上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日も惰眠をぶち破って爽やかな目覚め。
最近、奈良ばっかりだったので
今日は和歌山だーっと。
土曜日しかやってないパン屋があるらしいので。
でもなんか開店前に行列が出来たり、競争率高め。
開店が11時。出発準備完了が8時。
ドーシェルのチョイ向こう。
山のパン屋のチョイ東。
どう考えても負け戦。
パン運は良い方なので自分の運を信じて出発。

和歌山、貴志方面ってことで今日は鍋谷を越えていく。
思ったより暖かいぞ。
480号に入った頃にはいそいそと一枚脱ぐ。
鍋谷の登り口からは少し冷えたが、それでも全然暖かいぞ。
元々遅いのに先を考えて抑え気味で登ってましたが
いつもよりプラス1Kmで回せる場面も多々あり。
ちょっと嬉しいぞー。

頂上にはTopFieldの皆さんが休憩中。
下り出発タイミングがほぼ同じだったので
下りの無賃乗車でラインを作ってもらった。
どーもすいやせん。

480号を穴伏まで下って麻生津大橋を渡って紀ノ川沿いを走る。
この辺りは快走路で気持ちよかと。
424号に入ってからはアップダウンがじわじわクる。
ついでに催してきたぞ。なんか冷えたかな。
セブンイレブンでトイレ休憩。
どうでもいいことだけど、セブンイレブンのトイレは
ウォシュレット率が高くてかなりステキ。
ドーシェルと同じく県道10号にそれていつもは左にそれるところを
そのまま10号で370号線へ抜ける。
この辺あんまり速度維持できず。微坂にじわじわやられてます。
美里中学校からもう一山越えて行く(だいぶここでヤラれた…)
いたるところに案内板があるので迷いませんが
案内板があるたびにゴールは近いと思って
ベーカリーアタックをかけて息も絶え絶えになる始末。
村上春樹の小説に似たようなタイトルがあったな。
うん、どーでもいいな、その情報。

そんなこんなで着いたぞーぃ。
薪焼き石窯パン 岳人
pic20101120009.jpg
11時半頃でしたがパンはまだまだあった。うっしゃ。
店舗はもうもろ「田舎の爺ちゃんち」の風情。
pic20101120005.jpg
パンはドイツ系、しかも薪で焼き上げるので
少し燻された風味がある。
パンを始められて丁度1年前とかで
素朴というか無骨な印象のパンです。
米朝か文枝でいうと文枝。
ラオウかトキかでいうとラオウ。
シマノかスラムでいうとスラム。
もうええちゅうねん。
クリームパンなんて、おふくろの味っぽくてどこか懐かし。
そんなパンを縁側に座って食べてるとほっこりほっこりしてきます。
pic20101120001.jpg

寒いときは畳の部屋でくつろぎながらイートイン。
縁側の向こうの山々見ながらガツガツ食える。
トイレもトイレというより「雪隠」という表現がしっくりくる。
オーナーのお父さんは堺の出身らしく色々お話をしていただきました。
そうこうしてるうちに混んできたのでお暇して帰路に着く。

370号に戻って、ひたすら北上する。
メロディロードは自転車で40キロで頑張っても意味をなさないですよ。
ただ不快な振動が伝わってくるだけ。
pic20101120010.jpg
微坂にまたまたヤラれて、花坂までくると高野山帰りの渋滞に引っかかる。
ルートの選択を間違えたなぁ、紅葉シーズンだもんなぁ。
pic20101120012.jpg

ゆるゆると下って魔のカーブも無事越えて、九度山から紀見峠で帰阪。
今日は100キロ超えたあたりからお尻がランブータン。
うーん、なんでやろー。

156km。




おまけ。
堺NTC 2Hナイターエンデューロを覗いてきました。
101120_2054~0001
寒いなかたくさんの出場選手たち。
トップは一周2.2キロを2分50秒前後で推移してました。
はえーのなんのって。
開始前のマトリックス安原監督の訓示。
「私のように紳士に、汚い言葉を使うことないように」
案の定、集団内で怒声飛び交い、色々モメてました。
狭いコースですから、色々ありますわな。
投光器のせいか、ちょっと目が疲れましたが、面白かったです。
でも寒いので途中でたいさーん。
おつかれっしたー。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。