ちゃまくんが有休を取ってアテンドしてくれるというので、ホイホイ付いて行く。
高井田のセブンイレブンに集合したのは、ちゃまくんはじめ、FFW隊長、顧問とはじめましてのさいちゃん。
CANYONを駆るさいちゃん、お顔はアイコンのそれとそっくりでした。
ひとり心でクスっとしてたのは秘密。
隊長と顧問はそれぞれ別々で朝活して、距離を伸ばしてきたらしい。
ぼかぁ、ここに直行ですけんね。
一人で走っていて、知り合いに会うと、
挨拶代わりに「yoshiさんは?」と皆さんに聞かれることが増えた。
今回も例のごとし。
「来たがってましたけど、今日は仕事ですねん、残念がってましたわー」
ちゃんと言っておきましたよ。

ちゃまくんが先頭というのは新鮮な心持ち。
頭のグーグルマップをOFFに出来るってのは、身体的メモリが軽くなって少し楽になるんだよね。
ほらスペックがシングルコアなもんで。
反面、ちゃまくんはやや緊張気味か。
とりあえず25号で王寺へ向かうのかと思わせて、ふんどし街道へ突入。
わかってらっしゃる、さすが。
細いコンクリ舗装の逆バンク、腰痛もしばし忘れる緊張感が良い。
20170619202138022.jpg
本日のチマコッピの白石畑へ。
ちゃまくんのパックコントロールで、本日は平和な登坂。
登坂でさいちゃんのCANYONのリアホイールの異音が気になる。
異音警察の私としてはなんとしても検挙したいところ。
が、当のさいちゃんはあまり気にしてないようなので、キャリパーのクリアランスだけ確認するにとどめておく。
それでも充分お節介なのだけれど。
20170619202203418.jpg
陰影がはっきりと映える白石畑、蒸し暑さが忍び寄る。
ここから急な下り。
つい先日の会社の健康診断で、体重がかつて無いハイスコアを叩き出した影響か
下りのスピードが自分のイメージ以上になってしまい、あやうくコースアウトするとこだったわ。
パニックブレーキせずに無事に立て直した自分を褒めよう。(いやハイスコアの愚行を悔いろよ)

20170619202225623.jpg
法隆寺で小休止。
もうここでかき氷食べたいねぇ。
しばらく涼しいせいで、気付かないフリしてたけど、やっぱ夏が来るんだねぇ。
もう特に浮足立ったり、心躍ることもないんだけど。
と、元気に飛び跳ねて行く修学旅行だか、遠足だかの中学生を目の端で追いながら思う。
年はとったけれど、老いたというほどでもなく、ただ確実にくすんできたなあと思う、色々ね。

ここから自転車道や街道を繋いで、順調に京終へ。
きょうばてって読むのね。ばてってね。なんだかな。
きょうはてって濁らない方が響きでも、意味合い的にもスッキリするのにね。
20170619202244328.jpg
下らない考えはうっちゃって、スッキリしたうどんをいただく。
うどん屋晴れのとり天うどん(ひやかけ)也。
ひやのせいか、ダシの輪郭が分かるようなエッジが効いたお味。
とり天は私としては辛いと感じるほど、下味がしっかりついておりました。
食べながら、さいちゃんに
「すず虫さんって60歳ぐらいのおじいちゃんかと思ってましたわー」
ってなかなか強烈なフルスイングをいただく。
こう見えて、今日のパックで一番の若手だっていう事実が申し訳ない。
まあブログだけでそう判断されたなら、してやったり、なのかもしれない。
”A secret makes a blogger blogger.”

食後のお口直しはジェラートで。
大和郡山のバンビーナにて、ミルクとキャラメルのダブルをカップで。
隊長から「ペダリングで骨盤が左右にぶれている」とご指摘をいただいたので
ジェラートを食べながら、ちょいとサドルを下げてみる。
腰痛が良くなるなら、なんでも試してみよう。
3ミリほど下げただけなのに、めちゃめちゃ下がった気がするなあ。
膝頭の軌道がふわふわするような、そんな不満気な体の主張に耳を傾けながら帰路へ。
隊長がそろそろ我慢しきれないのか先頭へ出たり、ややパックが活性化。
ちゃまくんも、ペースが遅いと思ったのか被せながら速度を上げていく。
結果、25号線のいつものビルドアップ区間の先頭を任せられるハメに。
yoshiがいつも脚を使い切る区間なので、そのイメージで、行く。
隊長とちゃまくんに食われるものの、このあたりはイメージ通りで良きかな。
下げたサドルももう気にならないわ。

