上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あーもーなんかだるいなぁー。
調子の良かった4月、5月は過ぎ去って、これから私的に調子が下降する時期。
いつもの近場をぐるーっと回る。

滝畑はいつものルートで。
昨日、しらみ潰しのトライ・アンド・エラーを繰り返して異音の解消に努めるも
結果は捗捗しくなく、やっぱり聞こえるギシギシ音。
まあダンシングみたいなトルクをかけなければ鳴らないので
回せばええかーっと現実逃避的な問題棚上げ走法。

いつものダムまわり。
以前から気になっていた横道を登っていく。
民家の並びが途絶えたすぐ先は、行き止まりの黄色の閉鎖ゲート。
PhotoGrid_1338737756971.jpg
未舗装の楽しそうな道が続いていますが
色々オトナになったのでここで引き返す。
何より、ロードで行けるような道ではございやせん。

清掃センターまで登って、CSC坂をゆっくりゆっくり下って帰る。
天野街道へ抜けるのどかでのほほんとした道で
落石があるっと思って慌てて避けたら
デカイ石ではなく亀くんでした。
ほっぺが赤いアカミミガメ。
特に珍しいこともありませんが、道の真ん中で出合い頭に遭うものでもない。
2012-06-03 14.00.55

道路の真中に置いとくと危ないなぁと思ってみても
彼がどっから来て、はたして道路の右か左
どっちに行きたいのかわからない。
とにかく、乾ききった大きな甲羅にボトルの水をかけてあげるだけにする。
ちょっとびっくりしたのか頭を引っ込めてしまった。
かけ方がマズかったみたい。
なかなか難しいな。
まあ、車がひっきりなしに通るような道でもないので
大丈夫でしょう、たぶん。

いつものダン珈琲で豆を補給して
帰り道で閃いた。
BB裏のワイヤーガイドを止めてるボルトがアヤシイってことに。
亀のお告げかわかりませんが、これが今のところ大当たり。
来週になったらまた鳴ってそうだけど、まあそんときはそんときってことで。

猫と亀と鶴は道で出会ったら気にかけてやると良いようですぜ、きっと。

47km。
スポンサーサイト

盛大に寝坊する。
セットしておいた記念品の目覚まし時計は沈黙したまま。
もしかしたら鳴って、知らないうちに止めたのか。
あやふやなまま、乾電池を入れ替える。
試しに鳴らしてみると、びっくりするくらいの大音量で鳴る。
うん、これで少なくとも止めたか止めてないかははっきりするはず。

だもんで、昼前にフラーっと自転車に乗る。
先日直ったはずのクランクあたりの異音がぶり返して
不愉快なことこの上なし。
天野未舗装素敵街道を抜けて、金剛寺から170号を西へ。
ダンシングすると鳴ったり鳴らなかったりする
異音にテンションだだ下がり。
内畑から牛滝方面へ向かうも、終点まで行かず
射撃場から塔原バス停へ。
このあたりからもうお腹が減って辛抱たまらん。
いつもなら、なにかしら入っているバックポケット真ん中にも
今日は入っておらず、不覚。
葛城山塔原ルートも途中で辞めて、下りだす。

下って下って東岸和田まで出て、カレーにありついて、やっと人心地。
2012-06-02 13.44.28
女性オーナーが一人で切り盛りしておられた。
豚バラのカレーは舌に優しいのにスパイシーで毛穴に直接効く辛さ。
豚バラはほろほろと口溶けの良い肉感と、旨味がギュギュっと詰め込んだ感じ。
それより自家製ジンジャエールが非常に困る、というか不思議。
白濁した見た目に炭酸なしなのに、炭酸以上に舌で弾ける生姜の味わい。
これを美味いというほど、長年親しんだジンジャエールの固定概念から抜けだせず
さりとて、不味いというほど私のジンジャエール的経験値は高くない。
好き嫌いの判断を留保するこの味わいはどうなの?どうなの?

幾ばくかの納得の行かなさに後ろ髪ひかれながら帰路を北上。
Breadioのバゲット焼き上がり15時にちょうどいい時間だったので
浜寺公園へ寄り道して、バゲットをピックアップ。
スタッフも増員されたようで、毎回活気を増していて喜ばしい限り。
カレーもパンも細腕繁盛記的なストーリーが見え隠れすると
やっぱりなんとなく足が向いてしまうし。
ま、それはそれで思うつぼなんだろうけど、いいやね、それで。
PhotoGrid_1338637344310.jpg

70km。

今日は時間が出来たので
アップダウンを求めて南へ。
今週末は雨模様らしく、ローラー台もないので
天気の良い日に実走するしかありまへん。
この季節、着ていくものに困る。
しばし悩んで、半袖インナーに薄手長袖ジャージ、薄手タイツの晩秋仕様。

鍋谷峠を目指して、泉北を抜けて行く。
路肩が広く採ってある道をつないで
泉北堂でクリームパンを腹に収める。
ウマー。

ハーベストの丘、南楽園前の丘を越えて和泉市へ。
ところどころ金木犀の香りがするぞ。
なんか得した気分。

ピッピッ。
心拍計の調子が悪く時折200オーバーの数値を知らせてくれる。
先日パッキンをなくしてから輪ゴムで
パッキンの代用をしているのが原因かー。
開けてみると汗が染みこんでおりまして・・・。
どうしようもないので、汗を拭き取り、電池もふきふき
輪ゴムを溝に合わせて、だましだまし使う。

170号から228号にそれてミカン畑を抜けて新道へ行く。

pic1006001.jpg

路面が最高でアップダウンもあり、なおかつ車通りは少ない。
入り口近くでヒゲの異人さんと対向。
右手を軽く挙げてごあいさつ。
コンニチワー。

トンネル工事もやっております。
楽しげな滑り台に見えなくもない。
pic1006002.jpg

和歌山側もちまちまやってるし、早く完成しないかの。

乳滝前の坂もやっつけて、登坂スタート。

登りはじめてしばらくすると、マトリックスの皆様が下りてくる。
おつかれさまです。
pic1006004.jpg

しばらく行くと、やたら思いギアを踏んでる方に追いつき追い抜く。
なんとピストで固定ギアで登られてました。
スゲー。
平日でもそれなりに自転車を見かけます、鍋谷
頂上近くではお揃いのジャージを着た老夫婦を見かける。
すごいなー、かっちょいいお年の重ね方をしてこられたんだろうなー。
そんなこんなで31分かかって頂上へ。
え、遅いですか、私はたいがいこんなもんです。
20分前半とか、意味がわからない!世界です。
やっはー。

後は下るんですが、もう半袖ジャージでは下りが寒い。
長袖、ウィンドブレーカー必須。

pic1006003.jpg
下って登り口近くでさっきのヒゲに異人さんとまた対向。
向こうも「あっ!」という顔で右手で挨拶。
ぱっと見、あごひげも生やしたキーオみたい。
オマエサッキアッタナ、モウノボッタカ、ワテイマカラノボンネン。
うむ、頑張って。これも国際交流か。

後はメモリアル峠を越えて、金剛寺で時計と相談。
もうかえろーってことで
天野街道、西高野街道で帰宅。
天野街道は基本的に未舗装ですが、ロードでもなんとか走れます。
pic1006005.jpg

学生時代、初めて買ったパナソニックのMTBで走ってました。
ちょけて派手にこけた苦い思い出も。なつかしや。
切り通しで木洩れ日の中、アップダウンを走ります。
散歩している方やトレイルランされてる方もいるので
スピードは出せませんが、楽しい天野街道です。

62㎞。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。