上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月ですよ。
「早いねぇ」とか「まだ12月か」とか個人の時間経過の感覚は置いといて、
ロードレース的には契約満期、去る人、来る人ほんでもって
明けましておめでとうってなことで。
別に私には一切関係ありません、12月は繁忙期だもの。

仕事納め前、最後の土曜休日。
雨予報をうっちゃって、「土曜に行くべきリスト」最上位を狙い撃ち。
最近はカレーだピザだとうつつを抜かしておりましたが
今日はパン、これ一択。

この間、走り易かった旧26号線を使って雄ノ山峠まで。
実は大阪側から登ったことはなくて、
こっそりキューシートを持参。
結局使わなかったけどー。

風もそれほどなく、道幅のある快適平坦路。
ちょっと遠回りになるけど、やはり走りやすいほうがいいやね。
あっという間に雄ノ山峠を越えて、下りだすと雨粒ひとつふたつ。
一番の難所のつづら区間が片側一車線工事中で怖かったです。
登り側だともっと怖いやねぇ。

和歌山側はまだ雨はなし。
ガネーシュで使う7号線に入って
紀泉台の急坂の途中にあります、小麦処福みみ
pic20111203001.jpg
ドーシェルのようにカフェ併設タイプのお店。
ノモケマナのような対面販売方式。
yum-yumの5倍ぐらいのテラスもあり。
いいんでない?いいんでない?
価格帯も住宅街価格で100円~200円あたりが主力の印象。

取り敢えず何点か選んで、テラスで食べる。
が、雨が降り出し、店内に避難して
ホットジンジャーとトーストを注文。
pic20111203004.jpg
あっさりバターのトーストが非常に美味しゅうございました。
ホットジンジャーにはテラスで摘みたてミントの葉。
女性客が召し上がってたランチセットも良さそうですなぁ。
また来よう、ただし日曜日は休み。

どうやら降ったり止んだりするみたいな天気。
どこを越えて帰ろうかなぁーと7号線をフラフラ走っていると
葛城山と鍋谷の分岐で思案。
初モノパン屋ときたら、初モノコースだろ!
ってなわけで、今まで見て見ぬふりをしていた
粉河コースで大阪に戻ることにする。

分かってはいたけど、やっぱり雨。
しっとり降る霧雨とやや強くふる凍雨の繰り返し。
強く降るとこれ幸いに木陰に待避。
3分位で止んで、再スタート、この繰り返し。
標高が高くなるにつれ、霧だか、雲だか、ガスの中を走る。
視界が真っ白、悪条件だけど、雨は止んでいるのでなんだか楽しい。
これぞ非日常!こういうのキライじゃないです。
巨大冷蔵庫から吹いてくるような冷たい
吹き下ろしと吹き上げの風と10キロの登りにもうクタクタ。
やっぱり見て見ぬふりしとけばよかったなー。

そんなワクワクと後悔をないまぜにしながらハイランドパークまで。
そこから山頂までの3キロの区間では脚が攣ってもう大変。
仲良く両腿が攣ると、次はふくらはぎ。
ちょっと止まってストレッチしようにも、コンクリーの急坂で止まるに止まれない。
緩んだところでクリートを外そうと足首をひねると、今度はケツが攣る。
足先を地面につけようとするとふくらはぎが攣って
足先を浮かすと腿が攣る。
霧の葛城山で珍妙な姿勢で唸っている姿は
決して人様に見せられたもんではないです。
そんなこんなで山頂茶屋。
pic20111203006.jpg
なんも見えんです。
記帳して、牛滝へ下る。
グレーチングへの進入速度と角度を間違わないようにソロリソロリ。
3キロぐらい下ると霧区間は終了するも路面は濡れて黒光り。
pic20111203007.jpg

最後の最後のグレーチングでリアが滑ったのがやりきれん。
詰めの甘さがすず虫らしいやね。
ブレーキシューや砂でドロドロ、洗車や洗濯が面倒臭いことを除けば
非常に楽しい。いや、登りや足攣りはしんどかったけども。

110km。


スポンサーサイト

降ったり止んだりの雨。
微かな望みの止み間で乾きつつあった路面も
すぐに雨粒が黒く塗りつぶす。
そんなことを何回か繰り返して、本日の自転車はあきらめ。

遅ればせながらTwitterなるものを勉強したAM。
なうなう言うてやる。
ようわからんけど、なんとなくスマホが欲しくなりました。
これは正しい物欲かしら。

午後は野暮用で寝屋川方面へ中距離ドライブ。
寝屋川で降ろされて、しばしの自由行動時間@15分ほど。
じゃあじゃあ、ビエルに行くしかないじゃないか て事で。
緑のパン屋。
pic20110821001.jpg

