上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉より魚介が正義と信じるyoshiの発案で、日生カキオコを食べに行こう!ということに。
風よけ&現地までの運転手要員でmashuも無理やりねじ込んで三名御一行で一路たつの市へ移動。
山陽道に乗ってからのトイレ問題や車のタイヤに木ネジが刺さっている問題など、
およそ予定より一時間遅れてのスタート地点に到着。
20171210074023263.jpg
晴天で穏やかに見える播磨灘だが、風と波ですこし荒れ模様。
スタート直後、低温、強風と脚が回る要素が皆無のなか、しょっぱなの海岸線のアップダウン。
うぅ、ツライ。
足並みが揃うはずもなく、序盤から3名バラけて進行する展開です。

相生からは250号線をそれて568号線で相生湾を常に左手に見ながら、なぞるように少し遠回り。
この辺りはもう播磨工業地域のど真ん中で、工場萌えするmashuにはたまらん造形物が点在している。
20171210074122696.jpg
風がないように見えるけど、実は海風にいじめられている。

20171210074056888.jpg
足並みを揃える意味で、見晴らしの良い斜張橋の上で撮影休憩。
向かい風で常に前ひくmashuはパワーメーターを見ながら
「ツネ、250W出てます、キツい」
言い出しっぺなのにアップダウンにうんざりしたyoshiは
T-BOLANの「離したくはない」の替え歌で「登りたくはない」を口ずさむ。
20171210074202111.jpg
コンビニ休憩ではyoshiがmashuにペースコントロールのダメだし中で詰め寄る場面も。
「オメェ、後ろのこと考えてひけよ」
「ハイ、スンマセン」(嘘です)

赤穂市内、穏やかな千種川を越えると再び250号線に合流し、いよいよ岡山県に突入。
県境を下るとすぐに日生、もう至る所にカキオコのノボリがはためいている。
20171210074307058.jpg
日生の漁港のほど近くの裏通り、カキオコストリートの、
これまたとびきり小さい「まるみ」でカキオコをば。

20171210074242175.jpg
少し崩れやすい焼き加減の生地の中からカキがゴロゴロと。
まだ旬には早かったせいか、カキ自体は濃厚な風味は控えめでややあっさり目。
私にはちょうどいいけれど、yoshiには物足りなかったのかも。
サービスで焼き芋をいただきました。
まだ腹に余裕のある我々一行は復路をこなしながら、カキフライの看板に吸い込まれていく。
20171210074324860.jpg
粒がやはり大きい。
じゅわっと染み出すカキのエキスはいかにも滋養のありそうな味わい。
疲れた体に染み渡るわー。

復路は相生湾をショートカットしてほぼ250号線を東へ。
工業地帯という地域柄なのかダンプが多いわー。
追い風を背中に感じながら、アップダウンをこなす。
mashuを差し切る機会を伺いながら、復路こなしていたら、またもやyoshiをほったらかしにしてしまう。
そのせいで、yoshiの自転車お守りを貰いに行く、という秘めたオプションツアーを台無しに…。
どうもすいませんでした。
後はお決まりのお土産を物色しながら、温泉で冷えた体を温める。
帰路の宝塚で渋滞に巻き込まれるのはお決まりコース。
mashu、メガシャキを飲みながらの運転お疲れ様でした。
せめてもの、と思い助手席のyoshiも後部座席の私も寝ませんでした。
初めての土地の初めての道、とても新鮮。

Relive 'カキオコ&カキフライ'


スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。