上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日はお久しぶりのちゃま君をゲストに滝畑ダムへポタリング。
ハーフマラソンの走り込みで、久しく自転車から遠ざかっていたyoshiも連れて行く。

待ち合わせ場所である駐車場で
寒さを紛らすようにクルクル回るLOOKな巨人、ちゃま君発見。
ルートを相談して、少し遠回りで平尾峠を越えて、
サイクル橋経由で河内長野へ。
ちゃま君はそうでもなさそうだったけど、yoshiは辛そう。
ただ下りと平坦は元気。

河内長野でコーヒーブレイク。
ポタリングペースなのでこんな感じでゆっくりとね。
花の文化園をあたりでは新しく建設された『くろまろの郷』へ向かう車の離合渋滞。
パンもある、との事前情報でyoshiも興味津々。
また今度ね。

谷沿いの道から日野林道コースへ。
ちゃま君は常に、関西サイクルスポーツセンター側からのアプローチなのだとか。
なぜなら『トンネルが怖いから』だそうで。
その件の照明器具が一切ない、梨の木トンネルも無事通過。
ダムサイトに着くと昼飯の相談。
20160117191631164.jpg

まあとにかく仕入れを、とyoshiの希望通りにたいちろうのパンへ。
11時頃についたのだけれど、思いの外パンがない。
意気消沈するyoshiですがきっちり仕入れ。
ちゃま君は思ったパンがなかったのか、財布のヒモは結んだまま。
20160117191517477.jpg 
窓に映る少年は梨の木トンネルで付いてきた、訳ではない、たぶん…。

昼飯はうどんかカレーかインドカレーかの喧々諤々の論議の結果、
モダカレーに決定。
yoshiは初モダカなのよね。
やはり安定のBセット。
20160117191606983.jpg
生憎、年月の物価変動のせいか、もうキッチリ1000円ではなくなっていた。
うむ、ナンが美味い、デカい、ほんのり甘い。

帰りはちゃま君を送ります。
引っ越す前はご近所さんだったので、勝手知ったる西高野街道が…
LOOK、痛恨のパンク。
お約束のように修理風景を撮影。
20160117191438859.jpg
yoshiといいだけ茶々を入れて邪魔をする。
えろう、スンマセン。
またvanamに行きたいですね(またカレーだけど)

ちゃま君を見送った後は、yoshiのリクエストで一心堂へ。
モンブラン大福を食べたいんだと。
何だかちょっと気合い入れないと、買えない値段になっております。
私もちゃんと食べました。
20160117215128015.jpg
いや、一個だけですから。
それでもこれで今日のカロリー収支も怪しくなりました。
同道の方々、お疲れ様でした〜
スポンサーサイト

人並み連休です。
いつもは出来ないことを、と思ってもいつもと変わらん休みだったり。
そう、都合よく行かないのが世の常というか
自分自身の怠惰と計画性のなさに起因するところ大。
日々是、出たとこ勝負。

エースちむ氏の段取りでいつもはお仕事の関係で
休みが合わないトプローさんとお誘いライド。
鉄板コースの滝畑界隈をご一緒することに。

天気は曇天、風もあってやや肌寒い。
サイクル橋で佇むトプローさんはすでにガクブル状態。
ちょいと遅れましたよ、サーセン。

トプローさんはサービス業の方っぽく、受け答えがハキハキされていて
風にもかき消されず会話が出来る、よく通るお声。
噺家さんぽいなぁーなんて。

途中トイレ休憩を入れて、ゆったりペースで日野地区へ。
体調が思わしくないエースはバイバスを行くショートカットコース。
我々は梨の木トンネルまだ上がる。
天気は今ひとつだけど、今日の梨の木も優しい感じで良かった。
私もトプローさんも見えたりする体質ではないけれど。
pic20120504001.jpg
下ってダム沿いを食堂前へ。
バーベキュー真っ盛りの肉の焼ける香りを嗅ぎながら折り返す。
別ルートのエースちむ氏を磨崖仏前で回収。
磨崖仏を見ながらちむ氏の口撃の独壇場、
SMP信者を増やすべく、布教活動にも余念がない。
いいだけ喋って、さあさあ昼飯昼飯。
pic20120504005.jpg

トプローのシャッターポイントも回収しながら
モダカへカレーランチ。
なんとか混み出す前に滑り込んでカレーにありつく。
pic20120504006.jpg

スタッフの顔ぶれが変わっててちょっと驚いた。
インド人青年は顔さえ見ることが出来なかったし。
きっちりお姉さんはいずこへ。

息を吹き返したエースを先頭に、高野街道から
石川へ出て、鯉のぼりを眺めながらぼちぼち解散。
なかなか南の方へはいらっしゃらないトプローさんですが
またよしなに。
次、会う時はどんなサドルになっているか楽しみにしてますよって。

