夏に向けて早起き強化月間につき本日のスタートは6時台。
どうだい、やりゃーできんだ。

京都のたま木亭大峰山(奈良じゃない方)が今日のメインディッシュ。
たま木亭までの道のりはあれこれ試行錯誤してほぼ煮詰まった。
検討の余地があるとすれば平城宮跡に出るまでの道のり。
まあここも富雄川沿いから大和中央道で行くのが良いかな。
20130616 080452
歌姫街道は途中漏斗状に狭い離合し辛い箇所もあるけれど
木津に抜けるには手っ取り早い。
川久保で休憩して京都府突入。
木津自転車道を使って山城へ入るよりも
70号線で玉水駅をかすめて行く方が絶対楽しい。
ダレないタレない細かなアップダウンと高速直線路の組み合わせと
交通量もそれほど多くない。
木津川からの支流を渡る小さな橋をいくつも越えながら。
途中イノシシラーメンの看板がある掘っ立て小屋みたいな店が
すんごい気になる。
そんな70号線も307号に合流する地点まで。

緩やか登り基調の307号線で一旦北東に進路を変更して
天ヶ瀬ダム経由で宇治に入る。
この辺りは川が近くて日陰も多く涼しさを感じるほど。
20130616000.jpg
ウォールマリア的な。
あの青いとこが開いて放水するそうな。
なんかかっけえな。
言うてる間にたま木亭着。
今日は並ばないでは入れた。

ががが、パンシューがありませぬ。
聞いてみると「3分で上がります!」とのこと。
もちろん待ちますよ、はいはい喜んでー。
ががが、その3分が地獄。
3分立ち尽くすには狭い店内、どこで待ってても邪魔になるジレンマ。
一旦外に脱出するにはこのパンが積まれたトレイの処遇に困るし。
という訳で針のむしろの3分を経て、無事確保成功。
さっさと引き返す。

大峰山登り口は郷之口下町交差点の北。
パンを担いで登り出す。
最初キツ目でだんだん緩んで、下りも織り込んで
最後にまたキツ目。
杉林から竹林の最後はやっぱ杉林みたいな。
途中でデカい猿もお出迎え。
20130616005.jpg
箕面の猿みたいに厚かましくなく
どこか謙虚でおどおどしてるけど
私が襲われたら絶対負けるのでそのぐらいでちょうどいい。
お尻かわいいね。
実は天ヶ瀬ダム付近でも道路を横断する猿を見た。
轢かれるヤツもいるんだろうな、中には。
20130616006.jpg

で、登りの方は斜度は優し目ですが結構な絶景が登場するので
エース的にはノーサンキューな山認定だろう、きっと。
万灯呂山みたいに登り切っても展望台でもあればいいんだけど、なーんもないし。
20130616007.jpg
実は山頂方面に行ってみたのだけれど
途中ドコモの基地局の門扉ですごい嫌なものを見たので
そのまま引き返した。
あれを写真に収めるのはちょっと出来そうにない。

気をとりなおして反対側に下って良きところで昼食。
パンシューのために下でコーラを買って用意しといた。
黒じゃなくて赤。砂糖がっつりのほう。
コーラと合わせると途端にジャンクなパンシューに変わる。
新鮮で神聖な山の空気を震わすゲップの爆裂音。
ぬはは、参ったか。
人間的にジャンクにもなる。

猿丸神社まで下れば大峰山終了。
猿丸って猿じゃなくて百人一首の猿丸太夫のことなんだって。
20130616009.jpg
まあ、どんな句か知りもしませんが。
どうせなら猿の化身の異形な怪物がお姫様を助けた悲恋伝説でもあれば
おおっとかなるんだけど。

後は基本の往って来いルートで帰阪。
石川CLに戻ってきたぐらいでバテた。
平均速度を大きく下回る大失態で帰宅。
京田辺で33.2度、ふざけんなー。
そんな8月的な6月半ばの日曜日。

180km。