リクエストにお応えしておっさん40代男性二名様(オカメ氏・ふーじぃさん)を
京都・宇治のたま木亭へごあんなーい。

リビエールホールに集合してまずは西へ、奈良へ突入。
が、普通に行ってもアレなんで、オカメ氏が大好きな幅狭コースへ。
ふんどし街道を経て王寺、大和郡山へ。
奈良マラソンの交通規制に巻き込まれると思いきや
案外順調に行程を消化。
平城宮跡も迂回を促す警備員さんがおられるだけで
特に変わったところもなし。

歌姫街道から木津へ入ってJRと平行する70号線で北へ北へ。
たま木亭ルートはエースの為にかなり煮詰めたので
京都に入ってしまえば楽勝コース。
しかも今日は走れるおじさま二人が後ろから煽り気味のツキイチなので
良いペースで刻めます。

本日の行程の唯一の登りの307号からの天ヶ瀬ダム間も順調。
ただこの辺り、雨でも降ったのか路面がウェット。
奈良では晴れていた空も雲に覆われて肌寒さは増すばかり。

平等院鳳凰堂などの観光スポットにも目もくれず
たま木亭へひたすらに。
それがSUZUMUSHI TOURSクオリティ。
そのおかげか、昼前には余裕の到着。
20131206000.jpg
パンシューは3つ、バゲットマニアックも予約なしで入手。
黄檗公園にてパンを広げてランチタイム。
20131206001.jpg
パンシューからのぉ~もみじぃ~。
今日のパンシューはいつもとは違って
胡椒が効きすぎてビールが欲しくなる辛さ。
ギザ十円玉的なレアリティと思っておこう。

往路は3時間半で消化出来たので
復路は3時間切りを裏目標のTOURS。
途中の猟師さんが作る猪肉、鹿肉ラーメンを売るお店に寄り道。
ガレージの中に生皮を剥いで血抜き途中の鹿が吊るされているのを目撃して
顔に縦線が入るおっさん3人TOURS。
勇気ある撤退を選択して帰路を急ぐ。

結局リビエールホールに辿り着いたのは目標より10分ほど早く。
観光も寄り道もないけれど
休憩込みとしては上出来ではなかろうか。
日暮れ前には帰ってこれる、遠くて近い宇治でした。

153km。

夏に向けて早起き強化月間につき本日のスタートは6時台。
どうだい、やりゃーできんだ。

京都のたま木亭大峰山(奈良じゃない方)が今日のメインディッシュ。
たま木亭までの道のりはあれこれ試行錯誤してほぼ煮詰まった。
検討の余地があるとすれば平城宮跡に出るまでの道のり。
まあここも富雄川沿いから大和中央道で行くのが良いかな。
20130616 080452
歌姫街道は途中漏斗状に狭い離合し辛い箇所もあるけれど
木津に抜けるには手っ取り早い。
川久保で休憩して京都府突入。
木津自転車道を使って山城へ入るよりも
70号線で玉水駅をかすめて行く方が絶対楽しい。
ダレないタレない細かなアップダウンと高速直線路の組み合わせと
交通量もそれほど多くない。
木津川からの支流を渡る小さな橋をいくつも越えながら。
途中イノシシラーメンの看板がある掘っ立て小屋みたいな店が
すんごい気になる。
そんな70号線も307号に合流する地点まで。

緩やか登り基調の307号線で一旦北東に進路を変更して
天ヶ瀬ダム経由で宇治に入る。
この辺りは川が近くて日陰も多く涼しさを感じるほど。
20130616000.jpg
ウォールマリア的な。
あの青いとこが開いて放水するそうな。
なんかかっけえな。
言うてる間にたま木亭着。
今日は並ばないでは入れた。

ががが、パンシューがありませぬ。
聞いてみると「3分で上がります!」とのこと。
もちろん待ちますよ、はいはい喜んでー。
ががが、その3分が地獄。
3分立ち尽くすには狭い店内、どこで待ってても邪魔になるジレンマ。
一旦外に脱出するにはこのパンが積まれたトレイの処遇に困るし。
という訳で針のむしろの3分を経て、無事確保成功。
さっさと引き返す。

