上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノープランで流す祝日、文化の日。
自転車文化を日本に定着させ、法整備とインフラ設備の改善を
喫緊の課題としてどうのように取組むか…
いや、そんなことよりらいどぉぉんだ。

薄曇りの大和川を王寺までぶらぶらと。
脇腹はまだ痛いしー。
バイク振ると肩と肘痛いしーってことで
無理は禁物。
それでもある程度、踏んでかないとね。

と、それも悪路168号まで。
すり抜けスキルが低いので車と一緒に渋滞に巻き込まれる。
車の窓から顔を出したプードルだかパピヨンだかがすっごい邪魔。
猫なら許す、のに。

だらだらと続く坂をキュッと登って
ぱん焼人はたなかみきおに寄る。
昨日からチョコパンが食べたかったのだけれど
今日はどうやら無いみたい。
じゃじゃじゃじゃあ、和栗のブリオッシュ、他3点で。
近くの公園で、ソフトボールの投球練習を見ながらしばし休憩。
pic20111103001.jpg
パンダに乗ってみたい欲求はここでは抑えて。

いよぉーし、いいだけ食べたし、裏水越だ!っと
意気揚々と走り出したら、あえなく道に迷う。
急坂の続く住宅街に迷い込んで、線路に行く手を阻まれ
ついには通行止め。道路がないです。
pic20111103004.jpg
はい、もうここで退散。
なんとか知ってる道に出て、穴虫峠経由。
みかん狩りが大盛況。
もう、そんな季節になりましたよーってか。
ビタミンC摂らないとねぇ。
風邪ひくと色々面倒くさいですから。

70km。
スポンサーサイト

いつものように、いつもの時間に目が覚める。
ちょっと首が張ってるほかはいたって元気。
そのままにした洗い物をやっつけて、着替えて自転車に乗る。

陽気は春。
空は青。
池のそばには菜の花黄色。
pic201100313001.jpg

いつもの石川を渡って、羽曳野高校の前を通る。
陽気のせいか砂埃で霞むグラウンドには
サッカー部の練習か、生徒が走り回っていた。

穴虫峠はちょうど良い長さのゆるい斜度。
心拍上げきって、ダンシングで。
でもやっぱり上までもたなくて、オール100円自販機あたりで力尽きてサドルにどっかり座り直す。
下って、香芝の住宅街の短い登りをもういっちょ頑張る。

久しぶりに、ぱん焼人はたなかみきおに寄る。
店前の狭い駐車場はひっきりなしに車が入れ替わる。
pic201100313002.jpg

そうなると狭い店内はごった返す。
ピンクのワンピースを着た小さな女の子がトレイの上にパンを落とさないように
眉間にシワを寄せながら、ゆっくりとレジへ進んでいった。
その時だけみんな端によって道をあける。
パン屋のモーセは無事レジにトレイに運ぶことが出来た。
ご苦労様でした。
新作なのか豆が練りこまれていた米粉ブレッドがパワープッシュされていた。
クリームパンは卵の味がよくわかる風味。
きなこチョコのチョコクリームは色が少し白っぽくて、なんだか懐かしい味。

165号大教大経由で戻る。
運良く、前も後ろも車がいないエアポケットになったので
ゆるい下りを利用して、このあたりでもサボらず頑張る。
国豊橋を渡って、裏葡萄を登る。
暖かいとはいえ、日陰で休憩して汗が冷えるとやっぱり寒い。
河津桜なのか、散り始めた花びらが側溝に溜まっていた。
pic201100313004.jpg
早々に下って、大和川堤防で残りのパンを食べながら
同じく河川敷でお弁当を食べていた子供たちの喚声を聞きながら
行き交う自転車乗りを見ながらボーっと休憩。
ボーっとしすぎて、なんだか記憶があいまい。

大和川沿いを片足ペダリングしながら帰ってると
後ろから声をかけられる。
私設応援団みたいなハスキーボイスの自転車乗りの方で
私の後ろで同じく片足ペダリングをやってたみたいです。
結構、キクでしょ?
川沿い片足ペダリングが流行るぞ、きっと。

と、まあいつもの日曜日。
日常を日常として、いつもよりギア一枚分頑張った。
明日からまた自分の持ち場でいつもより少しだけ頑張る所存です。

52km。

朝寝で意識が戻ったのは10時半。
はい、遠出は消えたよ日曜日。
台所で湯を沸かしながら、三角コーナーとにらめっこ。
臭うぞ、キミ。
見てみないフリを続けて1週間。
爽やかな日曜に突きつけられる現実。
オリャーっとうっちゃってさっさと出かけるぞぃ。