青谷あたりで流れ解散。隊長さよならー。
ちゃまくんとさいちゃんとはガタガタ橋あたりでお別れ。
お二方、どんどん土日に有休とってくださいな。
今度はyoshiが先頭で使い切るので。きっと喜んでひきますよ。
やや暑さとにバテ気味になりながら、大和川をホテホテ帰っていると、
25号線でマイペースを決め込んだ顧問に追いつかれる。
最後にはきっちり帳尻をあわせる、顧問のこういうムラのなさは見習わないとな。
と、まあ色々と勉強になったライドでありました。
ポチャったせいか、やはり距離の割に疲れたなぁ。

またも広告というペンペン草が生えてしまった当ブログ。
『来週から本気出す』と言い続けてはやひと月あまり。
細々と堺浜をぐるぐるしておりました。
土曜日はyoshiと久しぶりにホームグラウンドの南河内方面へ。

久しぶりの大和川沿いをガタガタ橋へ。
陽射しがありがたい堤防の上から生駒山地を遥かに望む。
ぶどう坂のツルッとした白い玉ねぎに吸い寄せられそうになるも
正気を取り戻して石川CLへハンドルを切る。
どけどけベルを鳴らしながら走り去っていくTTバイクのオジサマ。
yoshiの怒りの闘気がドライアイスのように、
地を這う様を後ろで感じながらグリーンロードにエスケープ。

久しぶりの南行きのグリーンロード、しんどいですがな。
しんどすぎて、yoshiが当然の自転車引退宣言が飛び出す始末。
まあ、分からなくもないけれどね。
太子の道の駅で小休止。
20170226220457862.jpg
まだ香りは控えめながら、梅がそろそろ春を連れ出す頃。

20170226220556901.jpg
水仙のビビットとパステルの組み合わせもまたよろし。

ここまででもう自転車的にお腹いっぱいになったけれど、せめて持尾まで、と自分を奮い立たせる。
二人で喋りながら走れるペースだとあっという間に展望台。
ペンキを塗り直したのか、少しキレイになったかしら。
20170226220430693.jpg
途中、ブラタモリの影響か、yoshiが「持尾城跡」に興味を示すので少し登ってみる。


20170226220407616.jpg
見つけてしまった、名も無き激坂。
今日は勘弁しといてやろう。スゴスゴ。
yoshiの腹の虫が動き出したので、城より飯だ、ということでキッチンハートへ。
玄関周りの草花が少し荒れ気味のキッチンハートは、相変わらずの盛況ぶり。
20170226220343263.jpg
今回の日替わりはアタリでした。

石川CLまで戻って、今年初のときパンへ。
予約した渋栗をピックアップ。
実は自転車乗りでときパン渋栗のファンが数多くいることが判明。
yoshiはさらにレア度の高い渋栗チョコの大ファン。
栗がおわるまでにはもう一回手に入れたいところ。
そのために、渋栗がある間はまだまだ自転車に乗らないとね。



今日もショートバージョン。
仕入れ先から逆算した結果、葡萄坂へ向かう。
大和川沿いでhide&sayoさんと対向。
全く手抜きのない速度域です。
こちらは緩さを隠し切れない。
同じ夫婦自転車乗りといえど、色々です。

触発されたせいではないけれど
セブンイレブンでの休憩は省いてゆるゆると登坂開始。
yoshiのGO!が出たのでしばしの別れ、
それぞれの登坂ペースで。
ノーマルクランクに替えて初葡萄、これと言って変化もなく。
路肩の栗とどんぐりが
汗まみれの自転車乗りに秋を教えてくれる。
しんどいもんはしんどいんや!
楽なコースなんてない、楽なペースがあるだけだ!
わかっちゃいるけど…
自省と自制を繰り返すともう変電所。

yoshiを待ってのどか村まで上ってコーヒーブレイク。

ウインドブレーカーを羽織って下ると仕入れ開始。
まずはちどりさんから。
ハード系が出揃った【ゴールデンタイム】に到着出来たので幸先良いスタート。
メンチカツサンドを分け合って食べる。
メンチカツ自体が高得点なのでこれは間違いない。

石川CLへ入って道明寺へ。
初訪問のcoccoyaさん。

おっとここは武蔵オーブンか!
経験上【武蔵の店にハズレなし】なので期待大。
あんことチーズという挑戦的なフィリングの組み合わせとお焼きのような見た目。

よろしい、鼻呼吸で味わうファーストバイト、大変よろしい。

次はお馴染みときパンへ。

今日の引きの強さは本物のようで、焼きたてのクリームパンが確保出来ました。
yoshiは胡桃あんぱん派。
ここは桜あんぱんも捨て難いんですぜ。ちどりのパンはお土産です、近場だけどね。