大峰山登り口は郷之口下町交差点の北。
パンを担いで登り出す。
最初キツ目でだんだん緩んで、下りも織り込んで
最後にまたキツ目。
杉林から竹林の最後はやっぱ杉林みたいな。
途中でデカい猿もお出迎え。
20130616005.jpg
箕面の猿みたいに厚かましくなく
どこか謙虚でおどおどしてるけど
私が襲われたら絶対負けるのでそのぐらいでちょうどいい。
お尻かわいいね。
実は天ヶ瀬ダム付近でも道路を横断する猿を見た。
轢かれるヤツもいるんだろうな、中には。
20130616006.jpg

で、登りの方は斜度は優し目ですが結構な絶景が登場するので
エース的にはノーサンキューな山認定だろう、きっと。
万灯呂山みたいに登り切っても展望台でもあればいいんだけど、なーんもないし。
20130616007.jpg
実は山頂方面に行ってみたのだけれど
途中ドコモの基地局の門扉ですごい嫌なものを見たので
そのまま引き返した。
あれを写真に収めるのはちょっと出来そうにない。

気をとりなおして反対側に下って良きところで昼食。
パンシューのために下でコーラを買って用意しといた。
黒じゃなくて赤。砂糖がっつりのほう。
コーラと合わせると途端にジャンクなパンシューに変わる。
新鮮で神聖な山の空気を震わすゲップの爆裂音。
ぬはは、参ったか。
人間的にジャンクにもなる。

猿丸神社まで下れば大峰山終了。
猿丸って猿じゃなくて百人一首の猿丸太夫のことなんだって。
20130616009.jpg
まあ、どんな句か知りもしませんが。
どうせなら猿の化身の異形な怪物がお姫様を助けた悲恋伝説でもあれば
おおっとかなるんだけど。

後は基本の往って来いルートで帰阪。
石川CLに戻ってきたぐらいでバテた。
平均速度を大きく下回る大失態で帰宅。
京田辺で33.2度、ふざけんなー。
そんな8月的な6月半ばの日曜日。

180km。


いやッホィー、日曜です。
しかも晴れです。オマケに暖かいです。
絶賛ひとりパン祭り続行中。
本家のパン祭りはまだ13点ぐらいしか貯まってません。
週末に食べる分、ちょっとセーブしております。

今日は黄檗のたま木亭へ。
先日のエース用に有田までコースを引いたものの
「200kmはなげぇよ、もうちょい短く、しかも平坦な」と言われそうなので
今日は150km、累積標高1000m以内でルートを引く。
言われる前にやるのが社会人の心得。はい、よろこんでー。

奈良経由なので穴虫峠さえ使わない25号線であっさり奈良入り。
早朝は東行きも若干の向かい風。
富雄川まで出て大和郡山、平城宮跡を横目に
歌姫街道を使って木津に到着。
アウェイな木津自転車道に入って山城大橋を渡る。
いい日和のせいもあって、我ながらいいペース。

大久保経由で宇治方面に抜けるのは道が狭いわりにアップダウンがあるので
今日は307号で天ヶ瀬ダムへ抜けるルート。
途中、青谷梅林を眺めてみたものの、5分咲きなのか5分枯れなのか、まあそんぐらい。
天ヶ瀬ダム沿いは減速帯が多いものの快走路。
宇治から黄檗は目と鼻の先。
pic20130317002.jpg
狭い店内、入場制限中。
10分待てば入れますけど。
pic20130317015.jpg
嗚呼、パンシューウマス。
下あごヘブン、咀嚼の幸せここにあり。
オイリーなのにしつこくない、
パスタ皿に残ったソースをパンですくって食べる、そんな感じ。
ただ宇治茶のパンは私には早すぎた。
もうちょっと歳をとったらわかる味、そんな大人過ぎた渋み。

帰りは基本往って来い。
往路よりキツイとなじられるし、復路の方が楽だと
それはそれで怒られそうだし。
木津で道に迷ったのが今日で良かった。
うん、ツイてる、きっと。
pic20130317011.jpg