67km。

いいんですよ、いいんですよ(by野田洋次郎)
昨日見たUstreamのジャパンカップクリテが面白かったせいだ。きっと。
栗村監督の解説(戦略指示は念で送るがツボった)が抜群の安定感。
ということで11月の堺浜クリテも見に行こう。たぶん、寒くなければ。。。
だって3時間とか、11月の海辺の夜に観戦って我慢大会やん。

先週、負傷した傷は順調に回復中。
落車記念にステムを交換して、ポジションを煮詰めるためにらぁぁいどぉぉーん。
ブラケットポジション→痛みなし。
上ハン→痛みなし
下ハン→脇腹にちょこっと違和感。
ダンシング→右肩、右肘、脇腹が痛ェ。
こんな感じ。

アテもなくとりあえず金剛トンネルコース。
路面は前面ウェット。
たまに木漏れ日で黒光りするアスファルトが小憎らしい。
ダンシングがあんまり出来無いので
つづらやコーナーでキュッとあがるところは
とにかくハンドルを引きつけてのシッティングで。
時々立ち止まって、サドルを上げたり、ハンドルをしゃくったり送ったりしながら
ポジションを煮詰める。
さすがにステムの上げ下げは面倒なのでやらんかったけど。
トンネルはなんだか久しぶり。いやこの間来たっけ??
pic20111023001.jpg
吹き上げの風に背中を押されるように
そのまま、奈良へ下る。
こちらも路面は濡れているので慎重に下る。
やっぱり身体は正直でちょっと力み気味。
こればっかりはしゃあーない、自業自得やもの。

五條インターのローソンで休憩してどこへ行こうかしばしの思案。
うーん、この間の富貴からの帰りの168号で
「農家民宿CAFE」の看板を見たのを思い出してそこを目的地に据える。
町屋、古民家を改装したじいちゃんち風の佇まいだと脳内予想。
和歌山の岳人みたいな、畳のお部屋でピザが食べられる、はず。

という訳でそのまま南進。
ブルベのPCの五條病院前を通過して、
丹生川沿い168号の微坂をやっつけていく。
フルーツロード(広域農道)への分岐のアーチ橋まで来ると
案内看板発見。
橋を渡ってまた看板、指示通り右折。
ここより8分と書いてあるけど、まあ車でですよね、とーぜん。
いやそれより、業界のお約束、「話しが違うぞ斜度」の道。
7~10%を繰り返しながらたまに15%ぐらいが見え隠れ。
途中に学校があったことと(登り下りする人が居る)
看板が分岐ごとにあった(道をロストしていない)のが救い。
ふーふーいながら着きましたがな。
Cafe&農家民宿こもれび

古民家っぽい細い路地を曲がると
南フランス風のキューブな建物がドーンとインパクト大。
pic20111023012_20111023201726.jpg

テラス席もあったり(満席だったけど)天気が良ければ
眼下の風景を楽しみながらピザが食べられます。

とにかく店内でピザランチを注文して休憩。
畳じゃありやせん、とーぜん。
カウンター席の椅子が高くて、自転車靴だと脚ぶらぶら。
ピザは薄いクリスピータイプ。
最初はそんなにだったけれど、食べ進めるとジワジワきた。
気まぐれピザ(今日は鳥とごぼうのピザ)にサラダとドリンク付きで1400円。
ドリンクにWILKINSONのジンジャーエールのドライタイプがあったのがツボ。
わかってはるわー。
pic20111023009.jpg
会計時にステキマダムとしばし談笑。
自転車でのお客さんはなかなかいないそう。
そうでっしゃろー、止まるか思いましたでー。
止まったよろしいのにー、なんでやねーん。
モダカのマダムとはまた違ったステキマダムでした。

帰路は丹原まで戻って55号で橋本へ。
途中で聖地へ寄り道。
「原付日本列島制覇」でのでんがら対決の決戦地です。
pic20111023010.jpg
勇ましく散ったミスターの英霊に頭を垂れる。
まあわかってくれる方だけわかってくれればよかと。

橋本から本格的に空がどんより。
pic20111023011.jpg
2つの勢力がひしめきあう、そうここが最前線。
と思ったらポツリ雨つぶが。
白い方ガンバレよーとぼやきながら
ちょっとだけ頑張って紀見峠登り口。
休憩もそこそこに峠をやっつけて
石川に出たらダダっときたで。
濡れ鼠とまでは行かなかったのが幸い。
自転車は砂だらけやけども。
と、今日はこんな感じ。

