病み上がりに緩めのやつをFFW隊長にお願いしてみると
うってつけのやつがあるってことで、それに参加してまいりました。

隊長筆頭に、顧問、和尚さん、TamTam、スコPとすず虫。
皆さん『な・らの道』という奈良のラーメン店のスタンプラリーに参加しておられ
今日はそのひとつを回るのだそうで。

「一峠一麺」を合言葉に、登らざるもの食うべからずということなので
トプロー氏のホームである
かなーり久しぶりな十三峠を越えていく。
実は自転車でちゃんと上がるのは初めてだったりする。

大竹7丁目、準備の出来た方からスタートして行きます。
途中で若手二人(TamTamとスコP)に揉んでもらいました。
この二人、今日は対決モードはなくて協調体制。
次回の対戦は是非見たい。

21分をかろうじて切るペースで駐車場に着。
これを日に行ったり来たりするなんてどんな神経してんだろーとは思うわけです。
20140112000.jpg
お約束の構図。
数十秒後この2台は突風で倒れてしまうことになるのですが。。。

ここでTamtamとはお別れ。
次回、期待しております。
奈良側へ5人で下り出すのだが、途中でアクシデント有り。
前のスコPの急ブレーキにもらい事故をやらかしそうになって
葡萄坂の二の舞になりそうになっちゃって。
ま、ふたりとも怪我はなかったのだけれど
先行組とはぐれ、迷子になる二人。
スコPが自信満々のナビが裏目に出る、さすがの迷子スキル。
なんとか合流したけれど、登り返して捜索にあたってくれた
隊長や和尚さんに申し訳ないなー。

気を取り直して出発。
168号を北へ、帝塚山大にそれると開店30分前のはなやまに到着。
20140112002.jpg
開店直前にはそれなりに人が集まって、座る頃には列が出来ております。
私はつけ麺をオーダー。
年末の千葉遠征で食べた麺屋青山とそっくりのお味。
魚の風味がこちらの方がまろやかかも。
サイドの鶏そぼろ丼はだいぶとあっさり。
麺屋青山のチャーシュー飯の方が好き、ってまあ土俵が違うか。
ここはスープにうるさいエースの判定を待ちたいところ。

帰りの甘味は予定のところが定休日だったので
急遽、ヴィラージュ川端さんへ変更。
隊長に任せておけばまあ特に心配はない。
流石に麺と丼を食べた私はここでの甘味は自重。
胃腸炎あけだし、勇気ある撤退を決め込む。
20140112003.jpg
帰路は流れ解散というか個々が離脱していく方式の解散。
ま、みんなオトナだからね。
斑鳩あたりで和尚さんと別れ、
河内堅上あたりで隊長とスコPを別れ
大和川沿いで顧問とお別れ。

70km程度だったけれど、なんだかつけ麺的にも
自転車的にもとても濃かった。