6月と言えば…紫陽花でしょ。
20140615006.jpg

土曜日出勤後、葡萄坂で撃沈されビールを2缶あおったら
あら不思議、日付は変わって日曜の午前4時前。
6時間ほどタイムスリップしたようで。

やや頭痛を引きずりながらそのまま早朝に自転車にまたがる。
FFWおはサイやってるかなーと思い、サイクル橋に行ってみるが
犬の散歩のおば様方しかいない模様。
うん、仕方あるまい、ひとりで登ろうロープウェイコース。
7時前の交通量の少ない道をいつも通り森屋まで。
ちらほら見かける自転車乗り、もれなく恐ろしい速度で上がって行きはるわー。
魔の時間帯か。
こちらも久しぶりにアウターで縛ってみる。
途中で千早のマニアックコースな山の中を徘徊しているのであろう
はるお君と対向。
一瞬のご挨拶、そして別離。
水を張った田んぼはもう田植えも完了。
と来れば、次はカマキリが道の真中にそろそろ出てくる頃か。
出合い頭とは言え、やってしまうとあまり気持ちのいいものではないしね。

前を行く29erを視界の隅に置きながらペースを維持。
ケイデンス高めで追いつけそうで追いつけない。
途中の水汲み場で離脱されたが、最後の東屋まで一緒に行きたかったです。
20140615000.jpg
風呂あがりの体で下ると、やはり寒い。
6月と言えど山の朝をナメてはいけない。
定番の小深からトンネルへ。
やっとこのゼリウスに慣れてきたと思ったのだけれど
やはりこの辺りで脚の疲労度がカルマとは顕著に違う。
ヘタなごまかしは効かないってことなのか。
インナーを使ってどうにかこうにか登ってみるが
ペースはだだ崩れ。
ここでは2m級巨人1号ひろさんと対向。
一瞬の邂逅と別離、再び。
みんな暑さを避けてのサマータイムに移行しつつあるんだなぁ。
20140615003.jpg
奈良には降りずにここで引き返す。
登り返す脚がもうない。

帰りは久しぶりにフクシマさんへ。
20140615004.jpg
住宅街では破格の強気価格だけれど、まあ美味いのでぐうの音も出ない。
開店間もない時間のせいか狙ってた諸々の品はなく、あーうーな感じ。
返す刀で、これまた久しぶりのダン珈琲さんで豆補給。
ホットでもアイスでも飲めるものとリクエストしたら
「ストロングMIX」を間髪を入れず薦められたのでそれを。
こちらのブレンドには全幅の信頼を置けるので即決よ。
20140615005.jpg
これにて3時間60kmあまりの定番コースは終了。

そして6月と言えば私の誕生月。
自称「カメラ女子」エースちむ氏からデジカメを賜る。
20140615007.jpg
エース6号。キャラメルマン的なナンバリングです。
スマホのカメラもいいんですがちょっと画面の隅がぼやけるので
本日から6号投入。
小さくて起動が早い。
小さくてバックポケットに入れたまま洗濯しそう。
小さくて落としそう。
あるいはバックポケットで汗で水没しそう。
投入したそばから色んな最期が予想されますが
ゼリウス共々、活躍が期待できるニューカマーです。



あーもーなんかだるいなぁー。
調子の良かった4月、5月は過ぎ去って、これから私的に調子が下降する時期。
いつもの近場をぐるーっと回る。

滝畑はいつものルートで。
昨日、しらみ潰しのトライ・アンド・エラーを繰り返して異音の解消に努めるも
結果は捗捗しくなく、やっぱり聞こえるギシギシ音。
まあダンシングみたいなトルクをかけなければ鳴らないので
回せばええかーっと現実逃避的な問題棚上げ走法。

いつものダムまわり。
以前から気になっていた横道を登っていく。
民家の並びが途絶えたすぐ先は、行き止まりの黄色の閉鎖ゲート。
PhotoGrid_1338737756971.jpg
未舗装の楽しそうな道が続いていますが
色々オトナになったのでここで引き返す。
何より、ロードで行けるような道ではございやせん。

清掃センターまで登って、CSC坂をゆっくりゆっくり下って帰る。
天野街道へ抜けるのどかでのほほんとした道で
落石があるっと思って慌てて避けたら
デカイ石ではなく亀くんでした。
ほっぺが赤いアカミミガメ。
特に珍しいこともありませんが、道の真ん中で出合い頭に遭うものでもない。
2012-06-03 14.00.55

