなし。
濡れてるし、砂利は浮いてるし、狭いし、見通し悪いし。

滝畑ダムまで出て、食堂前でファンタ休憩。
ここもBBQ本番、美味そうな香りがあちこちから。
ダム沿道を頑張って、そのままたいちろうのぱんへ向かう。
ハラヘッタ。
思った以上にパンが残って嬉しびっくり。
ベーコンサンドのマヨネーズ変わった?
相変わらず美味い。

河内長野から石川CLとつないで大和川に出た辺りで
マトリックス発見。
ゆるりペースだったので、何気なくついて行ったらあっというまに下高野橋。
pic20110702012.jpg

このまま帰るつもりだったけれど、
煩悩に駆り立てられて、ちょっと寄り道。

けやき通りのCIAO、ジェラート食べる。
夏でも冬でもたまにお世話になってます。

オーソドックスにダブルのコーンで。
ひとつは即決のマンゴー。
こうなると相方選びに困る。
割と保守的なので、ダブルにフルーツとクリーム系は合わせない。
バニラは懐が深いので別としても、クリームチーズ系はダメ。
そうなると一気に選択肢が減る。
30秒ほど考えて、相方はダークチェリーに決定。
まずまずの線に落ち着いたかと。
pic20110702014.jpg

マンゴーうますうまし。濃ゆいけど後味さっぱり。
チェリーの印象がなくなるくらい。チェリーも美味かったけど。
飲む勢いで完食。

帰りの平坦も頑張った。
今日は平坦だけそこそこイケた気がする。
もちろんどこに基準を置くのかという話は置いといて。
あくまで自分基準で。

81km。