100km。

hide@さんの呼びかけで今日は滝畑ダム経由モダカレー。
道連れはオカメ氏とたーちゃん。
この『チームびっくり人間」に主導権を渡すと
とんでもないアベレージで引き釣り回されるので
ビシッと私が先頭で凡人ペースで抑える。

午前中はくもりがち。
川沿い日野の林道は路面も濡れて日陰区間で肌寒い。
トンネルへの登りではびっくり人間を先行させて
チーム凡人はまったりと。

ダムの食堂前で自販機休憩して折り返し。
pic20111016001.jpg

もうちょっとだけ登りますか、ということで
関西CSCまでちょっくら登る。
途中で整備不足のせいかチェーン落ちで足止め。
ごめんなさいねぇ。
後はだだっと下ってモダカ着。

料理の写真を情報誌の取材並に撮る「チームびっくり人間」
なぜかみんなBset+アイスチャイ。
「きっちり」狙いが「ちょうど」と言われて一同苦笑。

皆さんご家族持ちですので、お土産を買いに
たいちろうのぱんまでしばし登る。
こういう日々の袖の下がやっぱり大切なのだろう、と独身男は想像するしかないけど。
登りでカレーがちょっと上がってきたのは秘密。

後は帰路消化。
石川まで出て三々五々、各自流れ解散。
オカメ氏と大和川まで流すと。突然
葡萄坂行ってくるわ」
そうですか、まあお付き合いしますけど、登るだけですよ。
ってことで大県南から登る。
道路工事があったのか先週とは斜度が違う、ぐらいの感覚。
心拍ばっくばっくのあっぷあっぷ。
あっちゅうまにびっくり人間は消えて行きました。
pic20111016002.jpg
とりあえず変電所まで登って、息を整えて下って帰りまひょ。

ですが、途中で落車いたしまして。
オカメ氏にはずいぶんご迷惑をおかけいたしました。
全然慌てることのない場面で、一瞬パニクって
自転車をロックさせてしまい、ガードレールに右側面から突っ込みました。
これはもう言い訳出来ないぐらいの私のミス。
間違いなく、もう完璧に、120%。
身体的被害は右上腕部をガードレールにしこたまぶつけたので
だいぶ腫れてますが、まあ折れてないみたい。
機材的にはアームカバーとリアタイヤがズル剥け。
レーパンちょい破れ、サドルレールがちょい歪んだかなって程度。
いやあ、生きてるって素晴らしい。
やっちゃった本人より後ろで一部始終を見ていたオカメ氏の方が
「トラウマになるぐらい」の精神的ダメージみたいで。
返す返すもすいませんでした。

脚は回るので堤防沿いを流して、オカメ氏とも別れて
なんとか帰宅。
さあ、冷やすぞー。

95km。

朝早くにしょうむない電話で起こされる。
まあ、目覚ましと思えば腹も立たず。

曇りだども、気温は昨日より高めか。
寝汗前日比で。

トマトを食べに、ロープウェイへ。
トマトなんて今日日どこでも手に入るし食べられるけど
やっぱり、シチュエーションって大事。

観心寺から小深経由のいつものコース。
前から気になる、このビール缶。
モルツっていうのがツウっぽい。
アクセントにファンタやスーパードライ。
pic20110703010.jpg
なんかの罠か、アートか。
同じものが並ぶってそれだけでなんかサマになる。
小深から新千早トンネルへ上がるところで
ユッキン氏らしき人と対向したような気がする。
違うか。

茶屋で休憩。
トマトは100円の小ぶりのものと
150円のこぶし大の2種類。
今日は100円ので。
密かに持参したアジシオを振りかけて食べたら
想像以上に甘さが引き立った。
うます。
pic20110703011.jpg

ダンナ・あこちん夫妻が10時頃に到着予定とのことなので
そのままボーっと休憩。
色んな人が上がってくるけれど、見知った顔は現れず。
二日酔いでダウンしてるんだろうと諦めて、
一応、11時頃まで休憩して、三日市へ下る。
なにしろ腹が減ったんだー。

モダカでいつものBセット。
ナンとライスのコンビにしてもらった。
やっぱり米も食べたいっしょ。
きっちりお姉さん、今日は見かけず。

石川まででるとなんだかいやーな風が吹いてきたので
大和川はパスしてショートカットで帰宅。
つつがない七月の日曜日。

60Km。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。