斑鳩まで戻ってきたぐらいで痛恨のハンガーノック。
もうこれぞハンガーノック!って感じのやつ。
どこに出しても恥ずかしくないぐらい。
恥ずかしいのは背中にウマウマパンがあるのに
なんでハンガーノックになるのかということ。
まあ宇治からぶっ通しだったから、そりゃそうか。
春の穏やかな天気の落とし穴。

大和川沿いは自転車あるある
「行きも帰りも向かい風」
150km以内にはおさまらなかったけど
累積標高は1000m切ってるし
オプションで木津のレガルや尼ケ辻のたまうさぎも組み込めそうだし
まずまずのルートが引けたと思っていいんじゃなかろうかー。

162km。


23日 秋分の日。
昼から何故か焼肉をくらう。
排煙設備がない昭和テイストな店なので
体中が煙臭い。
ドラマ「若者のすべて」に出てくる焼肉屋みたい。
肉を食ったら、腹ごなしの滝畑往って来いコース。
往復3時間一本勝負。
日が傾き始めた下りはもう一枚羽織らないと肌寒い。
秋一番を実感の滝畑復路だった。
pic20110925001.jpg

24日
奈良平城京経由、宇治たま木亭へ。
ちむ氏は奈良自転車の洗礼を受けて、なにやら楽しそう。
カーブに設置されているブラインド車止めにヒヤッと冷たい汗が出たり。
pic20110925003.jpg

木津川に出るとロードバイク率がぐぃんと上がる。
流れ橋はその名の通り流されていた。
もちろん通行止め。
抜きつ抜かれつしながら、そろそろエースがゴネはじめる。
コースを煮詰めてなかったせいで、往路でだいぶと時間と距離が喰ってしまいましたの。
最短だと物足りないかと思って。いやはや、すびばせんねぇ~。

たま木亭に着いたら15時前。
相変わらずパンシューはおかずになるレベル。
かれこれ2000円ほど買い込んで、黄檗公園で
野良猫を眺めながら食べる。
淀川沿いのあの車止めがなければもうちょっと近いんだけどねぇ。
pic20110925004.jpg

帰りは第二京阪のアップダウンを丁寧にやっつけながら
170号線に入る。
交通量の多さに辟易して、旧170号に入ると
これが大きな選択ミス。エラい目に会った。
エース怒りの鬼牽きの刑に処せられました。
すびばせんねぇ~、たまにはこういうこともありますです。
日の落ちた見通しのきかない大和川を走りながら
色々反省した、仲秋の一日でございます。

25日
ひろさんとちむ氏の三人でリカバリーin滝畑ダム。
滝畑ダムを知り尽くしたエースちむ氏で先頭固定、のはずが
昨日の疲れからか、花の文化園で「先に行け」の手信号。
リカバリーっぽくケイデンス高めで登りは処理して、林道突入。
少し肌寒いぐらいの自転車にはちょうど良い日和で清流沿いをまったり。
のはずが、後ろから、長身サイボーグのT-1000のようなひろさんのプレッシャーを受けて
なんだか力を抜けない林道になってしまった。

岩湧山分岐の三叉路で後続待ちして、梨の木トンネルは仲良く三人で通過。
なぜって、怖いから。いつもは一人で通過する梨の木トンネル、今日は心強い。
ダム沿いでは自転車を多く見かけた。お一人様、チームツーリング、カップルローディやら。
皆樣、事故なく息災で。
pic20110925006.jpg

下って、ダムサイトで飲んで喋ってさっと帰る。
今日は財布を忘れちゃったのねー。
誰かみたいにハンドルの中に入れてお札を入れておこうか。
次はカレーやパンやらオプション付きで行きましょう。


天気に恵まれた3連休。
なんでも累計250kmだそうで。
もうちょっと行けたかもしれないけれど
ちょいと物足りないぐらいがちょうど良いんでない?
それより明日から仕事ってのが信じられん。
きっと山ほどたまってるんだろうねぇ。
来週は団子を食いに行くんだぃ!と
心で叫んで頑張りますか。

備忘録
今年は世界選手権中継なし。

寒そうで暖かい。
久しぶりにクラシカルなニット地のジャージを着る。
古着屋で見つけたのです。
もちろんお値打ち価格。
このぐらいの季節にはちょうど良いですよ。
この間、お尻が痛かったので今日はインナーパンツを下に履いて
ダブルパッドで行ってみる。
股間も暖かいしちょーどええ。

