本日も暑おます。
今日も昼までには帰るで。
石川サイクル橋への最短距離を探るべく
グーグルマップさんのお告げの道を行く。
この道だとセブン-イレブンを2つ経由出来て
朝のトイレと補給問題は解決できそう。
ただしいつもの道より累積標高は高め。
時間は30%ほど短縮。

今日も今日とて金剛山。
先日、隊長に連れて行った貰った道をトレースする。
おっと、初っ端の四叉路で間違えた。
朝の猫成分補給ポイント
20130721001.jpg
この前よりちょっと遅いので既に起きてる子も。
白い子はお喋りさん。

310号に合流して登坂開始。
が、しばらくして調子の悪さに気付く。
指先が冷たく、二の腕が重い。
心拍の鼓動が妙にクリアで
心臓の位置がみぞおちあたりに移動した感覚。
早々にインナーに落として回復を待ちつつ続行。
無事トンネルを通過、そのまま奈良側へ。

開店したてのyum-yumにて、いつものトマトカレーパン。
っと、既にイートインにはふーじぃさんがいらっしゃった。
向かいにはたくさんが座っておられました
たくさんとははじめましてです。
ほんと、どうでもいいことですが
たくさんは、私が小学生の頃、優しくしてもらった
駅員さんに似てます。
ホントどうでもいいことですが。

お二人とも赤まったりジャージでキマってます。
最近はレインボーまったりジャージをよく見かけます。
長めの休憩がてらいいだけ喋って
金剛を登り返すということで、ご一緒させていただく。
20130721003.jpg
やっぱり同じジャージは見栄えがするね。
カウントダウン標識が出来てからなんだか登りやすくなる不思議。
ただ昨日のツールで飯島さんがおっしゃってた
日陰から日向へ、また日向から日陰へ入るときが危険。
アイウェアをしていても目の光量調整が追いつかず幻惑されて、
見落とすはずのない対向車や、路面の変化に気付くのが遅れる。
晴れた裏金剛はこれが多いので要注意。

トンネルから小深へ下りましょ。
下りでhide@さんと対向。
海外出張が多いのでなかなかご一緒出来ません。
ごあいさつだけでしたがご容赦ください。

引き続き下りながらたくさんの後ろで観察。
たくさんは下りの体重移動が上手い。
必要最低限の動きというか、余計な動きがないというか。
聞くとどうやらスキーの賜物らしい。
なんか、納得。

小深分岐から千早トンネルへ再度登り返す。
ここはインターバル気味に。
千早トンネルまで上がって、たくさんとはお別れ。
またどうぞー。

ふーじぃさんと残りのロープウェイコースをやっつける。
ちょっと誤魔化せないぐらい前ももに疲労感が出てきたので
終始まったりペースで。
くるの茶屋ではキリンメッツで休憩。
今年はまだトマトを食べてないなぁ。

石川CLまで下って、ここでふーじぃさんともお別れ。
また金剛山で会いませう。
午前中でも気温は上げ潮調子、日差しは容赦なくうなじを焼く。
火照ったら冷やしましょ。
20130721004.jpg
ル・グランに寄って、枝豆ときな粉のジェラート。
枝豆にはつぶつぶ感、きな粉は喉につかえる粉感、
美味いけれど、ほうじ茶ほどの感動はない。
選挙もツールも今日で終了。
バキューンは結局見られず、御堂筋フルームで決まり。

83km。

寝坊です。
6時、いやもう5時に起きるつもりだったのに
いつもののように8時にうだうだと。
全然分からん仮面ライダーとプリキュアをぼーっと眺める。

なんとなくあんこなお餅が食べたくなって
ふらふらーっと大和川を斑鳩町へ。
噂のふんどし街道を通って三郷町へ。
20130512005.jpg
日が高くになるにつれて気温も上り調子。
それでもここは日陰が多い。
とは言っても走りやすいという訳ではない。
でもでも25号線よりは面白いデス。

斑鳩町で目当てのお店に行ってみたものの
まさかの売り切れ看板。
次は予約しないと。
南へ進路を変える。
天気は良いけど、士気は上がらず。
御所のだんごも行ってみたけど、ここは日曜休みで
またも空振り。
こういう日はさっさと帰るに限る。

