上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

またも広告というペンペン草が生えてしまった当ブログ。
『来週から本気出す』と言い続けてはやひと月あまり。
細々と堺浜をぐるぐるしておりました。
土曜日はyoshiと久しぶりにホームグラウンドの南河内方面へ。

久しぶりの大和川沿いをガタガタ橋へ。
陽射しがありがたい堤防の上から生駒山地を遥かに望む。
ぶどう坂のツルッとした白い玉ねぎに吸い寄せられそうになるも
正気を取り戻して石川CLへハンドルを切る。
どけどけベルを鳴らしながら走り去っていくTTバイクのオジサマ。
yoshiの怒りの闘気がドライアイスのように、
地を這う様を後ろで感じながらグリーンロードにエスケープ。

久しぶりの南行きのグリーンロード、しんどいですがな。
しんどすぎて、yoshiが当然の自転車引退宣言が飛び出す始末。
まあ、分からなくもないけれどね。
太子の道の駅で小休止。
20170226220457862.jpg
まだ香りは控えめながら、梅がそろそろ春を連れ出す頃。

20170226220556901.jpg
水仙のビビットとパステルの組み合わせもまたよろし。

ここまででもう自転車的にお腹いっぱいになったけれど、せめて持尾まで、と自分を奮い立たせる。
二人で喋りながら走れるペースだとあっという間に展望台。
ペンキを塗り直したのか、少しキレイになったかしら。
20170226220430693.jpg
途中、ブラタモリの影響か、yoshiが「持尾城跡」に興味を示すので少し登ってみる。


20170226220407616.jpg
見つけてしまった、名も無き激坂。
今日は勘弁しといてやろう。スゴスゴ。
yoshiの腹の虫が動き出したので、城より飯だ、ということでキッチンハートへ。
玄関周りの草花が少し荒れ気味のキッチンハートは、相変わらずの盛況ぶり。
20170226220343263.jpg
今回の日替わりはアタリでした。

石川CLまで戻って、今年初のときパンへ。
予約した渋栗をピックアップ。
実は自転車乗りでときパン渋栗のファンが数多くいることが判明。
yoshiはさらにレア度の高い渋栗チョコの大ファン。
栗がおわるまでにはもう一回手に入れたいところ。
そのために、渋栗がある間はまだまだ自転車に乗らないとね。


スポンサーサイト

9/24土曜日、久しぶりにyoshiと二人で走るつもりで
水越峠から幾つか寄り道して、穴虫で帰るいつもルートを行くはずが
休憩がてら見たスマホの雨雲レーダーはなんだか不穏な結果。
協議の結果、目的を仕入れにして引き返すことに。
まずは道明寺のcoccoyaに。
奥さまが作るフルーツサンドが飛ぶように売れていますね。
この時期はイチジクが良いようで。
20160925213620912.jpg
星人パンは果たしてどこから食べるのが良いのだろう。
yoshiはパンも去ることながら、横で売られている雑貨に夢中。
ピアスがお気に入りなのだけれど、この日はバッジを買っていました。
20160925214122405.jpg
やる気のない鳩がシュール。

その後はお馴染みときパンへ。
ひっきりなしにお客さんが立ち代わり入れ替わり。
私たちは上がりかまちに腰掛けて、くるみあんぱんの焼き上がりを待つ。
帽子パンを愛してやまない少年が、今日は焼き上がりがないと聞いて
分かりやすくしょぼくれながら、お母さんの脚にまとわりつくのを眺めたり
オーナーやそのお母さんと話しながら焼き上がりを待つひとときは長いようで短い。
パンと色々な温かさを背負いながら今日は帰路へ。

明けて日曜日。
昨日のリベンジとばかりに水越峠へ。
今日は天気はなんとか保ちそう。
というか、残暑が厳しい、息苦しさを感じるくらいに。
20160925212048176.jpg
汗と同じくらい弱音を吐きながら登った水越峠の県境でyoshiはしばし放心状態。
二週間ぶりだと、このぐらいにはなっちゃいます。

下って山麓線を北上。
途中、「ラッテたかまつ」の看板を見たyoshiが「そういや行ったこと無いなぁ」というので
なら行ってみるかと西へそれて登り返すと、
坂の途中で「行きたいとは言ってない」という理不尽とも思える理由でこれ以上の登坂を拒否。
結果、私単独で開店してるかどうか偵察へ。
20160925212117907.jpg
ご覧の通り開店していたので、電話で報告するとやっぱり1ミリも登る気はないようで、何も買わずに引き返す。
目の前のソフトクリームよりも妻優先、あくまでも妻優先。
大事なことなので二回言いました。(イメージ戦略)

