上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

これが地獄の一丁目。
20140201003.jpg
たまには海沿い平坦を。
風のない晴天で、こりゃあうってつけの日和ですぜ。
知り合いのチーム練がここでやるって言うので
ご挨拶がてらに向かうよ、堺浜

大和川堤防は上も下も大工事。
平和な堤防の道もダンプが通るよ、どこかしこ。
20140201001.jpg
アヒルの行列が境界線。
アヒルじゃガーガー。

風のない穏やかな堺浜は久しぶり。
パトカーがパトロールで自転車に一列で走るように
スピーカー越しの注意喚起。
今じゃチームに求められるのは強さや結束でもなくコンプライアンスということか。
そいでもって堺浜でチーム練を行うメニューがちょっと理解できないものだったので
こそっと無賃乗車な終始ツキイチ。
周回を重ねるごとに徐々に上がって行く鬼畜な速度域に
10周回でギブアップ。
口から出ていきそうになる魂の尻尾を
歯を食いしばって留めるのが精一杯でした。

その後はガチガチになった脚をほぐすためにときパンまで
追い風大和川をゆるゆると。
パリーネのバゲットをお土産にシナボンをゲット。
来週は勤務で来れませんけんね。

新規開拓も忘れずに。
富田林のブランジェリー・ショコラ
20140201002.jpg
デニッシュ、ハード系、オープンサンドなんでもござれな感じ。
特にデニッシュのキラキラフィリングの見せ方は上手い。
おじさんには眩しすぎて手が出ません。
私が気に入ったのはソフトなフィセル、「ベルリン」
ドーシェルのミニフランスを思い出した。
粉味堪能鼻呼吸推奨。
ただ残念ながらカレーパンは油がトゥーマッチノーサンキューな感じでした。
でもまあマルツベーカリーならこれが当たり前っちゃあ当たり前なんですが。
ここのマダムは金髪お団子ヘアでスナックのちーママ風ですが
試食のパンを配ったり、丁寧なパンの説明等とってもお優しい方でした。
お値段は住宅街の割に強気設定。
日曜日は休みですぜ。

104km。
スポンサーサイト

この間から流れていた「月見バーガー」のCMを見て
バーガーではなく団子を食べたくなったB型ひねくれ思考。
近くの丹波屋じゃあ面白くないので、本日は奈良のお持たせの名店、
だんご庄までひとっ走り。

やや曇がちだけど、問題なし(ウェザーニューズ談)
アームウォーマーに半袖ジャージ。
下はレーパンにニーウォーマー。
ジレはバックポケットへ。
装備は完璧。この季節、これで上りも下りもダイジョーブ。

昔々、舞台のお手伝いをしていた頃、
千秋楽の茶目っ気で小道具さんがいつもコンビニ団子ではなく
だんご庄の団子を用意したら、1本だけ食べる芝居が
用意した3本を演者が食べきったという団子。
おかげでお下がりの恩恵にあずかれず、がっかり、なんて淡い思い出。

竹内峠を使って奈良入り。
前日にタイヤのローテとプーリー交換とチェーンとスプロケ洗浄をやっといた。
プーリーはKCNCの安いやつ。
シマノのデュラと違って、左右に遊びがないので
どうかなーと思ってたけど、そんなに悪くない、ってか変わらん。ってか分からん。
チェーンオイルはいつものタクリーノではなくフィニッシュラインの赤。
なんでかって、注油のタイミングで偶然、手元近くにあったから。
たまには気分を変えないとねー。

竹内峠は旧道から南阪奈沿いのスーパーアップダウンをやっつけて
24号をゴニョゴニョっと走って25kmほどで到着。
pic20111002001.jpg

きなこだんご一本63円也。
奥の作業場ではろうたけた8名ぐらいのご婦人たちが
きなこをまぶしたり、串に刺したり、箱詰めしたりと手際よく作業されていた。

取り敢えず2本頼んで、店内イートイン。
ひっきりなしに出たり入ったりするお客さんに二度見されてもキニシナイ。
お味はというと、甘いきなこが口内でシャリシャリと心地よい。
すぐ溶けてなくなっちゃうんだけど
甘さが引いた後に、団子本来の素地の控えめな塩気が
甘ったるさを拭きとってくれる感じがする。
二本じゃあ、足りるはずもなく、10本お持ち帰り。
団子は当然としても、出されたお茶が、不思議とどストライクな旨さ。
普通のお茶なんだけど不思議。
お茶はやはり一期一会か。

きなこの事を考えながら帰路選択。
と言ってもこのルートなら、好物水越峠(裏)一択で間違いない。
途中でコンビニに寄って、チロルチョコのきなこもちを探してみたけれど
やっぱなかったなー。あれうまいよなぁー。
なんてひとりごちながら、祈りの滝通過。
水汲み待ち人が3組ぐらいいたので、頑張ってスルー。
野犬の気配は全くなし。
代わりに路面には押し花よろしく、ペッタンコなあれやこれや。
ペッタンコ率ナンバーワンはカマキリ君。

登りきって下り始めると、やっぱり寒いので
持参したジレ装着。
下りながらヒラメイタ。
パリーネにはきなこパンがあったなぁーって。
というわけで、石川から直帰ではなく大和川経由、パリーネ行き決定。

大和川はお約束の向かい風。
残った脚を使い切る、ほど速度を出しては危険なのでほどほどで。
パリーネできなこぱんとかショコロアとかバゲットとか
ガーリックフィセルとかピロシキとか選んで意気揚々と帰る。
今日は持ってて良かったナップザック。
口からバゲットがはみ出してるけどキニシナイ。

帰宅後、緑茶を淹れて、団子2ラウンド目開始。
でも、ステキウマイとは言え一人で10本はツライ。
ということは、申し上げておきます。
ウップ。。。

90km。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。