気が付けば、2月からvanamへ行っていない!
忘れていたわけでもなく、行こうと思い立った日が休みだったり
イベントで山を降りていたりして、なかなか合わなかったことが続いていたのです。
そろそろyoshiも禁断症状が出てきたので、秋晴れの本日の目的地はvanamに決定。
今回は前日に『スパイスの魔女』ことacoちゃんに電話してしっかり明日の営業を確認。
これをやっとかないとウチの『平地の魔女』が暴れだすので…。

幾つかあるルートの中から、少し遠回りの「長谷寺ルート」を選択。
竹内峠を越えて、桜井、長谷寺を経由して北へ向かうジワジワ脚を削るルート。
腹の調子が今ひとつのせいか、10時に長谷寺に到着。
acoちゃんに伝えた『11時半着!』がなんとなく青点滅信号。
イケる?イケない?いや!イケるだろ!
と長谷寺前でよもぎ餅を食べる我々二人の意気は上げ潮調子。
20151004203352010.jpg

初瀬ダムまでギャンと登って、後はジワジワ登り。
途中で広域農道に入り、MAXまで上げて福住へ至る。
186号へ入って、最後の登り。
ががが、福住までは遅れがちだった平地の魔女が意気揚々と登って行く。
離されまいと追いますが…どんどん遠くなっていく背中。
「と、途中でタレんだろと!」思っていると、あら、もう下り。
結局追いつけず、失意の下りでひとり反省会。
yoshiの高笑いが聞こえたのは決して幻聴ではないはず。

そのせいか、通い慣れた道を間違えたりしながらもオンタイムでvanam着。
虫ュラン三ツ星店、ねぎっこジャージ倶楽部さんも(汗)
20151004181809100.jpg

ほんでもって本日のターリーセット。
20151004181929538.jpg

メインのラムのカレーはクセがありますね。
オクラのポリセルは炒めモノといか和え物というか、コレ美味しい。
事前に無理やりリクエストして添えてもらったアチャールミョウガとフルーツ。
これが強烈。
ミョウガとスパイスがインファイター同士の殴り合いの展開、
それを裁くレフリーは林檎、みたいな。
acoちゃん曰く「今日のは現地の辛さです」なるほどね。
これは瓶詰めしてもらってお持ち帰り。
こちらスパイスの魔女、アチャール買ってね的な笑顔なのか。そうなのか。
20151004203439305.jpg
レフリー林檎もお土産に頂いてvanamをあとに。

福住まで戻って天理ダムを下る。
天理教の建物をぬって走ると仕入れその一、初めて来ましたセブンハート
20151004204455514.jpg
思った通りハード系が少なくてyoshiは不満気。
まあ確かにマフィンが多いパン屋ってなんだかなぁ~って感じはするけれど。
じゃあ次ってことで仕入れそのニ、プチ・ブーケ
ががが、第一日曜は休みだったのねん。
まあ場所を確認したということで。
この辺りから結構な向かい風で、大和川と25号線は
平地の魔女に積極的に前を牽いてもらいます。
柏原まで戻ってきたら、仕入れその三、ちどり
もう時間帯も時間帯なので数えるほどしか残っていませんが
ちどり店長に「食べられる分だけ、買ってください」と言われるぐらいの仕入れっぷり。
それを背負うのは私なんですが…とは言わずに隣でニコニコしてました。
久しぶりの120km、自転車で一日を消費するって贅沢なことだったんだなぁ~と思う今日このごろ。

アツおます。
これはあれだ、来るべき夏の予行演習をしろと言うことだね、きっと。

日曜の4時に起きる。
そして二度寝。
夜中までジロのゾンコランを最後まで見たにもかかわらず
いまひとつモチベーションが上がってこない。
10km平均勾配11%超えなんてあっても避けるけど。
バンコラン少佐とは関係ない、全く。

三度寝をなんとか避けて出立。
去年は6時集合とか出来てたし、まだ調整段階だし。
6月いっぱいで仕上げれんだろ、たぶん。

観心寺へ着く頃にはキャップのツバから汗が落ちる。
インナーに落として、最初の信号を左折した平坦区間でアウターに戻す
ががが。。。
アウター変わらんじゃあないか。
電動もシマノさんも悪くない。
調整不足の自分の未熟さが口惜しい。
img20140601_231952.jpg
もみじは薫風に揺れて緑濃く。