道路の真中に置いとくと危ないなぁと思ってみても
彼がどっから来て、はたして道路の右か左
どっちに行きたいのかわからない。
とにかく、乾ききった大きな甲羅にボトルの水をかけてあげるだけにする。
ちょっとびっくりしたのか頭を引っ込めてしまった。
かけ方がマズかったみたい。
なかなか難しいな。
まあ、車がひっきりなしに通るような道でもないので
大丈夫でしょう、たぶん。

いつものダン珈琲で豆を補給して
帰り道で閃いた。
BB裏のワイヤーガイドを止めてるボルトがアヤシイってことに。
亀のお告げかわかりませんが、これが今のところ大当たり。
来週になったらまた鳴ってそうだけど、まあそんときはそんときってことで。

猫と亀と鶴は道で出会ったら気にかけてやると良いようですぜ、きっと。

47km。

今日は坂の日。
今日あたりは金剛山が行けんだろ。
巷で評判のコンチの4000Sの皮むきも兼ねて。

昨日の春告げ雨か、凍結防止剤の名残か
ところどころ濡れてはいるけど、オッケーオッケー。
観心寺から先にロープウェイに登るいつものパターンのつもりだったけれど
小深まで良いペースで行けたので、このままトンネルまで行くことにする。
山から吹き降ろす風もひと月前とは比べ物にならないぐらいマイルド。
汗が滲み、吹き出し、垂れる。
あ、あと鼻水も。
pic20120303006.jpg
誰も見ていないとはいえ、ハンカチタオルで鼻をふきふきしながら。
その甲斐あって、ここ最近ないぐらいの快調なペースでフィニッシュ。
下って、次はロープウェイ。
これが春の匂いか、いつも以上に獣クサイ千早トンネル付近。
土曜だからか、登山客も自転車もまばらでした。
川沿いにちょこっと残雪があるだけ。
茶屋のおっちゃん、おばちゃんもお元気そうで。
いつものこんにゃくはやめておにぎりをいただきます。

後は寄り道。
狭山に移転したフクシマダン珈琲でパンと豆を補給。
チョコライ麦パンがイイネ。
pic20120303004.jpg
ダン珈琲でもはいつもの「追憶」ブレンド。
でも、なんだか今週の疲れはこびりついてとれないぞ。
野菜不足かなぁ。

60km。


元日のリベンジです。
私のチェーンが切れたわけではありませんが。
代参で金剛山。

風も穏やか、南向きの緩斜面は日当たりも良くて気持ち良い。
決して楽じゃないけど、風がビュービュー、曇天よりも気持ちも踊るってなもんだ。
途中すれ違った自転車乗りのお兄さんにも
「気持ちええねー」と声をかけられる。
うむ、まったくおっしゃるとおりです。

時折、濡れた路面や、道端の残雪がキラキラと光って
木陰の明暗のコントラストの美しさに立ち止まってしまいそうになったり。

いや、それでもしんどいもんはしんどい。
コーヒーの飲み過ぎか、獣臭い千早トンネルで久しぶりに
口腔内が酸っぱくなってちょっと慌てる。
鼻水に血が混じって、かなり慌てる。
pic20120108001.jpg

老練な登山客や家族連れで賑わうロープウェイに到着。
予想はしていたけれど、かなり寒い。
いや、それでもまだ凍結なし、雪は残雪程度でマシな方か。
贅沢言っちゃあバチがあたりますな。
着込んで小深まで下るのがかなりキビシイ。
さっきまでは楽しめた光る路面にちょっと苦戦。

ロープウェイとは違ってあまり人気のないトンネルコース。
トンネル前の工事も終わり、チェッカーフラッグを振ってくれる
工事のおじさんもいなくなって寂しいトンネル前。
pic20120108003.jpg
ブルブル震えながら、ブレーキを握りながら
それでも脚を回しながら延命寺経由、三日市まで一気に下って
人心地つくことが出来た。

高野街道と西高野街道を繋いで
近大病院への坂、イオン化粧品前コスメ坂で脚を売り切っちゃう。
腿裏がピクピク、心臓はバクバク。
pic20120108005.jpg
コーヒー飲み過ぎて気持ち悪くなったのを棚に上げて
帰りにダン珈琲に寄ってコーヒー豆を補給。
この辺りじゃ、かなりお安くて安心の品質かと。
以上、代参終了。

64km。