気を取り直して山麓線。
20160925212230226.jpg
彼岸花の盛りで頭を垂れた稲穂の傍に必ずと言っていいほどの赤の群生。

二上駅前、お馴染みPJにて仕入れ。
が、奥さまの出産の為、翌26日から休業するそうで、その影響でプチフィーバーが起きてパンが全然ありませぬ。
焼き上がりを待つのはもうすぐ1周年を迎える、お隣COCOCOFFEE
ビアンキに興味津々なオーナーと話しながらの待ち時間もやはり長いようで短い。
お互いのオススメ飲食店情報を交換しながら、振る舞いシフォンケーキをごちそうになる。
その帰りにオーナーに教えて貰った穴虫交差点にほど近い、ヒラタ洋食店で昼食をば。
20160925212527659.jpg
本日の日替わり、唐揚げと卵のチーズ焼き、700円也。
唐揚げにソースがかかっている独特のスタイル。
唐揚げは醤油とにんにくの味付けで衣がしっとりしているタイプ。
店員さんにご飯のおかわりを進められたけど、今日は自重。
そのおかげで穴虫峠は体の怠さは最小限でこなせた。

県境で買ったばかりのクロスバイクでチェーン落ちした方がいらっしゃったので、
yoshiが話しかけて私が直すといういつものスタイル。
リアディレーラーを押しながらチェーンをクランクの下側に乗っけて
逆回転からの正回転、とまあすぐに直って我々は下ったのだけれど、
その間に『なぜチェーン落ちしたのか』『次に同じように落ちた時の為の手順の説明』をするべきだったなあと反省。
yoshiも同じ様に考えていたみたいで、難しさを痛感。
願わくば、自転車乗りの中だけでもPay It Forwardが進めばね。

今日はここ最近では絶好の日和。
布団を干すのも忘れてすでに車上の人。

ラーメンかカレー。
週末の昼はこんな感じだろーっと奈良へ向かう。
竹内峠は往来も少なく今日は静か。

昼飯の前に朝飯。
起き抜けに食べたホットケーキは朝飯には入らないらしい。
尺土の萌黄に寄ってはみるが開店前。
開店10時とはなかなかのスロースターター。
諦めて166号の北側の道を東へ東へ。
曽我町で24号を横断して八木、耳成と来れば桜井着。
桜井と言えばマルツ。
マルツだとパピロだろってことで。
袋のデザインが秀逸。
20140419001.jpg
かーらーのー
焼きそばパン(富士宮)もいただく。

はい、次は昼飯。
天ラ食べるよりはカレーだなぁと最近のヘビロテなvanamさんへ行きますです。
前回の逆回りで長谷寺から福住へ抜けていく。
20140420000.jpg
参道の白酒屋で草福餅を買う。
至るところで草餅を売ってるけれど、ここのおばちゃんが一番声が大きかったので。

初瀬ダムまで登ってしまうと後は緩い登りとたまのアップダウン。
広域農道を経て、福住あたりではまだまだ桜が咲いている。
と言ってももう散り始め。
ただ、色の濃い八重は頑張っておられる。
20140420002.jpg
186号では何度か自転車を担ぎ上げて、昼前にはvanam到着。

今日の日替わりターリーセットはアジのカレー。
20140420005.jpg
プレートの詳細は以下の通り。
20140420008.jpg
んで、このアジのカレーが美味いのナンのこのやろー。
ランキング1位に躍り出るほどのインパクト。
落合さんはなんだか不満気だけれど。
インドではなかなか青魚をカレーにしたりはしないそう。
駿河湾のアジと南インドの酸っぱ辛いカレーの組み合わせの妙、恐るべし。
今日は量が少なめな玉ねぎのアチャールでビールが飲みたい。
小瓶での販売を具申してみる。
長谷寺の『超よもぎ』な、だけど緑が鮮やかすぎてどこかウソっぽい
草餅をヨガのインストラクターの方も交えながら食べ
2時間ほど滞在して、再び車上の人。
いつも4人ほど連れてくると言いながら、いつもひとりで来ているなぁ。
コースをもう少し煮詰めたいところではある。
20140420004.jpg

帰りは80号ではなく佐保短大横の激坂コースを下る。
ま、車もほとんど通らないし、なにせ下るだけですから。
途中、ならまちのこたろう鯛焼きも覗いてみるけれどもう閉まってる。
というか、土曜日は営業してないっぽいなぁ。

帯解から大和郡山、斑鳩で帰る。
最後にときパンさんへ寄るのでそのお土産を選定。
田村みたらしにするかと思い、店の前まで行ってみるが
千客万来的な様子だったので諦めてプランB。
北原白水堂の佛鬼羅坊(ぶっきらぼう)を買って、
本日最後のブックマーク、駒ケ谷のときパンへ。
ががが、なぜか臨時休業なときパン
先に電話しろよ、ってオトナの意見はノーサンクス。
ブックマークに根回しは不粋だろってことで。(時と場合によるけれど)

