上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日、エースちむ氏が言いました。
高野山に行ってみたい」
金剛トンネルを完走して気が大きくなっての発言は重々承知。
大切なのは言質を取るということ。
あれこれ考えるよりもやってみればなんとかならぁな。
よっぽどじゃなければ死にゃあしねえ。

とは言っても、それなりに準備はいるので
本日はロケハンに高野山へ。

高野山の前に紀見峠を越えねば。
ここはまあ問題ないとして自走で往復100kmは超えるので
60分は無理としても90分あたりで紀見峠は越えたい。
なんて言っても設定するだけ無駄なんだろうけど。
まあいいさ。
私の方はなんだか腹の調子が悪い。
イントロなしですぐに歌い出しみたいな差し込みががが。
非常事態なので千早口駅のトイレを拝借。
ギリギリだよぉ。
先が思いやられる序盤戦。

紀見峠から紀の川への下りは特にひねりもなく371号で。
橋本から九度山町まで5kmほど。
ここのファミマで余裕を持ってもう一回トイレを拝借。
ひーひーふー。

九度山駅から370号で高野山方面へ。
序盤はまあそれほどでもない。
下古沢まではほぼ平坦で上古沢あたりからイントロ。
かじかドライブインのカエル君から歌い始め、って感じですよ。
谷側は杉林で見通しが悪いのでエース向き。
アップダウン交えながら標識がカウントアップしていく。
斜度はそれほどでもないけれど、同じようなくねくね具合で
いかんせん飽きてくる。
マジカルバナナでもしながら行きますか。
標識9km前後で矢立茶屋に到着。
20130818000.jpg
ツワモノどもはここでスピードに乗って走り去って行きますが
矢立茶屋で小休止する。
ここからまだ7kmあまり登りますので。
よってエース大休憩フラグがここで立ちました。

再スタート直後がちょいとキツ目なことを除けば
ほぼ一定勾配。
ところどころ工事をやっていて片側通行規制があります。
運が良ければ赤信号で休めるかも。
右手の反対車線の向こう側はところどころ風景が開けてきますので
見ない方がよろしいかと。
氷結抑制のゴムチップ舗装になったらそろそろ終盤。
アスファルトに縦溝が出てきたら
「大門アタック」スパートのしごろですよ。
分岐は左へ登らず、右へ下ります。
20130818002.jpg
ハイ到着。
ベタに大門と自転車の記念撮影するもよし
T字のエンジ色の看板でするもよし。
さすがの高野山、汗が冷えて若干の肌寒さ。
セミよりトンボ勢力が幅を利かす。

高野山に出来たというファミマで休憩。
トイレはウォシュレット完備、これ重要。
周りはバカンスなのか外国人観光客の姿がそこらかしこに。
話しかけられないようにそそくさと出発。
20130818003.jpg
こうやくん、結構好きなフォルム。

後はなんとか院とかかんとか院を横目に371号を下って
丹生川にそれて登り返しをやりすごして九度山町から
往路をトレースすれば完了です。
が、今は丹生川へは川遊び客で混雑してそうなので
ロケハンはここで終了して富貴へ出るルートで帰ることにする。

53号へ入って登り返して本日のチマコッピ天狗木峠へ。
20130818005.jpg
チマコッピから急坂を下って53号から奈良県道733号へ。
さすがの700番台というべきか、ここからアドベンチャー色が色濃くなって来る。
落石、水濡れは言うに及ばず、穴ぼこ舗装、ペッタンコになった元生物、突然揺れる草むら等など。
生きて帰ろう。

登って下ってを繰り返して、兄弟分の732号へ合流。
ここはもう富貴の集落を貫くので大人しくなるのでやっとこさ人心地。
20130818012.jpg
いしこさんの報告にあった富貴のパン屋。
開店時間には早く今日はありつけなかった。
というか狙って行ってもありつけるかはわからない、そんな雰囲気。
店名がいいやね、流行りの池井戸潤みたいで。

富貴もひまわりの上をトンボが行き交う夏と秋の折衷案。
20130818018.jpg
トンボ分からんね。

富貴からのステキ下りを経て下界へ降り立つと
もう昼前にじゃないか。

アットゥーイ、デラアットゥーイ。
で、選択肢は2つ。

1.遊佐氷室&紀見峠
2.yum-yum&裏金剛

いや、どう考えても1番なんだけど
今考えても1番なんだけど
恐らく九割は1番を支持するんだけど
(残り一割のイッちゃってる方々の顔がすぐ出てきますが)
暑さは人を狂わせる、なぜか2番選択、れっつごー。
まあ、相当暑かった!ということでここからは割愛。
20130818014.jpg
これ(TCP)食べてからのー
飲んだ水よりかぶった水の方が多い裏金剛でした。

仕上げはBig Dipper
狙ってたフレーバーがどれも完売だったので
リザーブメンバーで構成。
カルピスレモン、桃、情熱の和歌山(パッションフルーツ系)、フレッシュミルク。
桃は甘さだけじゃなくと皮の苦味もあってよきかな。
20130818015.jpg
お腹の調子悪かったのにねぇ。
食べちゃうもんねぇ。

137km。



スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。