前回の店舗に車が突っ込むという予期せぬ襲撃を受け
休店していて不発に終わった
「ぱん焼人 はたなかみきお」が
復活したみたいなので再度勇んで討ち入り決行。

今日は空が高いぞ。
これぞ秋の空ってか。
pic20101121001.jpg
今日も暖かいのでベストもグローブ脱いでも快適。
穴虫峠を越えて、168号へ抜けるバイパスをシューッと登って下って
香芝北中学校への登りで華麗にベーカリーアタック。
が、残り50mで力尽きてギャフン。

ひっきりなしにお客さんが出たり入ったりの
ぱん焼人はたなかみきお
pic20101121002.jpg
店舗は狭いので5人入ればぎゅうぎゅう。
食パンは予約でいっぱい。
予約の赤伝票と食パンがズラリ並んでいる。
予約なしでは入手は困難らしい。
新興住宅街にあるせいか
やっぱり街のベーカリーという雰囲気。
pic20101121003.jpg

品揃えもハード系よりも、お子様も好みそうな
菓子、惣菜系が多く、価格設定も良心的。
ハズレのないアベが高めでステキ。

今日の一等賞はカレーパン。
油っこくなく本気のカレーがかなり辛い。
大人のカレーパン。ビールにも合うんじゃね?
甘党の方はカットされた生チョコタルトなどもあるのでそちらもオススメ。
謎のハーブっぽい風味がする不思議チョコです。

メジャーな峠や練習経路から少し離れているので
経路に組み込みにくいですが、ホント美味かったです。

食べたら、動かねば。
穴虫峠を越えて、グリーンロードのアップダウンに
もまれて石川まで帰る。
ゆるゆると片足ペダリングと回し練習していたら
キルワニさんとお会いしましたよ。
ギャハハと色々お話していただきました。
いつもなら持ち帰りのパンがポッケに入ってるのに
今日に限って全部食べちまって、ずびばぜん。
逆に元気とパワーを頂きました、帰りの脚が軽かったもの。

45km。


今週の出来事。
揚げ物食べ過ぎ。
阪神2位でCSへ。
マツコデラックスの頭の回転の早さに脱帽。

雨が止んだ日曜日。
フルフル詐欺には騙されないぞ。
雲は多く白いが山の方は曇天。
昼頃にいそいそと出発。

走り始めて、朝から何も食べていないの気付く。
美味いパンを求めて穴虫峠を越えていく。
目指すは「ぱん焼人はたなかみきお
ずっしり感のある惣菜系のパンが美味い。
立派な昼飯になるはず・・・だった。
急坂の住宅街をショートカットしたつもりが
あえなく迷子に。
10%超の短い坂を登ったり下りたり。
このあたり、道が立体的に交差してたりして
一筋縄ではいかないのです、あーうー。
pic20101010001.jpg

その途中に梅佳代の写真集に出てきそうな
野球少年と坂のくだりっこしたり。
チキンレースじゃないんだから早めにブレーキはかけてね。
あぶねぇって。
その男の子にパン屋知らん?と聞いてみたけど
「知らん!」とあしらわれる。
とうとう携帯引っ張り出してナビをしてもらい
なんとかルートに復帰して到着。

なんと・・・
pic20101010002.jpg

パン屋に車が突っ込むってどーいーうーこーとー・・・。
激しく意気消沈。
コンビニのパンでお茶を濁すが
そんなことでこのパン仕様になった口も胃も腸も治まるはずもなく。

行くか、ヤムヤムー。
もう、脚が勝手に山麓線を南下しております。
名柄から水越を越えて帰る予定を変更してひたすら南下。

途中でラッテ高松でソフトクリームでクールダウン。
味は良く分かりません。牛乳っぽさが強いかな。
こちらの牧場の老犬、元牧羊犬なのかしら。
pic20101010004.jpg

歩くとき前足後ろ足の関節を極力曲げず、
ぴょこぴょこと歩きます。ゼンマイ仕掛けか。

食べたらさっさと本線に戻る。
山麓線の大味なアップダウンが思った以上にこたえる。
南行きはこんなに厳しかったのですか・・・。
pic20101010005.jpg

それでもパンを求めて赤い橋を越えてyum-yum着。
プリンデニッシュはなかったけれどフレンチトーストが当たり。
生クリームのしつこさはなくて上品な甘さ。
大きさも上品でちんまい。でもウマウマ。
後はお持ち帰りでバックポケットに突っ込む。
ヤムヤムに来たら金剛ってことで裏金剛を登る。
黒い雲がかかってるのは下からでも見えたから覚悟はしてましたが
やっぱり小雨に遭遇。雨のおかげで少しスピードアップ出来たかな。
濡れてるところとそうでないところがあるので下りは慎重にー。

河内長野まで出て石川大和川をくるくる乳酸除去。
帰ってビール飲んで、パン食って横になる幸せ。
やめられまへん。

122㎞。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。