120km。

本日は暖かいもののお天気がよろしくないので
ときパン中心に目的地を思案。
ま、そうなると金剛山方面に無難に落ち着くわけですが。
まずは取り置きのお願いにときパンに出向く。
10時前後が一番種類が揃っているような感じなのかなぁ。
とき母さんに見送られながら南へ。

ちょうど良いのでトンネルコースとロープウェイコースに
挟まれた中津原経由の森くま通過で
トンネルコースに合流するルートで。
中津原っていう響きが好き。
なんだか古戦場跡っぽくない?

金剛大橋から201号線に入って309号を横断する。
この辺りは山へ向かう車線でも思った以上に車通りが多い。
登り基調がサバーファーム分岐あたりから登りになる、
とは言うもののまだマイルドな味付け。
三叉路では209号へ乗り換えて中津原へ。
隣のガソリンスタンドからズンズン響く有線な音楽が
逆に静けさを際立たせるのかどうなのか。
山の狭間の211号で310号線にやっと合流。

長らく残っていた雪もここ二三日の暖かさで姿を消したかと思ったけれど
まだまだ居残りがいる様子。
昼休みが始まってもまだ給食を食べているような
居心地の悪さを眺めるこちらも感じてしまう。
椿も梅もなく彩りらしい彩りは南天の小粒の赤ぐらい。

県境は混み合っていたので流れで奈良側へ下りだす。
と、途中で裏金剛を登ってくるふーじぃさんを発見。
堺浜と言い、行動パターンが似ていますな。
ちょうど良いので一緒に登り返して
小深からロープウェイへ。
こちらの方がまだまだ残雪が権勢を振るっているようで。
20140301000.jpg
ふーじぃさんからラーメンのリクエストをいただきましたので
近場の貴涼風へごあんなーい。
20140301002.jpg

彩華ラーメン風ではありますがこちらの方が辛味が抑えられていて
甘みを感じることが出来ます。
私が食べても滝汗が出ませんでしたので。

正午もまわって、そろそろ雨が降り出しそうな気配。
ふーじぃさんと大黒あたりで別れて、パン回収のためにときパンへ急ぐ。
午前中にはたくさんあったパンが1時過ぎるとほとんどないやね。
商売繁盛、結構結構。

帰宅10分前ぐらいから雨が降り出したものの
幸いアスファルトが黒く染まる前に帰り着くことが出来た。
パンも濡れずにオールオッケーです。

73km。

これが地獄の一丁目。
20140201003.jpg
たまには海沿い平坦を。
風のない晴天で、こりゃあうってつけの日和ですぜ。
知り合いのチーム練がここでやるって言うので
ご挨拶がてらに向かうよ、堺浜

大和川堤防は上も下も大工事。
平和な堤防の道もダンプが通るよ、どこかしこ。
20140201001.jpg
アヒルの行列が境界線。
アヒルじゃガーガー。

風のない穏やかな堺浜は久しぶり。
パトカーがパトロールで自転車に一列で走るように
スピーカー越しの注意喚起。
今じゃチームに求められるのは強さや結束でもなくコンプライアンスということか。
そいでもって堺浜でチーム練を行うメニューがちょっと理解できないものだったので
こそっと無賃乗車な終始ツキイチ。
周回を重ねるごとに徐々に上がって行く鬼畜な速度域に
10周回でギブアップ。
口から出ていきそうになる魂の尻尾を
歯を食いしばって留めるのが精一杯でした。

その後はガチガチになった脚をほぐすためにときパンまで
追い風大和川をゆるゆると。
パリーネのバゲットをお土産にシナボンをゲット。
来週は勤務で来れませんけんね。

新規開拓も忘れずに。
富田林のブランジェリー・ショコラ
20140201002.jpg
デニッシュ、ハード系、オープンサンドなんでもござれな感じ。
特にデニッシュのキラキラフィリングの見せ方は上手い。
おじさんには眩しすぎて手が出ません。
私が気に入ったのはソフトなフィセル、「ベルリン」
ドーシェルのミニフランスを思い出した。
粉味堪能鼻呼吸推奨。
ただ残念ながらカレーパンは油がトゥーマッチノーサンキューな感じでした。
でもまあマルツベーカリーならこれが当たり前っちゃあ当たり前なんですが。
ここのマダムは金髪お団子ヘアでスナックのちーママ風ですが
試食のパンを配ったり、丁寧なパンの説明等とってもお優しい方でした。
お値段は住宅街の割に強気設定。
日曜日は休みですぜ。

104km。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。