どうにもケチがついたので回れ右して石川CLへ。
ちどりで赤ワインパンを狙うがありつけず。
リニューアル間近ということで数が絞られている模様。
よろしい、またその頃に。

食べたいラーメンも勇気を持ってスルーして
暑さがマシなうちに帰路を急ぐ、ががが
手前3kmでリアがパンク。
シーラントが吹き出して、リアブレーキキャリパーやシートポストを汚す汚す。
あと3kmなのにと思うか、残り3kmで良かったと思うべきか。
パンクの予行演習も出来たと思おう。
高く付いたけど。

ナメてアームカバー外して走ってたら
案の定、赤くなってやんの。
今年も「焼かない夏」決定。

58km。

エースちむ氏をおだてて登らせた、金剛トンネル。

観心寺からの正真正銘の正規ルートです。
朝のはよから出発しましたが
西高野街道ではるお君と対向。
既にトンネル行って来いで帰宅途中でした。
パパ仕事でこの時間しか出れないのねー、おつかれさんどす。

まったりペースであれやこれやで観心寺につく頃には
登坂ラッシュにぶつかったようで。
まあ、今日は登り切ったら重畳、安心のグルペットペース。
普段は見落としてた、百日紅が綺麗に咲いていたのに気がついたり。
良い感じに曇って滑り出しは快調。
エースも軽口を叩く余裕もあります。

行者湧水も越えて、電話BOXと10%看板があるあたりから
口数も減ってくる。
「あと何キロ?」
「この先緩む?」
同じ質問を何度も。
最後のつづら折り区間をなだめすかしながら
20130728004.jpg
やりゃあ出来んじゃん。
この間の金剛RWとは真逆で
今日は特に技術的にもコースプロフィール的にも情報を与えず
質問されたら答えるスタンスで。
やっぱり暑そうだったから、水はぶっかけたけど。

yum-yum行きを提案してみたけれど
やはり裏金剛は拒否される。
あれこれ考えるよりも、エイっ!とやってみれば案外出来たりするけど
まあ、それはまた今度で。

では戻りましょう。
下っていくと、スキルシマノジャージのクマちゃんと対向。
もう一回登り返して二人で捕獲。
それはそうと、クマちゃんとははじめましてです。
クマちゃん(30代男性)はエースの愛車を10速化してくれた方です。
おかげでだいぶと楽になりました。
北摂在住なのにご苦労様、南大阪へようこそおいでませー。

ほな一緒に下りましょか、ともう一回下って行くと、今度はのりさんと対向。
葛城山ぶりですねぇ。
こちらも泉州からご苦労様です。
まったりチームで参加される美山のイベントに向けて、
練習がてらyum-yumへ行くのだとか。
ふーじぃさんが行ってるはずなので裏金剛yum-yumで会えますよー。

小深あたりで色々あって、
ロープウェイコースへの登り返しは止めにし
隊長から教えてもらった小吹の森のくまさんへモーニングを食べに行くことに。
クマちゃんは固形物無補給だってんで、無茶しますな。

なぜか写真が保存されてないのが残念。
ログハウスのテラス席でいただくモーニング、
王道中の王道、トースト、目玉焼き、サラダとアイスコーヒー。
同じものでも寝起きに食べるのとはだいぶ違うよね、きっと。

長い下りをやっつけて、石川CL経由で外環までクマちゃんをお見送り。
が、逆にエースのペースが上がらず足を引っ張っちゃったかも。
休憩多めで、いつも予定通りには行かないのです。
せめてものお詫びにちどりでパンをおごるエースちむ氏の心意気やよし。
また南へおいでなせ。

大和川沿いは安定の向かい風の平常運転。
でも空気密度のせいか冬場の向かい風よりもマシな気がするようなしないような。
エースの指定速度で前を走るという
なかなか面白い課題を与えられての帰路。
自分で指定しておいてちぎれていくのはご愛嬌。
次は金剛トンネル表裏で。

75km。

まともな実走が1ヶ月ぶりぐらいか。
なまった身体を叩き起こすべく
今日は金剛山へ行きましょう。
その前に1ヶ月ぶりの粉分補給。

大和川から309号へ入って平野のアップルの発音へ。
細い入り組んだ路地をつなぎながら到着。
ががが。
いつもなら8:30開店のはずが今日に限って10:00オープンですとな…。
時計は9:00を回ったばかり。
近くのトロワも今年あたりから日曜もお休みになった。
ぐぬぬ、ここは素直諦めて大和川まで戻る。