今日は決め打ち平坦練。

宇治の名店、たま木亭へ。
義姉にお土産でいただいた時
「なんじゃこのウマいパンは!!」
と軽いカルチャーショックを受けました。
それ以来、いつか行こうと心に決めて幾年月。
宇治の討ち入りは本日と相成りました。

今日は平坦で行こうってことで淀川まで出る。
淀川までは内環を走ったのだけれど、コエーよ。
飛び出し、幅寄せ、逆走…。
オタオタしつつ神経衰弱なみに疲れた。

淀川に出たら快走、とはいかず
噂の車止めの洗礼を受ける。
たしかにこれはちょっとどーなのよ!って気持ちになりますな。
慣れた人はヒョイヒョイと足を上げて止まらずにやり過ごす。
ふむふむ、なるほど、そこで足を上げて、そのタイミングで…うむ。
何度か横目で盗み見してイメージトレーニングしてたら
出来そうな気になってきた。
ほんでもってやってみたら、
見事にコケました…。
鍋谷の下りで落車して以来のコケ。
これはチャレンジしてのコケだからいいコケだ!
と自分で自分を励ましつつ、恥ずかしさと戦う。
pic20101127001.jpg

医大裏の自転車乗りがたむろする休憩所近くだったので余計に…。
右ひざ強打だけですんで良かったよ。

はい、気をとりなおして御幸橋まで追い風に乗って頑張る。
pic20101127002.jpg

ここから川が三つに分かれる。
木津川、宇治川、桂川。
今日は黄檗へ行くので宇治川沿いを行く。
人が少なめでここも頑張って踏む。
対岸に京都競馬場を見ながら、気持ち良い快走路。
伏見港公園で一休み。
pic20101127003.jpg
中書島駅からなんか道がややこしい。
京都外環状線が自転車が通行禁止っぽいので回り道させられる。
観月橋を渡ってまた宇治川沿いを走る。
この辺りは落語によく出てくる三十石船の船着場。
ちょっと感動。三十石夢の通い路。

黄檗駅、自衛隊駐屯地前のたま木亭到着。
なんと店外へ行列が伸びている。
pic20101127004.jpg
その中に汗臭い自転車乗りも並ばさせていただく。
順路に沿ってパンをピックアップ。
やっぱりあのパンも って逆戻りするのがはばかられる狭さ。
でも大丈夫、何取っても美味いですから。

近くの黄檗公園まで移動していただく。
ウマい!もうウマイ、ほんとウマイ!。
パンシューが今日の一等賞。
やや固めの生地の中にサイコロ状のベーコンとじゃがいも。
オリーブオイルと黒胡椒が絡んでたまらん。
これをおかずに白飯が食えます、私だけだと思うけど。。。
油がガツンと来そうでこないんだな、あら不思議。
名前忘れたけど外にアーモンド、中に栗のペーストとチョコが入ってるやつもウマイ。
洋風アンパンは外がカリカリ、中は甘さひかえめのこしあん。
お酒にあうんじゃね。
さすがです、たま木亭さん、参りました。

食べたら動く。
7号線を南へ、宇治橋を渡る
pic20101127005.jpg
山、川、橋、まさに京都。

宇治まで来たので、ちょこっと平等院を覗いていく。
pic20101127006.jpg
すごい人なので、鳳凰堂は外からチラッと見るだけ。
参道はお茶の香りがした。

淀川沿いで帰るつもりだったけど、
あの車止めに嫌気が差したので
第二京阪沿いの自転車道で帰ることにする。

っとその前に流れ橋へ寄り道。
特に何もないけど、それが良い風情。
pic20101127008.jpg


噂の第二京阪は結構楽しめた。
でもここにもあったぞ車止め。
憎々しいヤツめ。
道自体は意表をつくアップダウンが面白い。
でもやっぱり段差は段差のまま残してあってがっかり。
広い歩道を線で分割しただけってか。
残念。

途中で勝手知ったる旧170号にそれる。
流れが悪いけどもうしょうがないので
そのまま大和川まで帰ってきました。

もうパンシューばかウマだったので
大満足の平坦練でした。

151km。