最後は古市のぱんのいえ。
今のところ塩パンはここのが味と価格のコストバランスで一番ですので。
そろそろリュックがパンパンになったのでFUWARIさんは泣く泣くスルー。
yoshiが店の前を通るとき、名残惜しそうに見ていたのを見ていた。
そろそろダブルリュック体制の導入を検討した方がいいかもしれない。

仕入れの予算の見直しが先か。。。

気が付けば、2月からvanamへ行っていない!
忘れていたわけでもなく、行こうと思い立った日が休みだったり
イベントで山を降りていたりして、なかなか合わなかったことが続いていたのです。
そろそろyoshiも禁断症状が出てきたので、秋晴れの本日の目的地はvanamに決定。
今回は前日に『スパイスの魔女』ことacoちゃんに電話してしっかり明日の営業を確認。
これをやっとかないとウチの『平地の魔女』が暴れだすので…。

幾つかあるルートの中から、少し遠回りの「長谷寺ルート」を選択。
竹内峠を越えて、桜井、長谷寺を経由して北へ向かうジワジワ脚を削るルート。
腹の調子が今ひとつのせいか、10時に長谷寺に到着。
acoちゃんに伝えた『11時半着!』がなんとなく青点滅信号。
イケる?イケない?いや!イケるだろ!
と長谷寺前でよもぎ餅を食べる我々二人の意気は上げ潮調子。
20151004203352010.jpg

初瀬ダムまでギャンと登って、後はジワジワ登り。
途中で広域農道に入り、MAXまで上げて福住へ至る。
186号へ入って、最後の登り。
ががが、福住までは遅れがちだった平地の魔女が意気揚々と登って行く。
離されまいと追いますが…どんどん遠くなっていく背中。
「と、途中でタレんだろと!」思っていると、あら、もう下り。
結局追いつけず、失意の下りでひとり反省会。
yoshiの高笑いが聞こえたのは決して幻聴ではないはず。

そのせいか、通い慣れた道を間違えたりしながらもオンタイムでvanam着。
虫ュラン三ツ星店、ねぎっこジャージ倶楽部さんも(汗)
20151004181809100.jpg

ほんでもって本日のターリーセット。
20151004181929538.jpg

メインのラムのカレーはクセがありますね。
オクラのポリセルは炒めモノといか和え物というか、コレ美味しい。
事前に無理やりリクエストして添えてもらったアチャールミョウガとフルーツ。
これが強烈。
ミョウガとスパイスがインファイター同士の殴り合いの展開、
それを裁くレフリーは林檎、みたいな。
acoちゃん曰く「今日のは現地の辛さです」なるほどね。
これは瓶詰めしてもらってお持ち帰り。
こちらスパイスの魔女、アチャール買ってね的な笑顔なのか。そうなのか。
20151004203439305.jpg
レフリー林檎もお土産に頂いてvanamをあとに。

福住まで戻って天理ダムを下る。
天理教の建物をぬって走ると仕入れその一、初めて来ましたセブンハート
20151004204455514.jpg
思った通りハード系が少なくてyoshiは不満気。
まあ確かにマフィンが多いパン屋ってなんだかなぁ~って感じはするけれど。
じゃあ次ってことで仕入れそのニ、プチ・ブーケ
ががが、第一日曜は休みだったのねん。
まあ場所を確認したということで。
この辺りから結構な向かい風で、大和川と25号線は
平地の魔女に積極的に前を牽いてもらいます。
柏原まで戻ってきたら、仕入れその三、ちどり
もう時間帯も時間帯なので数えるほどしか残っていませんが
ちどり店長に「食べられる分だけ、買ってください」と言われるぐらいの仕入れっぷり。
それを背負うのは私なんですが…とは言わずに隣でニコニコしてました。
久しぶりの120km、自転車で一日を消費するって贅沢なことだったんだなぁ~と思う今日このごろ。

各所でイベント目白押し。
自転車的にはTOJに鈴鹿。
ただこちらは平常運転。
ダムかロープウェイ後ラーメンとざっくり予定を立てて出発。

が、河内長野にもイベント発生中。
河内長野だんじりパレード。
このだんじりパレードの交通規制というか
道に群がるハッピ軍団のせいで河内長野に辿りつけずに
石川CLに逃げ込む。

これはもうラーメン食べて帰りなさい、という啓示なんだな。
駒ケ谷から河内国分に出て開店直後に天破着。
20140518003.jpg
つけ麺400グラムをオーダー。
200でも300でも値段は一緒なので。
こういうところで育ちがバレるな。
400グラムって昨日のミツキ君と同じぐらいなんだぜ、参考までに。
スープ割りまできっちりもらって完食。

子猫一匹分を胃袋に収めて風の強い大和川を進む。
帰宅後、夕方にはそれも跡形もなく消えて空腹感。

50km。