風も穏やかな堤防を東へ。
やっぱり粉分補給を優先してちどりへ向かう。
噂の赤ワインパンがあるではありませんか。
地元堅下のワイナリーのワインを生地に練り込んで
クランベリーとマカデミアナッツを散りばめたオトナのハードパン。
しめしめ。
もぐもぐしながら桜も終わって
平和を取り戻したであろう石川CLを南下。
日曜日を待っていたかのようなポカポカ陽気。
桜も終わったはずなのに、葉桜の下にはテーブルと
美味しそうなお弁当を広げた家族連れがちらほらいるもんだ。
おっと坊ちゃん、飛び出しは危ないですぜ。
おっと嬢ちゃん、急な方向転換も勘弁してくだせぇ。
無理ゲーさながらのCLを進むと
ワニ捕獲リカバリー中のキルワニさん登場。
ちょうどいいやね、赤ワインパンをご賞味あれ。
半分こしながらあれやこれやと情報交換。
XXSサイズのレッグウォーマーをお探しの方は
是非キルワニさんにご連絡を。
オーダーで作りましょうよ、ってことで。
pic20130414009.jpg
自転車あるあるの「これなんぼしますの?」に
懇切丁寧に受け答えするの図。
さあ出発、と思ったら…ない!無い!
グローブの右手がないない。
その辺をさがしてみるけれど、やっぱりない。
出会って、パンを出すときにとって、それからどうしたっけ…。
どうしても思い出せません。
まあ、探してもないんじゃしょうがね。
神隠しにでもあったかワニに食べられたと思って諦めて
右手は素手のまま金剛山へ向かうことする。
ホイールやシューズが片一方失くなったら色々めんどくさいけれど
グローブなら全然へっちゃら。
残された左手が少し寂しそうで不憫ではあるけど。

森屋からロープウェイを目指す。
ちょっと登るとまだ頑張ってる桜がある。
pic20130414008.jpg
昼頃からちょっと強い風が吹き出して
励ますような背中を押す風と
嘲笑うような肩を蹴飛ばす絶妙なツンデレの吹き返しの連続に翻弄される。
東屋にデンして、ハイ次、金剛トンネルへ行きましょう。
オートバイが行ったり来たりで今日はとても騒がしい。

トンネルを越えて奈良側へ安全第一ダウンヒル。
五條からすず虫的になめこぐらい苦手な山麓線を北上。
積極的にインナーを使って伏見までの登りをやっつける。
名柄からは宮戸の謎のパラボラアンテナ宅前にそれて裏道を北上。
五位堂の扇屋に寄ってちょっと早めのおやつをいただく。
pic20130414007.jpg
日本の正しいおやつ。
厨房のおばさん、ちゃま君のこと覚えてたみたい。
デカいって得なのかも。
ごちそうさまでした。
穴虫峠を越えて帰阪。
南風の横風をいなしながら大和川で帰還。
うーん、やっぱ脚ナマってるなぁー。
いや、いつもこんなもんか。
それさえも分からんようになってきた。。。

120km。

どうも正月休みのダラダラが抜けず。
昼からサクっと葡萄坂
右手に並ぶ河辺の凧を数えながら
左手には白い玉ねぎ妙法寺が呼んでいる。

とその前にちどりへ寄り道。
パン福袋が残り3つだったのだけれど
持って帰るのもなかなか手ごわい大きさだったので
やむなく断念。
福袋のことばかり考えていたせいで
ノアレザンを買いそこねた。
葡萄坂なのに。

天気も良くて温かい。
妙法寺を越えたところからパターゴルフまでの
休める区間を今日はぼちぼちタレずにまとめられた。
タイムとってないけど…それなりに手応えはあった。
pic20130106001.jpg
下りは慎重に。
今日は一人なのでガードレールに突っ込んでも助けてもらえない。
葡萄坂の真骨頂は登りより下りにあるんではないのかなー。
中葡萄へそれて高井田方面へ下る。
後はせめて距離は乗っておこうと
石川CLを走って帰宅。
pic20130106008.jpg
本日で正月休み終了。
頭の松を仕舞って日常を取り戻します。

…右下がベムの頭みたい。ハイジの白パン。
味の濃いビーフシチューと食べたい。

48km。