久しぶりに裏水越で。
大好物のわりに、あれあれ、今日はだいぶとしんどいなぁ。
うなじあたりがじりじりと焼けるような、もう夏の前触れが。
そういう訳で空振りあんこの憂さをジェラートで晴らす。
寄り道してル・グランでジェラート解禁。
20130512004.jpg
ウマすぎ警報発令、りんごジェラートが美味い。
補給食もブラックサンダーからブッセにチェンジ。
そっと入れ替わるように季節が変わろうとしてます。
今年も日焼け対策でアーム、レッグカバーを常備。
美白重視、焼きませんことよー。

90km。

久しぶりのお誘いライド。
目的はお互いの手持ちのホイールを交換して
素人なりに味見してみましょ、ってことで。

まずはひろさんと合流して
hide@さんと待ち合わせの石川CLへ。
合流早々、SR王手のひろさんが
「今日は100kmぐらい行きますかー」
はい、この瞬間、今日はロングに決定。

ローテーション前に、まずは手持ちのホイールを確認。
すず虫(レーゼロ)
ひろさん(手組DTスイス)
hide@さん(RS80)

これをまずはローテーション一回目後
すず虫(RS80)
ひろさん(レーゼロ)
hide@さん(手組DTスイス)
となって、水越峠へ向かう。

シマノRS80はとにかくなめらか。
ラチェット音も静かで爆音フルクラでは出来ない
ツキイチストーキングもこれなら出来る。
ダンシングもよくかかる気がするけれど、レーゼロよりは
タメがあってしなるような印象。
多少、無茶苦茶やっても笑って許してくれそうな懐が深いおっかさん的な。
ブレーキのかかりがスンゴイ。
Vブレーキ並に粘りのあるストッピング。
油断すると前転する勢い(いや、ホントに)
2012-07-08 10.09.43
やや曇りがちということもあって水越峠は思った以上に涼しい。
ひろさんと合流後、県境でhide@さんを待つが、なかなか姿が見えない。
こりゃおかしいぞ、と慌てて下ると、旧道区間真ん中付近で
「パンクしましたー」とhide@さん登場。
リアのパンクでだいぶ時間をとられたようです。
ケガがなくて何より。

ひとまず奈良県へ入って、祈りの滝まで下る。
ここでローテーション二回目。
すず虫(手組DTスイス)
ひろさん(RS80)
hide@さん(レーゼロ)
以上のようになって、ノープランだった
次の目的地を明日香村に決める。

いつもより小石が多い裏水越を下って行く。
ひろさんは快調に下って、旧道区間から飛び出していく。
最後尾のhide@さんを待って下ろうと思って、
旧道分岐でしばし待つも、hide@さん現れず。
分岐もないはずなので、もしやと思って、登り返す。
しばらく行くと自転車を押しながら、下ってくるhide@さんを見つける。
「落車か!?」と思って遠目から膝や肩口を見ても擦過傷は無さそう。
ホッとした後、痛恨の「パンクしました…」

レーゼロのフロントパンク。
とにかく、チューブ交換して下る。
先行して、迷子状態のひろさんとコンビニで合流して
事の顛末を報告がてら一息つく。

ここから奈良の道に明るいひろさんに先頭を任せて
違うホイールで前後パンクして意気消沈のhide@さんを真ん中
ランタンルージュすず虫の編成で明日香村へ。

手組ホイールはリムDTスイス、ハブ105という構成。
組み方ははっきり見てなかったのだけれど
6本組だったかなぁ。
思った以上にカチッとしてる。
下りの安定感はさすが。
ただゼロ発進から、ある程度の速度に乗せるまでに
結構労力がいる。
そこからはなめらかに進んでくれる。
なので、速度の維持出来そうな緩斜面はいいけれど、
斜度が変化するたびにウッっと来る感じ。
全体としては見た目に似合わず結構やんちゃくれな印象。

明日香村に着く頃に、ちょうどお昼ご飯時。
ひろさん推奨の蕎麦屋さんは日曜定休なようで。
思わぬ昼飯選定のお鉢が回ってきたぞ。
パンには興味なさそうなひろさんなので
今日はカレーにすることにする。
明日香村役場前の珈琲「さんぽ」さんにて。
ウッディな店内に赤い熊みたいな自家焙煎機がひっそりと。
開け放ったテラスの風鈴が涼風を運んでくれる、かも。
2012-07-08 12.34.36
お二人ともカレーになさったので
私はあえての海南鶏飯(ハイナンチキンライス)を注文。
ナンテコッタイ、パクチーのってるよ。
パクチーは脇に置いといて、茹鶏肉をチリソースでバクバクっと。
珈琲がメインのお店なのに、珈琲を飲まずに出てきたのはご愛嬌。
2012-07-08 12.43.52
昼食後、手持ちのホイールに戻して帰路選定。
芋ヶ峠を越えて吉野川へ出ようってことになる。
祝戸から棚田をみながら、走りやすい栢森を抜けて、
2012-07-08 13.31.51
これから上りってとこで
2012-07-08 14.45.28

