ゲリラ帰阪したエースちむ氏と連れ立って、本日は吉野川へ。
徹夜運転と仮眠明けを口実に
「金剛トンネルはむぅりぃー」との一言で、吉野川で車をデポ。

吉野川沿いの微アップダウンをこなしつつ東進。
pic20110918001.jpg
稲穂は頭を垂れて、刈り取られるのを待つばかり。
里山の道端の彩り、曼珠沙華。
ただいつもはおっとり顔の吉野川は土気色の濁流。
そんなこんなを眺めながら、ゆったり速度で津風呂湖へ。

津風呂湖では釣りの大会があったみたいで
色とりどりの服装のフィッシャーマンたちがうごめいていた。
サンテレビとかで放送しそうやな、と勝手に夢想。

初めての津風呂湖南ルートはちむ氏がえらくお気に召したご様子で
しきりに「いやぁ楽しいねぇ~」を連発しながら先頭を譲らない走り。
でも、そんな道がいつまでも続くわけもないのが
この業界の通例で。

渋るちむ氏をなだめすかしてなんとか上らせて
370号線に乗せ、一路、大宇陀まで。
ダラダラと上り基調な370号線にエースはテンションだだ下がり。
「上りはええねんけどな、下りで『帰りにもう一回これ上らなアカン』と思ったら嫌になるわー」
ですと。

それで大宇陀に着いたらお楽しみグルメタイム。
15時を回っていたのでカレーはパス。
というかパスせざるを得ない。

じゃあじゃあということで、最初に松月堂のきみごろも。
pic20110918002.jpg
甘い卵焼き?いやいや食感がぜんぜん違うから。
甘いは甘いけど。
次はアナンダ
パンは売り切れ。あーうー。
パンがなければケーキを食べればいいじゃないと誰かが囁きかける。
やっぱりアナンダモンブラン美味し。
無理言って店内で立ち飲み屋形式でケーキとフラペチーノで糖分補給。
いやこれはもう糖分過多。
それでも美味しい、ごっそっさんでした。

帰りは下り基調であっちゅうま。
心配していたアップダウンも、ちむ氏は余裕で粉砕の高笑い
かと思いきや、めまいで津風呂湖でダウン気味。
しかーし、水をかぶると生き返るという、
両生類に近い特技を発揮して機嫌よく帰路を消化しましたとさ。
pic20110918003.jpg

次は是非自走大宇陀で。


65Km。