やっぱり土曜日には土曜日にしか行けないところへ。

まずは水越峠経由で大阪脱出を画策する。
309号は途中信号で足止めもあったけれどいいペース。
んが、旧道に入ると路上駐車の車列が片側を占領していて
行き交う車の離合で渋滞発生。
しかもこの旧道は路線バスも通るのでそれはもう阿鼻叫喚の地獄絵図。
皮肉なことに路線バスの乗客はガラガラという有様です。
良いペースがぽっきり折られてしまいましたが
まあ大したペースではないのでおとなしく離合を待つ。
安全第一、車の影から登山客が見え隠れ、こえこえぇ。
祈りの滝で朝ゴハン。
今日は自作を持参。
20130518001.jpg

裏道をつないで冨田まで下ってから
そこから北上しましょう。
先ほどの朝ゴハンもなんのその、道すがらの
だんご庄できなこだんごを食らう。
きなこの粉が喉につかえてあやうくむせそうになる。
落ち着いて食えってことだよ。
20130518003.jpg
ささ、次のチェックポイント目指して北上再開。
途中で砂の浮いた自転車道をつないだりしながら
金魚の街、大和郡山。
ちょうど気温も上がってきたのでジェラートを食べませう。
ジェラテリア・バンビーナ
郡山という立地のせいか、桜餅や黒蜜やよもぎ、ほうれん草みたいな
和風テイストなフレーバーが多い。
20130518005.jpg
よもぎとラムレーズンのダブル。
次はフラワーな盛り付けで見た目も楽しみたいです。

またまた北上再開。
いつもの平城宮跡から歌姫街道で木津に到着。
木津駅のほど近くのパン・オ・セーグルで粉分補給。
チーズカンパーニュ、ウマ!ウマ!
なぜ黒胡椒も持って来なかった、すず虫よ。
20130518012.jpg
店内に鎮座するブルートレインに気圧されて
クリームパンを逃がすという凡ミス。
店内中央のシマのハード系の平均点が高そうだ。
今日は流石にそんなに食えんです。

いつもならこの辺りで引き上げるところですが
ちょっと食べ過ぎた罪悪感もあって北上を続ける。
玉水から大正池へっと思ったけれど
近くに万灯呂山もあるみたいなので、そっちを選択。
20130518014.jpg
ここから。

20130518018.jpg
登ってここに至る。
初めての万灯呂山、路面は紀見峠
雰囲気や道幅は鍋谷っぽい。
3.5kmの7%。
不動峠とほぼ同じか。
斜度は最初と終盤がキツ目。
中盤は緩んでいるけど見通しは悪い。
ゴールの眺望は良いのが救いです。
おまけに子猫もいるし。
20130518036.jpg
3匹見かけて、バックポケットは3つ…いかんいかん。
達者で暮らせ。
帰路は急いで寄り道しないと結構早く戻ってこれるなぁ。
まあ坂ナシ山ナシだと当たり前か。
25号線から最後のチェックポイント
駒ヶ谷のときさんに寄ってシナボン購入。
パン・オ・セーグルのパンをお渡しする(1個しかポケットに入ってませんでしたが…)
出していただいたアクエリアス美味しかったです。

カロリー過多な土曜日。
41歳でTOC5Sを勝った
イェンス・フォイクトは言った
「年齢なんてただの『数字』に過ぎないぜ」
だからすず虫は言う
「摂取カロリーなんてただの『数字』に過ぎないぜ」

170km。