はい、通行止め。
そういや金剛トンネルも土砂崩れで通行止めだったねぇ。
仕方ないねーってことで帰路を竹内峠に変更して、あとはひろさんにお任せ。
日差しがキツくなってきた午後の奈良を西へ。
ゆったりしたペースで3人仲良く固まって竹内峠を越える。
暑いので最後にジェラートでも食べましょーってことで
富田林のル・グランへお誘い。
ミルク感たっぷりないちじくで余計に喉が渇く罠にハマる。
清涼感たっぷりなひろさんのグレープフルーツがこの時期はベスト。
年長者の経験に裏打ちされたチョイスはさすが。
かたやhide@さんも同じ柑橘系でオレンジというのもさすが。
完食後、水をガブ飲みするハメになるバカなすず虫。

ひろさんとお別れ後、hide@さんを309号線までお見送りして帰宅。
ホイール交換してたので、サイコン読みの距離はわからないけれど
たぶん、95キロ前後。
たぶんね。

あー、ホイールの感想はあくまで
素人が素人なりに真面目にうそぶいた感想です。
真に受けて、購入して「全然違うじゃねーかー!」という苦情は
ぐっと飲み込んでください。
その苦味が人生の深みのある味わいのひとつです。
たぶんね。

マイヨ、いや毎夜のツール中継で寝不足になると思いきや
なんの、きっちり落車してぐっすり寝てます。
落車祭りと言っては怒られそうだけど、今年は多いなぁ。
各エース級が続々と。
言うてる間にチームサーティの唯一の若手ブライコビッチリタイア。
黒い軍団のウィギンスも。果ては頭髪がヤバくね、ボーネンも。
今週の一番はエヴァンスのピロピロ飲み。声といい、オネエ系。

寝苦しくていつもより2時間早く目が覚める。
じゃあ、早めに出掛けれいいものを、相変わらずダラダラして
いつもの時間、ちょい早めのらぁぁいどぉぉぉん。

と思いきや、出発早々、チビ猫と目があってしまい
なかなか動けない。
pic20110709001.jpg
しばらくして、遠目から母ちゃん猫があっちいけビームを放出するので退却。

大和川を久しぶりに海側へ。
特に目的もなく。
堺トレセンの水色コースを特に面白みもなく回って追い風の大和川へ戻る。
pic20110709002.jpg
川というかアングルによっては海っぽい。

土手の両サイドはまだまだ草が伸びてモワモワ湿気感増大中。
いやぁ、夏っぽいなぁ。

久しぶりに葡萄坂を登る。
来るたびに斜度が変化している錯覚に陥る摩訶不思議坂。
もちろん、キツイ方に。
ジャンボゴルフの名前が変わってた。
なんだか覚えづらい名前に変わってた。
ゴール地点にはしょぼくれたベンチしかないし、
標高が高くて涼しいわけでもないし
路面も良くなくて、下りが楽しいわけでもない
こんな坂をなぜ登ってるのか、と自問自答しながら
タレるとこできっちりタレて変電所前着。
pic20110709003.jpg
ウシガエルの爆発音と間違うような壮絶な鳴き声と、
浪曲の練習をするおじさんの声が聞こえる
そんな本日の変電所前。

下って、チェリオ休憩。
青春の味チェリオ、今日はメロン味。
石川CLを金剛大橋まで行って、富田林経由での帰宅路。
途中で寄り道。
高辺台のル・グランにてジェラート。
メキシカンバニラとイチジクのダブル。
イチジクの粒々がアヒョーてな感じ。
pic20110709004.jpg
表のベンチで一心不乱に食べていると
前の歩道を通るクラブ帰りの女子中学生軍団にガン見される。
ちょいと恥ずかしいけど、今日も飲む勢いで完食。
帰ってすぐトイレへ。
どうやらちょいとお腹が冷えたみたい。
恥ずかしながら。。。

70km。