ハード系中心でエロスな気泡と艶っぽいクラム。
トングにトレイではなくて、パンがショーケースに鎮座していて
店員さんにオーダーして取ってもらう方式。
こういう販売方式のノモケマナとかでも聞く、補給の目安にとお約束の一言。
「イチバンカロリーの高いやつはどれですか?」
店員さんの一瞬のポカン顔に苦笑いしながら、ブルーベリーとクリームチーズのヤツでした。
お値段も高めで、重さも重め。

ちむ氏に食べさせてやると
パンにあまり興味のないちむ氏もうまいうまいの連呼。
クリームチーズは普通だけど、生地がウマイのでなんでもうまいぞ。
咀嚼しながら深い鼻呼吸で生地の旨味と風味を吸い込め。
やるな、寝屋川。

雨が降るのは夕方からってことで
勇んででかけましたよ。

・・・昼から降ったね。。。
まあこればっかりは仕方ねぇッス。
洗車出来たと思いねぇ。

朝は目覚ましと共に起きられた。
やれば出来る子と言われ、はや三十数年。
もう誰もおだててくれませんが。

本日は
第一目標 レガル
第二目標 鉢伏峠

まず木津へ向かう。
こんな機会でもないと通らないので
旧170号を北上して清滝峠へ向かう。
葡萄坂、十三峠へ向かう、あるいは下りてきた
皆さんと挨拶を交わしながらひたすら北へ。
途中、落語「野崎参り」の舞台の野崎観音を通過する。
頭の中でまた一つ地図が繋がったっと。ガッコン。

さすが清滝峠、高架下にたくさんの自転車乗りの皆さんがいらっしゃる。
休憩せずにとっとと登坂開始。
私の脚からして15分ぐらいだと自己分析予想。
途中二つとも信号に引っかかって15分10秒。
まあ、隠れ肥満にしちゃあいい方でねぇか。
えっ、隠れてないですか。。。
pic20101031001.jpg

ウィンドブレーカー装着して木津まで下る。
駅前まで行って、24号に入って754号にそれる。
住宅街に上がってレガル着。
pic20101031002.jpg

どれも美味いけれどやっぱりシュクレーブル。
がりがりシュガーの食感が良い。
メロンパンやクリームパンの表面にもがりがりシュガーのってます。
上に乗ってると食べにくそうやし、口の周りはベッタベタになりそうやしで今回はパス。
あと、クロックムッシュがウマー。黒胡椒とあっさりめのホワイトソース。
店員さんは元気良いというよりノリノリでなかなかパン屋さんでは珍しいかなと。
pic20101031003.jpg
バベルの塔?


腹六分目にしたとこで本線に復帰。
そのまま754号を南下して奈良公園まで。
奈良周遊コースといきませう。
いたるところで、交通量調査員がカチカチやってました。
ごくろうさんどす。
pic20101031004.jpg

と、このあたりで雨がぽつぽつキター。
まだ昼前ぢゃん、予定よりはえーなー。
ちょっと雨宿りでまたパン屋。
ノモケマナ。福智院北交差点。
こぢんまりした店構えで、パンはショーケースにならんでおり
対面販売となっております。
pic20101031005.jpg

カロリーの高いやつください!と変なお願いしたら
黒ごまチーズパンを勧められたのでそれとチャバタしょうがハチミツを購入。
自転車乗りには嬉しいテラスでもしゃもしゃ雨宿り。
どちらもあっさりしてました。生地で勝負してる印象。
よってハード系がオススメかと。
奈良公園へお越しの際は是非どうぞー。

しばらく待っても止まないので仕方なく走り出す。
もう雨やし帰るつもりが、途中で止みだして
ほんじゃあ、鉢伏登るかーってもうミジンコ並みな思考回路。

25分以内と心に秘めて登りだす。
80号線の狭い区間を頑張って踏む。
病院前を通過して新道区間に出てあえなくインナーに。
この区間は良いです。好きな雰囲気だー。
下って再度登る辺りから、もうお約束となりつつある失速しはじめ。
電波塔で意を決して下ハン持ってもがくけど
最後まで保ちまへんー。あーれー。
25分21秒・・・あかんやーん。

pic20101031006.jpg


頂上付近はもうパラパラ降り出してる。
一抹の不安を抱えながら天理ダムへと急ぐ。
186号の城山を登り返してる時に本降りキター。
と思ったらまた止んでキター。
完全に翻弄されとる。
pic20101031007.jpg

天理ダムもそこそこに家路を急ぐ。
それも無駄だったようで天理大前で濡れネズミ。
家まで40㎞はあるのに・・・。

後はもう雨の奈良を横断して帰りました。
もう休憩すると寒いのでノンストップで。
抵抗が減ってスピードは出るけど止まれませーん。
ブラケットが滑って怖い。
いろんなとこがぐずぐずぐしゃぐしゃ。

予定では県境あたりで降り出して
家に着いたら本降りだったのになぁ。


136㎞。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。